豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2017/11/11  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の重賞・メイン「馬体診断予想」」

吉岡司の馬体診断予想「エリザベス女王杯」/「福島記念」

●●●●●●●●吉岡司の馬体診断予想「エリザベス女王杯」●●●●●●●●

傾向
実力が拮抗しているのが常。それだけにテン乗りの馬の活躍が稀。ルージュバックに騎乗するムーアでさえ、苦労させられるかも知れない。また6歳以上の勝ち馬は過去10年間で存在しない。スマートレイアーにとっては嫌なデータだ。2000mを超える距離だけに、当日テンションが上がっている馬や、腹回りに余裕がない馬は一枚割引が必要だ。また外回りだけに首が高く小走りで歩いている馬より、首を伸ばして大きいストライドで周回できている馬を高く評価したい。

パドック状態と今回の着目点

■ヴィブロス
府中牝馬Sは過去最高体重の434キロ。太い印象はなくほとんどが成長分だったように思う。十分に推進力のある歩様で歩けていたが、ひと叩きで踏み込みにさらに力強さが出てくることを願いたい。今回は過去3戦ともに連対を果たしている京都コース。舞台に不足はなし。まともであればここも好戦必至だろう。

■ウキヨノカゼ
やや詰まり気味の体型からもマイル前後がベストかと。距離面に関しては正直厳しいと言わざるを得ない。ハミを噛んで気分良さそうに周回できていれば体調面に関しては心配ないだろうが。

■エテルナミノル
八坂S時は8キロ増の456キロで出走。これは成長分でいい傾向と考えたい。当日気分良さそうに歩けていれば、体調面は問題なしだ。ただ、さすがに中1週でGI戦、しかも斤量が1キロ増では劣勢は免れないか。

■クインズミラーグロ
牝馬にしては力強い踏み込みが特徴的な馬。距離は初めてになるが、バランスが良く中距離向きの体型ゆえ、難なくこなせそう。前回は2コーナーで他馬に前をカットされたのが敗因で参考外の一戦と思っていい。ごく普通に歩けていれば、巻き返せるだけのモノはある。

■クイーンズリング
去年の覇者。コース替わりと距離延長は歓迎だろう。前回で復調気配は窺えた。前走くらいの馬体重で、かつ落ち着いて周回できていれば、力を出せる状態と判断していい。

■クロコスミア
ステイゴールド産駒らしく胸郭の長い体型からも距離延長は問題なさそう。一戦毎に体を増やしてきているし、56キロも背負い慣れているだけに心配はいらないだろう。自分からハミをとり勢いのある歩様で歩けているか、は必ずチェックして欲しい。自分の競馬ができれば3連勝も十分見込めるはず。

■ジュールポレール
4歳馬だがまだ11戦のキャリアしかなく、上積みは十分に期待できる。水平首でリラックスして周回できているか、柔らかい筋肉で動きに硬さがないかは要チェックだ。力はここでも通用しそう。

■スマートレイアー
7歳馬だが年齢的な衰えは微塵も感じない。京都コースは5戦しか走っていないが、3連対なら合格点だ。均整の取れた馬体であるかどうか、自分からハミをとり推進力のある大きいストライドで歩るけているかどうかが取捨のポイントに。

■タッチングスピーチ
丹頂S時は14キロ増。太くは感じなかったが、動きに素軽さを感じることはできなかった。気持ちも乗っていなかったし、いかにも休み明けのパドック状態だったように思う。馬体がシャキッとして、ヤル気が窺える脚捌きであれば、使った上積みに期待が持てそう。

■ディアドラ
秋華賞は12キロ増の490キロで出走となったが、端的にいい体に映ったし、2人引きだったが悠然と構えており、リズミカルな歩様で歩けていた。是非ここも同じような姿を望みたいものだ。脚質と血統を考慮すれば、距離延長と外回りに替わるのは歓迎。まともでさえあればGI連勝も十分期待が持てると思う。

■デンコウアンジュ
府中牝馬S時は10キロ増の452キロで出走。太い印象はなかったので、現状はそのあたりの目方でも問題ないように思う。元々が使って良くなるタイプだし、稽古も良く動けている。距離延長も問題はない。ごく普通に歩けていれば、体調面は問題なしだ。

■トーセンビクトリー
距離は初めてになるが、体型からも血統からも何ら問題はなさそう。なお、前走は10キロ増だったが、私見的にはもっとあってもいいように思う。トモに丸みがあって、推進力のある脚捌きが見られれば力を引き出せるはず。

■ハッピーユニバンス
関西圏の競馬は6戦とも4着以下と鬼門。相手も相手だけに何か大きなプラスαでもない限り好走は厳しいだろう。柔らかい筋肉で品のある馬体に映るかどうか、バネの利いた脚捌きかどうかは、最低限クリアしていてもらいたいもの。

■マキシマムドパリ
京都大賞典時が10キロ減。数字通り腹回りが淋しく映っただけに、460キロ台までには回復して欲しい。京都コースは勝っているし、距離も克服できている。ムラ馬だけに計算はできないが、気持が乗っていれば体調面は良好だ。あごをしゃくるぐらいの活気の良さが窺えればいい走りに期待が持てるはず。まともであれば巻き返せても不思議ない力は秘めている。3連複の軸馬として買うのも悪くはない。

