豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2018/11/04  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】エリザベス女王杯(GI)を徹底分析!

3歳と古馬牝馬による牝馬最強決定戦、と位置付けられているが、本当に強い牝馬はこちらには出走せず、国内最強を目指して天皇賞・秋やジャパンCに専念することもある。つまり、年によってはメンバーが手薄になることもあるのだ。ここでは過去10年のデータから狙いどころを探ってみたい。

まずは人気面から。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【1.4.2.3】
勝10.0%/連50.0%/複70.0%
・2人気/【1.2.2.5】
勝10.0%/連30.0%/複50.0%
・3人気/【2.1.0.7】
勝20.0%/連20.0%/複30.0%
・4人気/【2.0.2.6】
勝20.0%/連20.0%/複40.0%
・5人気/【1.0.2.7】
勝10.0%/連10.0%/複30.0%
・6人気/【1.1.1.7】
勝10.0%/連20.0%/複30.0%
・7人気/【1.0.0.9】
勝10.0%/連10.0%/複10.0%
・8人気/【0.0.0.10】
勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・9人気/【0.1.0.9】
勝0.0%/連10.0%/複10.0%
・10人気以下/【1.2.0.81】
勝1.2%/連3.6%/複3.6%

わずか1勝ではあるが、1人気は過去10年で5連対、複勝率は70%と馬券圏内という意味では信頼できる数字。2人気は連対数こそ微妙だが、複勝率50%ならギリギリ及第点だろう。3人気も数字だけを見ればたいしたことはないが、過去5年で見れば、2勝3着1回の好成績だ。好不調の波が激しいといわれる牝馬だが、本レースの人気馬がそろって消えることはほぼない。近走好不調でいえば4人気は複勝率40%も最近は低調だ。ちなみに、2ケタ人気は3連対しており、いずれも11人気と12人気だった。一昨年も連対しているが、めったに馬券に絡まないので、あくまでも押さえ。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・秋華賞/【3.3.3.26】
勝8.6%/連17.1%/複25.7%
・府中牝馬S/【2.3.4.56】
勝3.1%/連7.7%/複13.8%
・オールカマー/【2.1.0.3】
勝33.3%/連50.0%/複50.0%
・京都大賞典/【1.2.0.10】
勝7.7%/連23.1%/複23.1%
・英セントレジャー/【1.0.0.0】
勝100%/連100%/複100%
・英チャンピオンS/【1.0.0.0】
勝100%/連100%/複100%
・鳴滝特別/【0.1.0.0】
勝0.0%/連100%/複100%
・宝塚記念/【0.0.1.2】
勝0.0%/連0.0%/複33.3%
・ヴィクトリアM/【0.0.1.0】
勝0.0%/連0.0%/複100%
・3歳上1000万下/【0.0.1.0】
勝0.0%/連0.0%/複100%

主力ステップになっているのが3歳牝馬GIの秋華賞と前哨戦の府中牝馬S。出走頭数も多いが、過去10年でほぼ毎年のように馬券に絡んでおり、人気を問わず注意しなければならない。秋華賞組の中では3着以内馬が【2.3.1.8】と好成績で、当日2人気以内に支持されれば複勝率は85.7%だ。対する古馬路線の王道である府中牝馬S組は、2ケタ着順からの巻き返しもあるが、基本的には7着以内が好走の目安。なお、最近好調なのが1着馬で、近4年で1勝2着1回3着1回だ。また、府中牝馬S組に劣らない成績を残しているのが、牡馬混合のオールカマー組と京都大賞典組。前者は5着以内、後者は着順不問で注目しておこう。

次に年齢面と同年春の実績面を見ていこう。

■3着以内馬の年齢と
同年春までの主な重賞実績(海外馬を除く)
[2008年]
・リトルアマポーラ
3歳/GIII1勝
・カワカミプリンセス
5歳/GI2勝
・ベッラレイア
4歳/GII1勝、GI2着1回

[2009年]
・クィーンスプマンテ
5歳/なし
・テイエムプリキュア
6歳/GI1勝、GII1勝
・ブエナビスタ
3歳/GI3勝

[2010年]
・メイショウベルーガ
牝5/GII1勝
・アパパネ
牝3/GI3勝

[2011年]
・アヴェンチュラ
牝3/GIII2着
・アパパネ
牝4/GI4勝

[2012年]
・レインボーダリア
牝5/なし
・ヴィルシーナ
牝3/GI2着2回、GIII1勝
・ピクシープリンセス
牝4/なし

[2013年]
・メイショウマンボ
牝3/GI1勝
・ラキシス
牝3/なし
・アロマティコ
牝4/なし

[2014年]
・ラキシス
牝4/GI2着1回
・ヌーヴォレコルト
牝3/GI1勝
・ディアデラマドレ
牝4/なし

[2015年]
・マリアライト
牝4/なし
・ヌーヴォレコルト
牝4/GI1勝2着2回
・タッチングスピーチ
牝3/なし
[2016年]
・クイーンズリング
牝4/GI2着1回、GII1勝
・シングウィズジョイ
牝4/GII1勝
・ミッキークイーン
牝4/GI2勝2着1回

[2017年]
・モズカッチャン
牝3/GI2着1回、GII1勝
・クロコスミア
牝4/GII2着1回
・ミッキークイーン
牝5/GI2勝2着1回3着2回

7歳以上の馬が好走したことは一度もなく、ほとんどは3歳馬と4歳馬だ。好走した3歳馬10頭中6頭は同年春までにGI連対歴があった。残りの4頭中2頭にしても同年春までにGII・GIIIの連対歴があり。春までに重賞で連対した3歳馬がエリザベス女王杯で好走しやすい。4歳以上に関しては、好走馬18頭中7頭に同年春までにGI連対歴があった。驚くことに好走馬18頭のうち、6頭に同年春までに重賞好走歴がなかったこと。それ以降も好走したことがない馬もいて、4歳以上に関しては実績がなくても本番で好走する余地があるのだ。ただし、その6頭全馬とも前走で9着以内。実績がなく、2ケタ着順だった馬は狙えない。

最後に枠番傾向を見ていこう。
■枠番別成績
(全3着以内数に対する当該枠番の割合)
・1枠/【1.1.1.16】/10.0%
・2枠/【2.1.1.16】/13.3%
・3枠/【2.1.1.15】/13.3%
・4枠/【1.0.2.17】/10.0%
・5枠/【0.2.1.17】/10.0%
・6枠/【1.2.0.16】/10.0%
・7枠/【0.1.2.25】/10.0%
・8枠/【3.2.1.22】/20.0%

どの枠番も連対したことがあり、極端な不利はない。内枠か外枠かでいえば、若干内枠が有利か。ただし、ピンポイントで狙うなら大外の8枠がいい。3着数が最も多く、最多の3勝をマークしている。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万9000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■重賞攻略はお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP