豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2017/09/18  UMAJiN.net/データ部「徹底分析/重賞完全攻略データ」

【重賞完全攻略データ】オールカマー(GII)を徹底分析!

春GI以来となる馬と夏を使ってきた上がり馬が激突するオールカマー。秋GIの中長距離路線を占う意味でも重要な一戦である。実績がものをいうのか、勢いのある馬が強いのか。その狙い目を過去10年のデータから探っていこう(新潟施行だった2014年を除く)。まずは人気面から。

■単勝人気別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・1人気/【4.3.1.1】
 勝44.4%/連77.8%/複88.9%
・2人気/【1.1.2.5】
 勝11.1%/連22.2%/複44.4%
・3人気/【2.1.0.6】
 勝22.2%/連33.3%/複33.3%
・4人気/【0.1.0.8】
 勝0.0%/連11.1%/複11.1%
・5人気/【1.1.0.7】
 勝11.1%/連22.2%/複22.2%
・6人気/【0.2.3.4】
 勝0.0%/連22.2%/複55.6%
・7人気/【0.0.2.7】
 勝0.0%/連0.0%/複22.2%
・8人気/【0.0.1.8】
 勝0.0%/連0.0%/複11.1%
・9人気/【1.0.0.8】
 勝11.1%/連11.1%/複11.1%
・10人気以下/【0.0.0.42】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%

1人気は、勝率44.4%、連対率77.8%、複勝率88.9%と信頼度抜群の成績。ただ、1着数と2着数があまり変わらないので、1着付けのみで買うのはオススメできない。「連軸」として買うのがいいだろう。対して、2人気は連対率22.2%で2着以内となると微妙だが、複勝率44.4%で馬券圏内にはきやすい。3人気は2勝しているものの、3着以内の信頼度は決して高くない。馬券圏内という意味では6人気が頑張っている。優勝こそないが、複勝率が55.6%もあり、昨年も同人気のツクバアズマオーが3着入線。今年も注目しておきたい。また、10人気以下の馬は3着以内が一度もないのも本レースの特徴。過度の人気薄を買うのは危険だ。

次にステップ面を見てみよう。

■前走別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・宝塚記念/【3.4.1.5】
 勝23.1%/連53.8%/複61.5%
・札幌記念/【3.1.2.8】
 勝21.4%/連28.6%/複42.9%
・天皇賞・春/【1.1.0.4】
 勝16.7%/連33.3%/複33.3%
・天皇賞・秋/【1.0.0.0】
 勝100%/連100%/複100%
・新潟大賞典/【1.0.0.0】
 勝100%/連100%/複100%
・七夕賞/【0.1.0.2】
 勝0.0%/連33.3%/複33.3%
・小倉記念/【0.1.0.4】
 勝0.0%/連20.0%/複20.0%
・キーンランドC/【0.1.0.0】
 勝0.0%/連100%/複100%
・新潟記念/【0.0.2.15】
 勝0.0%/連0.0%/複11.8%
・札幌日経OP/【0.0.1.7】
 勝0.0%/連0.0%/複12.5%
・目黒記念/【0.0.1.6】
 勝0.0%/連0.0%/複14.3%
・エプソムC/【0.0.1.4】
 勝0.0%/連0.0%/複20.0%
※日程や条件が大きく変わったレースは省略。

宝塚記念組がダントツの成績で、ほぼ毎年のように馬券に絡んでいる。2009年14着だったエイシンデピュティは前年の宝塚記念以来だっただけに、同年の宝塚記念組の成績は【3.4.1.4】で、勝率30%、連対率70%、複勝率80%だ。決して宝塚記念で好走している必要はなく、2012年の優勝馬ナカヤマナイトのように8着から巻き返した馬もおり、9着以内であれば好走できる。宝塚記念と優勝数が同じなのが、3勝の札幌記念。成績だけを見れば、主力ステップのひとつといっていいのだが、14年以降出走馬が出ておらず、12年と13年は出走馬がいたにも関わらず、馬券に絡んでいない。今年該当馬がいても、割り引きが必要かもしれない。あとは、春以来の馬や夏を使ってきた馬で分かれているが、天皇賞・春組に注目。出走数は少ないが、過去に4頭が出走して2連対。好走している必要はなく、むしろ2ケタ着順だった馬が狙い目。

さらに宝塚記念と札幌記念、天皇賞・春以外のステップレースを見ると、

■上記3レース以外の
3着以内馬の前走レース
(新潟施行だった2014年を除く)

[2007年]
該当馬なし

[2008年]
2着:キングストレイル
 キーンランドC(別定)/4着
3着:トウショウシロッコ
 新潟記念(別定)/3着

[2009年]
3着:シンゲン
 エプソムC(別定)/1着

[2010年]
1着:シンゲン
 天皇賞・秋(定量)/5着
2着:トウショウシロッコ
 新潟記念(ハンデ)/2着

[2011年]
該当馬なし

[2012年]
2着:ダイワファルコン
 七夕賞(ハンデ)/9着
3着:ユニバーサルバンク
 目黒記念(ハンデ)/5着

[2013年]
1着:ヴェルデグリーン
 新潟大賞典(ハンデ)/10着
2着:メイショウナルト
 小倉記念(ハンデ)/1着

[2015年]
3着:ミトラ
 中日新聞杯(ハンデ)/5着

[2016年]
3着:ツクバアズマオー
 札幌日経OP(別定)/4着

前走が春と夏に関係なく、ハンデ重賞だった馬が多い。とくに2010年以降はその傾向が顕著で、宝塚記念組、札幌記念組、天皇賞・春組以外の2010年以降の3着以内馬8頭中6頭が、前走ハンデ重賞だった。サマー2000シリーズのほとんどはハンデ戦なので当たり前といえば当たり前だが、目黒記念や新潟大賞典、中日新聞杯(現在は12月に移動)など、春競馬のハンデ重賞から好走馬が出ているのは見逃せない。そこで好走している必要はなく、10着以内だった馬は相手に入れておきたい。

最後に脚質別成績。

■脚質別成績
※勝=勝率/連=連対率/複=複勝率
・逃げ/【1.1.0.7】
 勝11.1%/連22.2%/複22.2%
・先行/【6.3.3.21】
 勝18.2%/連27.3%/複36.4%
・差し/【2.5.6.32】
 勝4.4%/連15.6%/複28.9%
・追込/【0.0.0.35】
 勝0.0%/連0.0%/複0.0%

直線が短いのもあるが、開幕3週目で馬場がそれほど荒れていないのか、逃げ・先行馬が有利。差し馬は勝率は低いものの、2・3着の回数が多く、馬券圏内という意味では軽視はできない存在だ。追い込み馬はまったく馬券に絡んでいないので消しで正解。

■[お友だち4万5000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■秋GI中長距離路線を占う「オールカマー」攻略もお任せ!特別メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP