豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2018/06/28  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.141】サマンサ・コレット

まさに競馬一家に生まれたS.コレット騎手。NZ競馬17-18年シーズンで、現在リーディングトップをひた走っている。

 サマンサ・コレットはニュージーランドの女性騎手だ。

 1989年11月21日、ニュージーランドのハミルトンで生まれた。父親のジェームス・クロス・コレットはニュージーランドの他にオーストラリアやシンガポールなどで活躍し、通算1000勝以上を記録した元騎手。ワールドオールスタージョッキーズシリーズの前身であるワールドスーパージョッキーズシリーズでの来日経験もあり、1995年にJRA初騎乗、97年にはタイガロピーヌに騎乗してゴールデンブーツトロフィーを優勝。JRA初勝利も記録した。現在は騎手を引退し、調教師となっている。

 また、サマンサの母親のトラディ・ソーントンは現在も現役の騎手で、彼女も通算1000勝以上を挙げている。

 さらに2人の従兄弟もジョッキーで、1人はシドニー、1人はシンガポールで現在、騎乗している。

 16歳で騎手になることを決意すると2006年12月7日、マタマタでジーザーという馬に乗って騎手デビュー。両親が見守る中、初騎乗初勝利を飾ってみせた。

 最も印象に残っているレースは父親が管理していたレッドストライカーでホールマークスタッド準重賞を勝った時。これが彼女にとって初のステークス勝ちだった。

 10年にはスペアアフォーチューンでメトリックマイルH(GIII)を優勝、14年には1月にスティールローズでナディームウェイクフィールドチャレンジ2歳S(GII)を、10月にはアントニオランバルドでスプリングスプリント(GIII)をそれぞれ優勝している。

 ニュージーランドのほかオーストラリアやマカオでも騎乗経験を重ね、現在に至る。GI勝ちこそまだないが、GII、GIIIや準重賞など、いわゆる日本流に言う重賞レースに相当するステークスレースは26勝。通算でも600勝以上をマークしている。(文中敬称略)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP