豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2017/12/27  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の重賞・メイン「馬体診断予想」」

吉岡司の馬体診断予想「ホープフルS」

●●●●●●●●吉岡司の馬体診断予想「ホープフルS」●●●●●●●●

傾向
去年の勝ち馬レイデオロがダービーを制したが、今年の場合は芝で2勝した馬が5頭と淋しい。ならば、1勝馬でも十分勝負になって何ら不思議はない。過去の実績はあまり考えなくていい。当日のパドックで目を引く馬を1頭探しだし、その馬から馬単で手広く流したい。相馬眼を磨くには絶好の一戦だ。

パドック状態と今回の着目点

■ウォーターパルフェ
夏場より使われ続け、キャリアはすでに5戦。今回は間隔をとってリフレシュさせ、今月に入ってから急ピッチに乗り込まれている。体は増えていても問題はないが、極端な気持ちの昂ぶりがないことが好走への条件。適度な落ち着き、かつ首を使ってのエネルギッシュな歩様であることを望みたい。

■サンリヴァル
父ルーラーシップ譲りのパワフルな馬体が特徴的。ただ、同時に気の荒さも受け継いでしまったよう。過去2戦、いずれもでやんちゃぶりを発揮しており、気性面での若さは否めないところ。無傷2連勝でここへ駒を進めてくるくらいだから力は相当なものがありそうだが、そのあたりが少しでも改善されていないと厳しい戦いを強いられることになりそう。

■シャフトオブライト
どっしりとした気性なので、初の関東輸送とて無難に対応してくれることとは思う。ただ、ローテーションが詰まっているうえ、ここ最近の冷え込みを考えるに、歩様面への懸念が出てしまうのは当然のこと。もし、馬券を買うのなら歩様が硬くなっていないかどうかを返し馬まで見てきっちりチェックして欲しい。

■シャルルマーニュ
東スポ杯2歳Sは3着好走。パドックでは、首差しが綺麗で品格があったし、肢先も軽く、動きとしては上々の域だった。ただ、同時に若干腹線の余裕を感じたのも正直なところ。私見だが、もう少し絞れれば、より切れ味が増してくるはず。

■ジャンダルム
柔らかい筋肉の持ち主で、見るからに切れ味のありそうな体つき。また、造りがかなりゆったりとしているゆえ距離延長にも十分対応できるはず。当日、極端なテンションでもない限りは、3連勝の期待をかけてもいいように思う。

■ジュンヴァルロ
ゆったりした奥行のある馬体、かつ大きなストライドを考えるに、2000m超えの距離が向いていることは間違いなさそう。また、気性面で随分とどっしりしているので、逃げずに好位で構えるような形でも競馬はできそうだ。平常心、かつ無駄肉のない体で臨めていれば、力を出せる状態と思っていい。

■ステイフーリッシュ
おっとりとした気性、かつかなりゆったりとした馬体ゆえ長めの距離が向いていそう。なお、前回の中京輸送時には何ら動じることのない素振りを見せていたので、初の関東圏輸送とて問題はないだろう。中2週での競馬にはなるが、450キロ前後の無駄肉ない体で出走できていれば、力を出せる状態と判断していい。

■タイムフライヤー
馬っぷりの良さはメンバー屈指かと。バランスがいいし、筋肉に柔らか味があってトモのボリュームは満点。当日、リラックスして周回できていれば、まず力を発揮してくるはず。新潟に持って行っての好走歴もあるだけに、初の中山輸送も無難にこなしそう。チャンスは十分。

■トライン
完成度の高そうな馬だけに大幅な変わり身はどうかだが、前回同様、無駄肉のない馬体、かつ首を伸ばしリラックスして周回できていれば力は発揮できるはず。なお、気性面に課題はないので、中山までの輸送も苦にはしないだろう。

■トーセンクリーガー
デビューしてから16キロ体が増えているが、これは成長分で地力強化の証。ただ摺り足でまだ後トモに力が付いていない印象だけに、中山の急坂克服が課題になってくるだろう。落ち着いて周回できていれば体調面に問題はないだろうが。

■ナスノシンフォニー
百日草特別時は、休み明けプラス当日の輸送競馬で、テンションが上がっていた。ただ、それでも2着に好走するのだから力は持っている。今回も少し間隔が開いているものの、入念に乗り込まれており、ここ目標に文句ない仕上がり。当日変に気負っていなければ、大駆けのシーンも十分ありうる。

■フラットレー
間隔は開いたが中間は坂路でたっぷりと乗り込まれており、臨戦態勢は整っている。ハミをとっての推進力ある歩様かどうか、張りと柔らかみのある馬体であるかどうかをポイントとし、それらクリアできているようなら力を出せると判断していい。

■マイハートビート
柔らかい筋肉で見た目が良い。ボリューム感たっぷりなお尻が、この馬の推進力の源になっている印象だ。課題としては、少し気がいいので、輸送等によりテンションが昂ぶっていないこと、また、腹回りが淋しく映らないことを挙げておきたい。力的に巻き返せるだけのものは秘めていると思う。

■リュヌルージュ
アウトラインの綺麗な馬体で、私見的には前走くらいの体(446キロ)がベストのように思う。ただ、牝馬ということもあって、ここに入ってしまうと、迫力と言う点で物足りなさを感じてしまうのが正直なところ。首を伸ばしリラックスして周回できていれば力を発揮できるかとは思うが、願わくばそこに覇気満々たる気概のようなものが備わっていて欲しいものだ。

■ルーカス
GOサインが出たのだから、放馬どうこうの影響は考えなくていいだろう。久々を1度叩いて中身も変わっているはずで、自らハミを噛み適度な気合い乗りで周回できていれば力を発揮できると見る。目方は490キロ以上でもOK。

■ロードアクシス
体の輪郭が実に綺麗で見栄え十分の体つきだが、いかんせん気性が幼い。関東輸送への不安が募るのが正直なところ。当日、大幅な馬体減と気持ちの昂ぶりがないことが、好走条件となろう。ただ、馬の資質は相当。勝っても何ら不思議ないだけの域にあると思う。

■ワークアンドラブ
後トモに力強さが目立つパワータイプ。中山の急坂にも対応でき得るとは見るが、芝への適性は未知と云わざるを得ない。当日切れ味を求められる馬場になった際の不安は拭えず、また、気性の若さもまだ改善されていない現状。デキは悪くなさそうだが、このメンバー相手では厳しいか。

吉岡の結論
◎ジャンダルム
○タイムフライヤー
▲ルーカス
△1サンリヴァル
△2ナスノシンフォニー
△3ロードアクシス

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち5万1000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■“旬"の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP