豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2017/11/03  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.108】コーリー・パリッシュ

13番人気だったブームタイムでコーフィールドCを勝ち、自身初の重賞制覇を果たしたC.パリッシュ騎手。きたる南半球最大の競走、メルボルンCではどんな手綱捌きを見せてくれるのか?

 今回紹介するジョッキーに関し、実はあまりインフォーメーションがない。と、言うのも彼は先日、初めてのGIを勝利したばかり。それも自身初の重賞勝ちだった。それでも彼を取り上げるのは、次週に行なわれる大レースでの騎乗が決まったから、である。

 コーリー・パリッシュは1989年6月26日生まれだから現在は28歳。ニュージーランドのオークランド出身で、競馬とは無縁の家庭で育った。

 「体が小さかったし、あまり勉強が好きではなかった」(本人)という理由で騎手を目指し、2006年にニュージーランドでデビュー。その後、12年にはオーストラリアへ移住。かの地の大調教師の1人であるディヴィッド・ヘイズ調教師のサポートを受け、騎乗を続けている。

 アドマイヤラクティが制したことでも知られるコーフィールドCで今年、D&Bヘイズ&T.デイバーニッグ厩舎のブームタイムに騎乗。自身9度目のGI騎乗で初めての優勝を飾った。なお、レースの行なわれた10月26日は、ちょうど5年前に彼がオーストラリアへ渡ってきた日だと言う。

 同馬とのコンビでは11月7日に行なわれるメルボルンCへ出走。その後はジャパンCに挑戦するプランも持ち上がっている。(文中敬称略)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP