豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2017/11/17  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の重賞・メイン「馬体診断予想」」

吉岡司の馬体診断予想「東スポ杯2歳S」

●●●●●●●●吉岡司の馬体診断予想「東スポ杯2歳S」●●●●●●●●

傾向
この時期に4着以下がある馬では期待が持てない。実際過去10年間の勝ち馬には存在しないからだ。また、前半3Fが後半3Fよりも速くなったケースはなく大体が上がりの競馬になっている。従って、大きいストライドで歩様に力強さを感じられる馬を高く評価したい。今年は人気馬が休み明けだけに、当日の気配はしっかり確認してから馬券を買った方がいいだろう。10キロ以上の大幅な馬体変動がある馬と、イレ込んでいる馬は割引が必要になる。

パドック状態と今回の着目点

■カフジバンガード
前走が4キロマイナスの474キロでの出走になったが、張りのある馬体で見栄えがした。伸びやかな歩様で歩けていたし、体調面は相変わらず良かった。今回は中3週で参戦できるし、中間も順調に乗り込まれていて至って順調だ。胸郭の長い体型からは長目の距離が向いているが、府中コースなら芝1800mでも問題はない。今回も品のある馬体で歩様もスムーズなら、大崩はしないはず。

■ケワロス
前走がマイナス2キロの420キロでの出走になったが、細くは映らなかったし仕上がりは良かった。落ち着いて周回できていたし、これなら初めての東京戦でも力を出せるはず。ゆったり感十分の馬体からも距離延長は問題ない。今回もリラックスして周回できていれば、体調面は良好だ。あとは力関係になる。

■コスモイグナーツ
アイビーSでは2人引きで曳いていたが、小脚を使って気合を表に出して周回できていた。増減なしの458キロでの出走だったが、均整の取れた馬体に映ったし460キロ前後の体でいい。今回も活気のある歩様で体にも柔らかみがあれば好調キープだ。

■ゴールドギア
デビュー戦が466キロでの出走。身のこなしが柔らかく見栄えのする馬体だった。2人引きだったが、気合を表に出して歩けていたし、いかにも初戦から力を発揮できる気性だ。馬体重は前走くらいでいいが、今回は距離が延長される。当日気持ちが昂ぶっていないことが、好走条件になる。

■シャルルマーニュ
アイビーSがプラス10キロの480キロでの出走になったが、増えた印象はなかったし成長分だ。厩務員に顔を向けまだ子供っぽい仕草を見せていたが、イレ込むことはなく輸送はクリア出来ていた。再度同じ条件だし、当日変に気負っていなければ大崩はしないはず。

■ルーカス
デビュー戦が488キロの出走になったが、均整の取れた見栄えのする馬体。首を使ってリズミカルな歩様で歩けていたし、磐石の仕上がりだった。放牧明けになるが入念に乗り込まれているし、態勢は整っている。初めての輸送競馬だけに、当日どれだけ落ち着いて周回できているかが、今回の着目点になる。返し馬まで見て掛かっていないことを確認してから馬券を買って欲しい。

■ワグネリアン
前走の野路菊Sは新馬戦と同じ450キロでの出走で、バランスのいい馬体に思えた。柔らかい筋肉でトモにもボリュームがあって、これが推進力の源になっている。2人引きで曳いていたが、小脚を使って活気のある歩様で周回できていた。放牧明けになるが中間は順調に乗り込まれているし、臨戦態勢は整っている。当日テンションが上がっていなければ、力を出せる仕上がりと判断していい。

吉岡の結論
◎ワグネリアン
○ルーカス
▲シャルルマーニュ
△1ゴールドギア
△2カフジバンガード
△3コスモイグナーツ

■[お友だち4万8000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■“旬"の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

■【あの大人気競馬マンガが電子版で登場!】やまさき拓味『優駿の門アラブレッド』はAmazonにて絶賛発売中!

PAGE TOP