豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2018/09/06  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.152】ジョセフィーヌ・ゴードン

ここまでグレードレース2勝のJ.ゴードン騎手。名門厩舎からの信頼を勝ち取りつつあり、今後大レース制覇にも期待がかかる。

 先週のサマンサ・コレットに続き、今週も世界で活躍する女性ジョッキーを紹介しよう。

 今回取り上げるのは25歳、イギリスで活躍するジョセフィーヌ・ゴードン騎手だ。

 デヴォンの牧場で馬を飼っていた母の影響で騎手を目指す。14歳の時にはポニーレースに騎乗。16歳でニューマーケットの競馬学校に入学。2016年には87勝を挙げ、トム・マーケンドとの激しい戦いに勝利して女性としてはイギリス競馬史上でも3人目となる見習いチャンピオン騎手となった。

 17年にはヒューゴ・パーマー調教師の下で騎乗するようになると、914回の騎乗で106勝を記録。ヘーリー・ターナー以来、イギリス競馬史上2人目となる女性騎手での年間100勝オーバーを達成してみせた。

 現在も主にパーマー厩舎の馬に騎乗しているものの、勝ち鞍の中にはサー・マイケル・スタウトやサイード・ビン・スルールといった大調教師からの依頼に応えたケースもある。

 主な勝ち鞍としては17年、ウィリアム・ハガス厩舎のファストネットテンペストで制したヴィクトリアC、アンフォゲッタブルフィリーによるマギーディクソンS(準重賞)、サイード・ビン・スルール厩舎のアラビアンホープによるガントンS(準重賞)、コロピックによるチップチェイスS(GIII)、アフィアによるプリンセスロイヤルS(GIII)、18年にはミセスガラハーによるランズダウンS(準重賞)やポロニアS(準重賞)などがある。(文中敬称略)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP