豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2018/03/01  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.124】ハリー・ベントレー

2016年には英伝統の電撃GI・ジュライCを制するなど進境著しい若武者、H.ベントレー騎手。今後の飛躍に期待だ。

 2月24日、カタールのアルアイン競馬場で行われたローカルGI・エミールズトロフィーを制したのはザブルーアイ。その手綱をとったのが現在25歳のハリー・ベントレー騎手で、同馬とのコンビでこのレースを制するのは2016年以来、2度目となった。

 イギリスの馬の街として有名なニューマーケットの出身。しかし、両親が馬関係者というわけではなく、周囲の環境から騎手を目指すことになった。

 17歳だった2009年にブライトン競馬場でデビュー。この年は8レースに騎乗したのみで2着が1回あったものの、勝つことはなかった。

 翌10年にはアブダビでリステッドレース(準重賞)を勝つなど、勝利数をなんとか二桁に乗せる。

 さらに11年にはドバイのメイダン競馬場で勝つなどし、勝ち鞍は一気に40オーバー。その後も13年にカタールGIのカタールダービー、14年にはこれもカタールGIのカタールゴールドCを共にダブデーに騎乗して優勝。16年には冒頭で記したようにザブルーアイに騎乗してエミールズトロフィーを制した。

 また同16年にはリマトとのコンビでニューマーケットのジュライC(GI)やシャンティイで行われたラフォレ賞(GI)などを優勝し、GIジョッキーとなった。

 昨17年はGI勝ちこそなかったものの、ドイツでGIIを勝ったり、リマトでチャレンジS(GII)を勝利するなど60勝を越し、自身最多勝利数を更新。先週行われたエミールズトロフィーをザブルーアイとのコンビで2度目の優勝をしたのは、冒頭で記した通りである。(文中敬称略)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP