豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2017/12/08  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の重賞・メイン「馬体診断予想」」

吉岡司の馬体診断予想「中日新聞杯」

●●●●●●●●吉岡司の馬体診断予想「中日新聞杯」●●●●●●●●

傾向
2009年以来暮れの中京競馬でハンデ戦として行われる。レースの特徴を判断するデータが少ないが、確実に言えることは過去の実績はまったく参考にならない点だ。当日のパドックを見て、人気の有り無しに関わらず、動きに切れがない馬や、ぼんやり歩いている馬は避けるべきだろう。反対にキビキビとした歩様で周回できている馬や、精悍な目つきをしている馬は積極的に狙っていきたいところ。

パドック状態と今回の着目点

■ショウナンバッハ
目方は440キロ台を維持できていれば問題なさそう。もうすぐ7歳になる高齢だけに大きな期待はどうかも、落ち着きがあって、スムーズな歩様で歩けていれば体調面の問題はないはずだ。

■スズカデヴィアス
金鯱賞3着の実績からもコース替わりに問題はなし。ポイントは柔らかい筋肉、かつ見栄えのする馬体に映るかどうかだ。ハミを噛み適度な気合い乗りで歩けているかも合せて取捨の判断にして欲しい。

■ストーンウェア
中京戦は3戦ともに連対。初めての重賞戦になるが、ハンデ戦なら太刀打ちできて不思議はない。均整の取れた馬体でアウトラインが綺麗に映るかどうか、また、首を動かし気分良さそうな素振りが見られるかが、デキ具合いを見極めるポイント。

■フェルメッツア
前回の福島記念は12キロ増。私見的にはもっとあってもいいくらいに思うが、再度極端な増減でもない限りは、そう気にする必要もないのかと。それよりも、首や四肢が良く伸びているかどうかを注視して欲しい。

■フルーキー
体の輪郭が綺麗で見た目は良いのだが、昨今は後肢に往年時のような力強さを感じない。年齢からくるもので仕方のない面もあろうが、当日のパドックではそのあたりの程度を見極めてみて欲しい。

■マウントロブソン
体つきに重苦しさを感じないか、落ち着いて周回できているかどうか。単純なようだが、この2点をクリアできているようなら力は発揮できるはず。

■マキシマムドパリ
女王杯の疲れが残っていたのか、先週のチャレンジCを自重して中3週開けた。当日のパドックでは適度な活気、かつ落ち着きがあることを望みたい。顎をしゃくる仕草をみせるだろうが、これはいつものことと考えて貰っていい。

■ミッキーロケット
天皇賞・秋の敗因は道悪に尽きる。中間坂路で順調に乗り込まれているだけに、陣営としてはここで改めての気持ちだろう。目方はあまり気にする必要はないが、やや気の荒い面があるだけに、落ち着いて周回できているかどうかは必ずチェックして欲しい。まともであればあっさり巻き返せるだけのモノはある。

■メートルダール
艶のある体が特徴的。ただ、この馬の場合は、あれこれと考える必要はない。パッと見の第一印象が良いかどうかに尽きる。

■ロードヴァンドール
前回は16キロ増も、夏場に減っていた体を戻しただけ。目方は当時程度でいい。中5週での競馬になるが、中間入念に乗り込まれておりすこぶる順調そう。水平首で、かつ適度な気合い乗りを示していれば十分にやれるはず。

吉岡の結論
◎ストーンウェア
○ミッキーロケット
▲ロードヴァンドール
△1スズカデヴィアス
△2メートルダール
△3マウントロブソン

■【UMAJIN.net EVOLUTION PROJECT】「本物に触れ、本物を知る。」競馬サロンはこちら!

■[お友だち4万9000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■“旬"の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

PAGE TOP