■ミッキークイーン
宝塚記念時がプラス8キロの448キロで参戦となったが、これは成長分でいい傾向だ。小脚を使って活気もあったし、パドックの気配は上々だったように思う。阪神牝馬Sで勝っているように休み明けは問題なし。当日テンションが上がっていなければ、力を出せる仕上がりだ。

■モズカッチャン
元々が使われつつ良くなるタイプで、好調期間が長いのがこの馬の長所。稽古もよく駆けていたようにデキとしてはここがピークかと。柔らかい筋肉、かつ伸びのある歩様で周回できていれば力は引き出せるはず。

■リスグラシュー
少し華奢なぶん、少しでも目方を増やしてきて欲しいもの。また、ある程度の落ち着きは欲しいが、勝つということを意識するなら、自分からハミをとりグイグイ前へ出るぐらいの活気があることが望ましい。

■ルージュバック
おそらく2人引きで曳くだろうが、煩い面が見られなければ大丈夫。柔らかい筋肉、かつスムーズな歩様であれば持ち得るだけの力は発揮できるはず。京都でも芝2200mでも勝っているように、条件替わりに不安はなし。チャンス十分だろう。

吉岡の結論
◎ヴィブロス
○ディアドラ
▲ミッキークイーン
△1リスグラシュー
△2スマートレイアー
△3ルージュバック


●●●●●●●●吉岡司の馬体診断予想「福島記念」●●●●●●●●

傾向
高齢馬の活躍も見られるが、狙いたいのは斤量が軽い3歳馬だ。過去10年間で17頭が出走しているが、7頭が3着以内と善戦している。当日気配がいい3歳馬を1頭見つけて、3連複の1頭軸にして手広く流す戦術も面白い。2790円が最低配当で、万馬券は5回も出ている。当日新聞等など参考にしないで、活気のある歩様で歩けている馬を選びたいところ。また精悍な目つきで歩けている馬は頼もしい。馬も人間と同じく目の表情によって性格や体調を計り知れる生き物だ。

パドック状態と今回の着目点

■ウインブライト
柔らかい筋肉の持ち主で、それが瞬発力の源になっている。今回も適度な気合い乗りで体に柔軟性があれば、力を出せるはず。目方は現状470キロ前後でいい。

■サンマルティン
放牧明けになるが、先週6Fから追い切れており、態勢は整っている。水平首でリラックスして周回できていれば力を出せるとは思うが、時たまあごをしゃくっていい意味での煩さが見れるようなら尚いいかもしれない。

■ショウナンバッハ
ブリンカーを着用しているが、どこにも煩い面がなく、気性面では安定している様子。目方は450キロ前後で。スラッとした馬体に思えれば、デキに関しては心配いらないだろう。福島コースで勝ち鞍があり、さしたる不安点は見当らない。

■スズカデヴィアス
元々が叩き良化型だけに、前回を使った上積みは見込めるはず。少し時計の掛かる馬場になれば、チャンスあり。目方は前走10キロ減だったが、そう神経質になる必要はない。ハミを取りほどよい気合い乗りで歩けているようならば。

■ヒストリカル
毎日王冠は9着に敗れたが時計的には走っているほう。ただ、煩い部分を何とか我慢させているような感じで、程度としては許容範囲だったかとは思うが、やはりまともなテンションとはいい難かった。ここはもう少し落ち着きが欲しいところ。8歳馬だけに大幅な上昇はどうかだが、経験値の差でここも乗り切れるのでは。極端なイレ込みと10キロ以上の馬体減がないことが条件。あとは流れ一つだ。

■プリメラアスール
ここ3戦とも510キロでの出走になっているが、それだけカイ食いが安定している証。実戦でもこの馬の力を存分に発揮できている。胸郭の長い馬で重苦しさがないのがいい。福島コースは経験済みだし、イレ込む馬ではないのでここもいい競馬ができることだろう。脚質的にも小回りの2000mは得意の舞台。当日リラックスして周回できていれば、連勝も十分期待できる。

■フルーキー
7歳馬だけに大幅な上昇はどうかだが、しっかりと踏み込んでいれば体調面は良好と考えていい。悪い時はトモの踏ん張りが如実に弱くなるので、そのあたりはきっちり見極めて欲しい。ハミを噛んでほどよい気合い乗りで歩けているかどうかもポイントに。

■マイネルミラノ
オールカマーでは14キロ増だったが、そう太い印象は感じなかった。現状490キロ前後の体であれば何ら問題ないだろう。首を伸ばしリラックスして周回できていれば体調面に関しては心配ない。福島コースは2勝をあげている得意舞台。自分の競馬ができれば十分勝ち負けが望めるはず。

吉岡の結論
◎プリメラアスール
○サンマルティン
▲ウインブライト
△1マイネルミラノ
△2ショウナンバッハ
△3ヒストリカル

■[お友だち4万7000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

■これまで数々の穴馬を推奨!UMAJIN山田編集長が導く【エリザベス女王杯】の穴馬はコチラ

■“旬"の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

■【あの大人気競馬マンガが電子版で登場!】やまさき拓味『優駿の門アラブレッド』はAmazonにて絶賛発売中!

PAGE TOP