豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2018/03/18  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】高松宮記念(GI)を徹底分析!

昨秋、レッドファルクスがスプリンターズS連覇を果たし、名実ともにスプリント王者に輝いた。今年もこの馬の時代が続くのか、それとも新しいスプリンターが現れるのか。ここでは、高松宮記念が新コースで行われるようになってからの過去6年のデータを使って、馬券のポイントを探っていきたい。

まずは人気面から見ていこう。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【2.0.3.1】
 勝33.3%/連33.3%/複83.3%
・2人気/【1.3.0.2】
 勝16.7%/連66.7%/複66.7%
・3人気/【1.1.2.2】
 勝16.7%/連33.3%/複66.7%
・4人気/【1.0.0.5】
 勝16.7%/連16.7%/複16.7%
・5人気/【1.0.0.5】
 勝16.7%/連16.7%/複16.7%
・6人気/【0.1.0.5】
 勝0.0%/連16.7%/複16.7%
・7人気/【0.0.0.6】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気/【0.1.0.5】
 勝0.0%/連16.7%/複16.7%
・9人気/【0.0.0.6】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・10人気以下/【0.0.1.52】
 勝0.0%/連0.0%/複1.9%

1人気を見ると、複勝率83.3%で安定した成績を残している。ただ、連対となると微妙で、連軸としては信頼できない。連対という意味では2人気が断然。過去6年で4連対している。3人気は複勝率66.7%で馬券対象からは外せない。過去6年で1~3人気のうち2頭以上が馬券に絡んだのは5回もあり、ほぼ上位人気で決まると考えていいレース。つまり、大荒れは期待できないということ。その他の人気では4人気、5人気、6人気、8人気、10人気が3着以内に入ったことがある。2ケタ人気の好走もあるが、基本的に1ケタ人気までだろう。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・阪急杯/【2.2.1.26】
 勝6.5%/連12.9%/複16.1%
・シルクロードS/【2.1.2.11】
 勝12.5%/連18.8%/複31.3%
・オーシャンS/【1.2.2.33】
 勝2.6%/連7.9%/複13.2%
・チェアマンズSP/【1.0.0.0】
 勝100%/連100%/複100%
・京都牝馬S/【0.1.0.3】
 勝0.0%/連25.0%/複25.0%
・香港スプリント/【0.0.1.2】
 勝0.0%/連0.0%/複33.3%

ステップは阪急杯、シルクロードS、オーシャンSが主力。これは過去10年で見ても同じで、新コースになっても傾向は大きく変わっていない。オーシャンS組の出走数が多く、率でいえば開きがあるが、好走した頭数でいえば、この三本柱は互角だ。まず阪急杯組だが、過去に好走した馬を見ると、全馬とも阪急杯で4人気以内かつ3着以内だった。この条件に合致がした過去の馬は【2.2.1.4】で勝率22.2%、連対率44.4%、複勝率55.6%。阪急杯組は、前走の人気と結果が本番に直結するステップといえる。シルクロードS組も同じで、2016年優勝のビッグアーサー(前走1人気・5着)は例外として、好走した残りの4頭はすべてシルクロードSを4人気以内で連対していた。オーシャンS組はその逆で、優勝馬の本番成績は【0.0.0.5】。過去10年で見ても、唯一馬券に絡んだのが、2011年優勝のキンシャサノキセキだけだ。そのオーシャンSの狙いどころは、【1.2.1.12】の前走2~5着馬。さらにその前走で1人気だった場合は【1.1.1.1】となり、連対率は50%、複勝率は75%と飛躍的にアップする。なお、スプリンターズSや香港スプリントから直行する馬もいるが、3カ月以上の休み明けは【0.0.1.6】。過去10年で見ても【0.1.1.13】と苦戦しており、馬券に絡めたのは2009年優勝のスリープレスナイトと2017年3着のレッドファルクスの2頭のみ。つまり、前年のスプリンターズS優勝馬は馬券圏内にくる可能性があるということ。

ローテーションについてもう少し踏み込んでみた。

■3着以内馬の前走/前々走成績
[2012年]
・カレンチャン
 オーシャンS1着/香港スプリント5着
・サンカルロ
 阪急杯3着/阪神カップ1着
・ロードカナロア
 シルクロードS1着/京阪杯1着

[2013年]
・ロードカナロア
 阪急杯1着/香港スプリント1着
・ドリームバレンチノ
 シルクロードS1着/スプリンターズS3着
・ハクサンムーン
 オーシャンS9着/京阪杯1着

[2014年]
・コパノリチャード
 阪急杯1着/阪神カップ10着
・スノードラゴン
 オーシャンS2着/根岸S11着
・ストレイトガール
 シルクロードS1着/尾張S1着

[2015年]
・エアロヴェロシティ
 チェアマンズSP2着/香港スプリント1着
・ハクサンムーン
 オーシャンS2着/阪神カップ18着
・ミッキーアイル
 阪急杯2着/阪神カップ7着

[2016年]
・ビッグアーサー
 シルクロードS5着/阪神カップ3着
・ミッキーアイル
 阪急杯1着/香港スプリント7着
・アルビアーノ
 オーシャンS5着/マイルCS5着

[2017年]
・セイウンコウセイ
 シルクロードS2着/淀短距離S1着
・レッツゴードンキ
 京都牝馬S1着/ターコイズS2着
・レッドファルクス
 香港スプリント12着/スプリンターズS1着

3着以内馬の前々走を見ると、阪神カップ経由が5頭で最多。18着だった馬もいるので、そこでの着順を気にする必要はないようだ。次に多かったのが、3頭の香港スプリント経由。ここからぶっつけで挑むと好走できないが、間にレースを挟むと好走の余地があるということ。ただし、香港スプリントで2ケタ着順だった馬は狙えないので覚えておこう。あとは3着以内馬18頭中11頭が前走も前々走もGIではなかったのも特徴のひとつ。そのうち、5頭は前2走とも3着以内に好走しており、5頭はいずれかで連対していた。つまり、前2走ともGI以外のレースで、どちらも好走していない馬では厳しい。

最後に年齢面を見てみよう。

■年齢別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・4歳/【2.0.4.18】
 勝8.3%/連8.3%/複25.0%
・5歳/【3.2.1.21】
 勝11.1%/連18.5%/複22.2%
・6歳/【0.4.1.22】
 勝0.0%/連14.8%/複18.5%
・7歳以上/【1.0.0.28】
 勝3.4%/連3.4%/複3.4%

年齢とともにスピード能力が落ちていくと言われるが、意外にも4歳馬の成績が思ったほどよくない。3着以内数は多いが、連軸となると微妙な成績だ。一歩リードしているのが5歳馬で、過去6年で3勝2着2回は立派な成績。スプリント路線は、5歳が完成の域に達する時期なのかもしれない。その証拠に、6歳馬は4連対しているが、勝ち星はゼロだ。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万5000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■春の最速王決定戦「高松宮記念」攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP