UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2018/08/23  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.150】ホリー・ドイル

H.ドイル騎手はシャーガーCで女性騎手チームの優勝に貢献。藤田菜七子騎手とはほぼ同世代で、いつか腕を競い合う機会に期待したい。

 今週末は札幌競馬場でワールドオールスタージョッキーズが行われるが、つい先日、イギリス・アスコット競馬場で行われた同様の企画がシャーガーCだ。

 シャーガーCは個人戦のほか、団体戦でも優勝が争われる。チームは武豊騎手率いる世界選抜など4つに分けられている。そのうちの1つが女性騎手だけで構成されている女性チームだ。

 今年の結果はこの女性チームが見事に優勝を飾ったのだが、その中で1レースに勝利して貢献したのが今回紹介するホリー・ドイル騎手だ。

 ホリー・ドイルは現在21歳。父親のマーク・ドイルも騎手で、母親のキャロラインもアラビアンレースに乗っていた事もあり、彼女はポニーレースに乗るようになった。

 2013年にデビューすると3勝。その後2年間も1、2勝と苦戦したが、アクシデンタルエージェントで今年のロイヤルアスコット開催のクイーンアンSを勝利したイヴ・ジョンソン・ホーントンやリチャード・ハノンらからの騎乗依頼が増えると乗り鞍、勝ち星ともに急増。16年にはスカーレットドラゴンでオールドローリーCなど33勝、翌17年にはビルスドンベスで初めて準重賞を制したのを始め計59勝と大躍進。

 今年も8月22日現在で35勝を挙げる活躍をみせている。

 また、勝てはしなかったもののロイヤルアスコット開催の準重賞・サンドリンガムHでは人気薄のオルティスを2着に導き穴をあけてみせた。まだまだ若いジョッキーでもあり、今後の活躍が期待できる1人。いずれ日本の競馬と関わる日も来るかもしれない。

 なお、同じドイル姓だがジェームス・ドイルやブレット・ドイルらとの血縁関係はない。(文中敬称略)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP