豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2018/04/29  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】NHKマイルC(GI)を徹底分析!

性別に関係なく、クラシック戦線、短距離路線からさまざまな馬が参戦してくるだけに、出走メンバーの能力比較は容易ではなく、とんでもなく荒れることもある。例年予想が難しいGIではあるが、ここでは過去10年のデータから狙いどころを探っていきたい。まずは人気面から見ていこう。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【6.0.0.4】
 勝60.0%/連60.0%/複60.0%
・2人気/【1.2.1.6】
 勝10.0%/連30.0%/複40.0%
・3人気/【1.2.1.6】
 勝10.0%/連30.0%/複40.0%
・4人気/【0.1.1.8】
 勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・5人気/【0.2.0.8】
 勝0.0%/連20.0%/複20.0%
・6人気/【0.1.1.9】
 勝0.0%/連10.0%/複20.0%
・7人気/【0.0.0.10】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気/【0.0.1.9】
 勝0.0%/連0.0%/複10.0%
・9人気/【0.0.0.10】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・10人気以下/【2.2.5.81】
 勝2.2%/連4.4%/複10.0%

1人気の成績は抜群。2014年の3連単68万馬券(1着)、2012年の26万馬券(1着)、2008年の11万馬券(1着)など、荒れた時でも1人気は勝っているので、荒れやすいGIだからといって軽視するのは危険だ。2人気は全体で見ると突出していないが、ここ3年は2015年のミュゼスルタンが3着、2016年のロードクエストが2着、2017年のアエロリットが1着と連続して馬券に絡んでおり、今年も当然注目。逆に3人気は2人気と互角も、近2年は馬券に絡んでいない。穴馬でいえば、やはり10人気以下だろう。昨年の2着馬リエロテソーロを筆頭に、過去10年で9頭の馬が3着以内に入っている。その9頭中5頭は前走がオープン以上の中山芝1600m戦で3~7着、2頭はオープン以上の中山芝2000m戦で2ケタ着順だった。

次にステップ面はどうか。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・ニュージーランドT/【4.1.4.55】
 勝6.3%/連7.8%/複14.1%
・毎日杯/【2.1.0.7】
 勝20.0%/連30.0%/複30.0%
・桜花賞/【2.0.0.10】
 勝16.7%/連16.7%/複16.7%
・皐月賞/【1.2.2.15】
 勝5.0%/連15.0%/複25.0%
・アーリントンC/【1.0.0.3】
 勝25.0%/連25.0%/複25.0%
・スプリングS/【0.2.1.4】
 勝0.0%/連28.6%/複42.9%
・橘S/【0.1.1.14】
 勝0.0%/連6.3%/複12.5%
・ファルコンS/【0.1.1.14】
 勝0.0%/連6.3%/複12.5%
・フラワーC/【0.1.0.1】
 勝0.0%/連50.0%/複50.0%
・弥生賞/【0.0.1.1】
 勝0.0%/連0.0%/複50.0%
・京成杯/【0.0.1.0】
 勝0.0%/連0.0%/複100.0%

ステップは多彩だが、主力は9頭の3着以内馬を出しているニュージーランドT組。2ケタ着順から巻き返した馬もいるが、9着以内を好走の目安だ。また、そのニュージーランドTで5人気以内だと、さらに好走の可能性は高くなる。3連対の毎日杯組は、全体成績は悪くないものの、近6年はまったく馬券に絡んでおらず、信用度がガタ落ち。それならば、近5年で3頭3着以内に入っている皐月賞組、とくに5~9着が狙い目だ。2勝の桜花賞組は頻繁に3着以内に入ることはないが、着順不問で相手には入れておきたい。ほかでは、皐月賞トライアルのスプリングS組。優勝馬こそ出していないが、2着2回3着1回で、複勝率はニュージーランドT組やGI組よりも上。着順不問で注目だ。

東京のマイルGIはスピード能力に加えて底力も必要といわれている。そこで過去10年の3着以内馬のマイル以上の重賞実績を調べてみた。

■3着以内馬の
[2008年]
・ディープスカイ
 毎日杯(GIII)/1着
・ブラックシェル
 弥生賞(GII)/2着
・ダノンゴーゴー
 好走歴なし

[2009年]
・ジョーカプチーノ
 ニュージーランドT(GII)/3着
・レッドスパーダ
 スプリングS(GII)/2着
・グランプリエンゼル
 好走歴なし

[2010年]
・ダノンシャンティ
 毎日杯(GIII)/1着
・ダイワバーバリアン
 ニュージーランドT(GII)/2着
・リルダヴァル
 毎日杯(GIII)/3着

[2011年]
・グランプリボス
 朝日杯FS(GI)/1着
・コティリオン
 毎日杯(GIII)/2着
・リアルインパクト
 朝日杯FS(GI)/2着

[2012年]
・カレンブラックヒル
 ニュージーランドT(GII)/1着
・アルフレード
 朝日杯FS(GI)/1着
・クラレント
 デイリー杯2歳S(GII)/1着

[2013年]
・マイネルホウオウ
 スプリングS(GII)/3着
・インパルスヒーロー
 好走歴なし
・フラムドグロワール
 好走歴なし(1800mのOP特別1着歴)

[2014年]
・ミッキーアイル
 アーリントンC(GIII)/1着
・タガノブルグ
 好走歴なし
・キングズオブザサン
 京成杯(GIII)/2着

[2015年]
・クラリティスカイ
 いちょうS(重賞)/1着
・アルビアーノ
 フラワーC(GIII)/1着
・ミュゼスルタン
 新潟2歳S(GIII)/1着

[2016年]
・メジャーエンブレム
 阪神JF(GI)/1着
・ロードクエスト
 新潟2歳S(GIII)/1着
・レインボーライン
 アーリントンC(GIII)/1着

[2017年]
・アエロリット
 クイーンC(GIII)/2着
・リエノテソーロ
 好走歴なし(ダ1600mのJpnI1着歴)
・ボンセルヴィーソ
 デイリー杯2歳S(GII)/2着

GIに出走してくる馬たちだけあって重賞実績があるのは当然かもしれないが、3着以内馬30頭中21頭にはマイル以上の重賞で連対歴があり、3頭には3着の実績があった。さらにマイル以上のOP特別勝ち経験までを含めれば、3着以内馬30頭中25頭が該当していた。やはり、マイル以上のレースで実績を残している馬が有利といっていいだろう。ちなみに、本番優勝馬に絞ると、10頭中7頭にマイル以上の重賞1着経験があった。

最後に脚質。

■脚質別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・逃げ/【3.0.1.6】
 勝30.0%/連30.0%/複40.0%
・先行/【2.3.2.31】
 勝5.3%/連13.2%/複18.4%
・差し/【3.5.6.69】
 勝3.6%/連9.6%/複16.9%
・追込/【2.2.2.44】
 勝4.1%/連8.2%/複10.2%

直線が長く、坂がある東京コースは逃げ馬は不利といわれている。しかし、本レースに限っては3頭の優勝馬、1頭の3着馬が出ており、その4頭は近6年であることも見逃せない。ただ、優勝馬はいずれも1人気であり、単勝オッズも1倍台。つまり、伏兵クラスの逃げ馬の勝ちは可能性が低い。先行馬、差し馬、さらに追い込み馬に関しては、成績に大きな差はなかった。つまり、基本的に脚質に有利不利はないということ。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万6000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■3歳マイル王決定戦「NHKマイルC」攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!


ネットで、馬券・車券を買うならオッズパーク!

PAGE TOP