UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2018/09/27  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.155】パー・アンダース・グラバーグ

北欧競馬で活躍を続けるP.グラバーグ騎手。今夏はシャーガーCに欧州選抜チームの一員として参戦し、武豊騎手らと腕を競った。

 今回、紹介するのは少々変わり種といえるかもしれない。スウェーデンを主戦場とし、スカンジナビアのリーディングジョッキー。1974年7月19日生まれ、現在44歳のパー・アンダース・グラバーグだ。

 ストックホルム郊外で生まれた彼はかの地の競馬学校に通った後、1991年に騎手デビュー。初勝利まで時間を要したが、その後、5年連続で毎冬にアメリカのリチャード・マンデラ厩舎で修行した事もあり、徐々に頭角を現す。

 2003年にはハイドアンドシークに騎乗しスウェーデンで自身初の準重賞勝ちをマーク。同馬とのコンビでは05年にもかの地の準重賞を制している。

 07年にはマスカティールスティールやアキップヒルでノルウェーの準重賞勝ち。エキップヒルとのコンビでは同年にデンマークでスカンジナビアンオープンCS(GIII)を優勝。自身初の重賞勝ちを記録した。

 また、コンビで数々の重賞、準重賞を制したのがバンクオブバーデン。とくに同馬とのコンビでは11、12、14、15年とストックホルムCインターナショナル(GIII)を2回も連覇してみせた。ちなみに13年の同レースでは2着だった。

 12年にはシルバーオーシャンでノルウェーのポーラーC(GIII)を優勝。同馬では準重賞も勝っている。

 17年も勢いは衰えず、ティンニタスでポーラーC(GIII)、ドーシアでストックホルムCインターナショナル(GIII)など重賞を3勝した。  主戦場の都合でGIII勝ちばかりだが、他にUAEのメイダンやカタールでも騎乗経験があり、今夏にはイギリスで2度目の騎乗も果たしてみせた。

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP