豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2017/08/24  平松さとし「世界の騎手列伝」

【世界の騎手列伝 vol.98】ケイトリン・マリヨン(PART-2)

写真はメルボルンCに初めて騎乗した際のK.マリヨン騎手。WASJでの好騎乗に期待したい。第4戦では「A」評価のオウケンブラックに騎乗する。

 今週末、札幌競馬場で行なわれるワールドオールスタージョッキーズ。例年、世界選抜チームには女性騎手が1人選ばれており、今年はオーストラリアのケイトリン・マリヨンが選出された。約半年前にも1度紹介しているが、初の来日を前に再度、記させていただこう。

 1994年4月10日、メルボルンの生まれ。幼少時は「バスケットやネットボールなどスポーツが大好きだった」という彼女は、祖父のミック・マリヨンがヴィクトリア州の元チャンピオンジョッキーということもあり、幼い頃からポニーに乗っていた。そして当時から将来はジョッキーになりたいと望んでいた。

 その夢をかなえ、2010年にデビュー。初騎乗から7戦目にエンコスタデライトに騎乗して初勝利をあげると、11?12年シーズンには23勝をして女性初の見習いリーディングを獲得した。

 その後、落馬で背骨を骨折する大怪我に見舞われ休養したものの、復帰すると13?14年シーズンに再び見習いリーディングとなった。

 昨年はアサインに騎乗して自身初めて南半球最大のレースであるメルボルンCに騎乗。今年は1月にマカオで行なわれた国際男女混合騎手チャレンジに招待され、武豊や藤田菜七子と一緒に騎乗。勝つことこそできなかったものの初めてマカオでの騎乗を果たした。

 母国に帰国直後の2月にはサイレントセディションに騎乗し、ウィリアムレイドSを優勝。自身初となるGI制覇を成し遂げた。

 オーストラリア人騎手らしくメルボルンCを勝ちたいのは当然というが、同時に「祖父が3勝しているコーフィールドCも最も勝ちたいレースの一つです」と語る。

 初めてとなる日本での騎乗で果たしてどんな手綱さばきをみせてくれるのか、注目したい。(文中敬称略)

・<「PART-1」にあたる2017年2月のコラムはコチラ!>【世界の騎手列伝 vol.70】ケイトリン・マリヨン(UMAJINコラム 2017/02/09)

■【海外競馬】レース展望や結果詳報など、世界の競馬はコチラから確認できます!
■【絶賛発売中!】平松さとしの最新刊「栄光のジョッキー列伝」

PAGE TOP