UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2019/02/28  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.175】オリビエ・ペリエ(PART-3)

一時期はJRAでも圧倒的な存在感を誇ったO.ペリエ騎手。来日は途絶えているが、その手腕をまた日本で見せて欲しい。

 2月22日、カタールで日本のユウチェンジが出走。残念ながら9着に敗れた。

 同開催のメインレースの1つとして翌23日に行われたのがエミールトロフィー(カタールGI)で、これを制したのはフレンチキング。鞍上は日本でもお馴染みのオリビエ・ペリエ騎手だった。

 ペリエが生まれたのは1973年1月、北西フランス。フランス人の父とイタリア人の母の下、弟と妹の3人きょうだいで育てられた。

 89年にP.ビアンコーヌ厩舎からデビューすると91年には見習いリーディングを獲得した。

 大レースにおける彼の活躍ぶりは枚挙にいとまがなく、過去にこのコーナーで取り上げた際も記して来たので大分、割愛させていただくが、いくつかだけ記しておこう。

 92年にはドリームトークで自身初の重賞制覇(GII)をイタリア遠征で飾った。翌93年にはルバラフールで自身初のGI勝ちとなるジャンプラ賞制覇。同年、ロストワールドでグランクリテリウム(GI)も優勝するなど、E.ルルーシュ厩舎とのコンビで活躍し、リーディング争いでは3位。

 94年にはこれまたルルーシュ厩舎のビッグストーンでイスパーン賞やラフォレ賞を勝った他、重鎮A.ファーブル厩舎のボナッシュ、フリーダムクライ、アガセなどでも次々と重賞制覇。カドラン賞(GI)勝ちを含む自身初の年間100勝を達成した。

 95年にはウイングドラヴで愛ダービー、ミュンシーでサンタラリ賞、ミスタヒチでマルセルブーサックのほか、フォレ賞やグランクリテリウムなどGIを勝ちまくった。

 96年はシャイクザヨークでコロネーションS(GI)、サンクルー大賞典を勝ったエリシオでは凱旋門賞も優勝。勝利数、獲得賞金とも初めてフランスでトップとなった。

 97年も勢いは増す一方。エリシオでガネー賞、クラウンディングでリュパン賞、ボルジアでドイツダービー、クイーンムーでヴェルメイユ賞、クサールでサラマンドル賞やデューハーストSなどGIを勝ちまくった他、パントレセレブルでは仏ダービー、パリ大賞典、そして凱旋門賞も制してみせた。

 98年にはハイライズで本場イギリスのダービー、デザートプリンスでは愛2000ギニーやムーランドロンシャン賞、クイーンエリザベス2世S、フラングランミックスでサンクルー大賞典、更にサガミックスでは凱旋門賞を制し、自身3連覇を達成してみせた。

 99年はグラシオーソでリュパン賞、レディオブチャドでマルセルブーサック、2000年にはインディアンデインヒルでガネー賞、サガシティでクリテリウムドサンクルー、01年BCフィリー&メアターフを勝ったバンクスヒルとのコンビでは翌02年、ジャックルマロワ賞、ケルトスではロッキンジS、03年はフェアミックスでガネー賞、ダイジンでドイツダービー、04年はトレストレラでプールデッセプーリッシュ、ウェスターナーとのコンビでは05年ゴールドCほか、06年はウィジャボードでプリンスオブウェールズS、07年はコックニーレベルで英愛の2000ギニー、ドクターディーノではマンノウォーSや香港ヴァーズ、08年にロートシルト賞を勝ったゴルディコヴァとのコンビでは同レースを4連覇した他、ムーランドロンシャン賞やジャックルマロワ賞、フォレ賞にイスパーン賞、そして08~10年にかけてBCマイルを3連覇するなどGIを勝ちまくった。

 10年にはハービンジャーでキングジョージ6世&クイーンエリザベスS、12年にはシリュスデゼーグルでガネー賞やドバイシーマクラシック、ソレミアでは自身4度目となる凱旋門賞制覇、13年にはアンテロで仏ダービー、14年にはチャームスピリットでジャンプラ賞やクイーンエリザベス2世S、15年はメイクビリーヴでプールデッセプーランやフォレ賞、17年がプリシウス、18年はテッパルでそれぞれプールデッセプーリッシュ勝ち、レコルトスでは18年のイスパーン賞やムーランドロンシャン賞を優勝。ここまでにフランスリーディングの座は4回、射止めている。

 また、一時期、短期免許で来日していた事から日本でも2000年にウイングアローでフェブラリーSを制したのを始め、02~04年の有馬記念3連覇(シンボリクリスエスで連覇後、ゼンノロブロイでも勝利)、ジャパンCも2勝(01年ジャングルポケット、04年ゼンノロブロイ)などGIを12勝。マイルCSを制したハットトリックとのコンビでは香港マイル(05年)も勝っている。(文中敬称略)

・<「PART-1」にあたる2016年8月のコラムはコチラ!>【世界の騎手列伝 vol.60】オリビエ・ペリエ(UMAJINコラム 2016/11/24)

・<「PART-2」にあたる2018年3月のコラムはコチラ!>【世界の騎手列伝 vol.126】オリビエ・ペリエ(PART-2)(UMAJINコラム 2018/03/15)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP