豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2018/03/11  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】スプリングS(GII)を徹底分析!

皐月賞のトライアルの中で、弥生賞と双璧をなすレース。ここで好走した馬は、キタサンブラックやディープブリランテなどを筆頭に後に超一流馬になっており、将来のGI戦線を含めて大注目の一戦だ。それでは、過去10年のデータから馬券のポイントを探っていくことにしよう。なお、今回は阪神施行だった2011年は除いた。

まずは人気面から見ていこう。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【2.3.3.1】
 勝22.2%/連55.6%/複88.9%
・2人気/【1.1.2.5】
 勝11.1%/連22.2%/複44.4%
・3人気/【2.1.0.6】
 勝22.2%/連33.3%/複33.3%
・4人気/【1.0.1.7】
 勝11.1%/連11.1%/複22.2%
・5人気/【2.1.0.6】
 勝22.2%/連33.3%/複33.3%
・6人気/【1.0.1.7】
 勝11.1%/連11.1%/複22.2%
・7人気/【0.0.0.9】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・8人気/【0.1.0.8】
 勝0.0%/連11.1%/複11.1%
・9人気/【0.0.0.9】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%
・10人気以下/【0.2.2.41】
 勝0.0%/連4.4%/複8.9%

3連単10万超馬券は2008年しかなく、近3年も1万台3回、2万台1回、3万台1回の配当。基本的に荒れにくい重賞であり、1人気の複勝率は88.9%、連対率も55.6%と信頼度は高い。2人気にしても勝率、連対率は心もとないが、複勝率は44.4%で、1・2人気のどちらかは必ず馬券に絡んでいる。3人気以下では4~6人気、10~11人気の範囲が馬券に絡みやすく、その中でも5人気に注目だ。3年連続で好走しており、前走1着馬に限れば【2.1.0.2】(勝率40.0%、連対率60.0%、複勝率60.0%)。ちなみに10~11人気は【0.2.2.41】だが、単勝オッズ30~49.9倍の範囲なら【0.1.2.5】となり、連対率は0%も複勝率は37.5%。この範囲の場合は買い目に入れておきたい。

次にステップ面。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・3歳500万下/【2.1.0.8】
 勝18.2%/連27.3%/複27.3%
・共同通信杯/【1.2.1.10】
 勝7.1%/連21.4%/複28.6%
・朝日杯FS/【1.1.3.3】
 勝12.3%/連25.0%/複62.5%
・きさらぎ賞/【1.1.1.5】
 勝12.5%/連25.0%/複37.5%
・若駒S/【1.0.0.3】
 勝25.0%/連25.0%/複25.0%
・若竹賞/【1.0.0.1】
 勝50.0%/連50.0%/複50.0%
・あすなろ賞/【1.0.0.1】
 勝50.0%/連50.0%/複50.0%
・フリージア賞/【0.1.0.1】
 勝0.0%/連50.0%/複50.0%
・すみれS/【0.1.0.1】
 勝0.0%/連50.0%/複50.0%
・こぶし賞/【0.1.0.1】
 勝0.0%/連50.0%/複50.0%
・ひいらぎ賞/【0.1.0.0】
 勝0.0%/連100%/複100%
・セントポーリア賞/【0.0.2.4】
 勝0.0%/連0.0%/複33.3%
・ジュニアC/【0.0.1.1】
 勝0.0%/連0.0%/複50.0%
・ホープフルS/【0.0.1.1】
 勝0.0%/連0.0%/複50.0%
※日程や条件が大きく変わったレースは省略。ホープフルSはOP特別時代を含む

馬券に絡んだ頭数では朝日杯FSが最も多いが、阪神施行になってからは【0.0.1.2】。この3頭はいずれも朝日杯FS連対馬だけに信頼度が高いとは言い難い。それは共同通信杯組にも同じことが言えていて、一昨年のリアルスティールが1人気で2着にきているが、近走好調ではない。重賞組よりも好走が目立っているのが、特別戦や平場を含む500万組だ。近4年で3着以内馬を7頭輩出しており、さらに4年連続で優勝馬を出している。3着以内馬10頭全馬が芝1600~2000m戦で、そのうち9頭は前走から中7週以内での臨戦だった。2着以内が好走条件も、2着に0秒2差以上で勝っていればさらに期待できる。なお、重賞組の好走条件は、朝日杯FSが1着、共同通信杯組は3着以内、きさらぎ賞組は4着以内、ホープフルS組は2着以内。

次に3着以内馬のキャリアを調べてみよう。

■3着以内馬の
キャリア/スプリングS前までの複勝率/最低着順
[2008年]
・スマイルジャック
 6戦1勝/100%/3着
・フローテーション
 4戦2勝/50.0%/8着
・ショウナンアルバ
 4戦3勝/100%/2着

[2009年]
・アンライバルド
 3戦2勝/100%/3着
・レッドスパーダ
 3戦2勝/66.7%/5着
・フィフスペトル
 4戦2勝/100%/2着

[2010年]
・アリゼオ
 3戦2勝/100%/1着
・ゲシュタルク
 3戦1勝/66.7%/5着
・ローズキングダム
 3戦3勝/100%/1着

[2012年]
・グランデッツァ
 4戦2勝/100%/3着
・ディープブリランテ
 3戦2勝/100%/2着
・ロジメジャー
 3戦1勝/66.7%/9着

[2013年]
・ロゴタイプ
 6戦3勝/66.7%/4着
・タマモベストプレイ
 4戦3勝/100%/3着
・マイネルホウオウ
 7戦3勝/71.4%/9着

[2014年]
・ロサギガンティア
 4戦2勝/75.0%/4着
・アジアエクスプレス
 3戦3勝/100%/1着
・クラリティシチー
 5戦1勝/100%/3着

[2015年]
・キタサンブラック
 2戦2勝/100%/1着
・リアルスティール
 2戦2勝/100%/1着
・ダノンプラチナ
 4戦3勝/100%/2着

[2016年]
・マウントロブソン
 4戦2勝/100%/2着
・マイネルハニー
 5戦2勝/60.0%/6着
・ロードクエスト
 3戦2勝/100%/2着

[2017年]
・ウインブライト
 5戦2勝/60.0%/6着
・アウトライアーズ
 4戦2勝/100%/3着
・プラチナヴォイス
 6戦2勝/33.3%/6着

キャリア5戦以上の馬(7頭)が馬券に絡むこともあるが、基本的には2~4戦の馬が好走しやすい。また、3着以内馬27頭のうち19頭が、スプリングS以前に4着以下がなかったことも特徴のひとつだ。複勝率でいえば、3着以内馬27頭中25頭、連対馬でいえば18頭中17頭が60%以上をマーク。いくら下馬評が高くても、取りこぼしの多い馬の好走はめったにないということ。

最後に脚質面。

■脚質別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・逃げ/【2.1.1.7】
 勝18.2%/連27.3%/複36.4%
・先行/【4.3.2.22】
 勝12.9%/連22.6%/複29.0%
・差し/【3.5.5.36】
 勝6.1%/連16.3%/複26.5%
・追込/【0.0.1.34】
 勝0.0%/連0.0%/複2.9%

同じ皐月賞トライアルの弥生賞よりも200mほど短く、脚質別成績も異なった傾向になっている。追い込み馬はほぼ好走することはなく、差しが決まる時もあるものの、基本的には前有利のコースだ。

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万5000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■皐月賞に直結「スプリングS」攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP