UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

コラム

2011/01/30  【月刊UMAJIN編集部】インタビュー・コラム「「独占!」【月刊UMAJIN編集部】インタビューコラム」

O.ペリエ&C.ルメール/世界の名手が日本競馬、そして有馬記念を語る

02?05年の4年間、グランプリホースの背には外国人ジョッキーがいた。オリビエ・ペリエ&クリストフ・ルメール。かたや3連覇の偉業を成し、かたやあのディープインパクトを撃破。そんなフランスからきた『日本競馬の達人』が、有馬記念を大いに語る。
写真:
西原敏広(人物)
小岩章次(レース)
取材・文:佐藤涼
取材日=08年11月25日
(2008/12/13発売 ウマジン!No.122に収録)

アマポーラはハーツと同じ

??ペリエ騎手は5度目となりますが、ルメール騎手は本誌初登場ですね。本日はどうぞよろしくお願いします。

ルメール ドモ、ヨロシクデス。

??それにしても、先日のエリザベス女王杯(取材日は11月25日)は見事でした。

ペリエ うらやましい(笑)。あのレース以降、彼は祝福されっぱなしだよ。それほどインパクトのある勝利だったということだろうね。

??追い込み型のリトルアマポーラで鮮やかに先行し、カワカミプリンセスをはじめとした格上の古馬勢を完封しましたからね。ハーツクライでディープインパクトの追撃を凌ぎ切った、05年の有馬記念を思い出しました。

ルメール リトルアマポーラのこれまでのDVDを見て、『アレ、これはハーツと同じじゃないか?』と感じました。後ろからいい脚を使うけども届かない、という。なら今回も同じようにやってみよう、と。ハーツでの経験が生きました。

ペリエ 追い切りに跨って、彼女に豊富なスタミナがあることを確信できたことも大きかっただろうね。

ルメール そう、僕らはどうしてもテン乗りが多いけど、戦前にその馬の個性を知ることで、イメージをハッキリと持てる。これは非常に重要なことです。

ペリエ 知らないことが逆にいいほうに作用することもあるけど、プラスになることのほうが圧倒的に多いよね。ヨーロッパではジョッキーが攻め馬に乗って、トレーナーにアドバイスをするのが普通だし、僕らにとってはこのほうがシックリとくるかな。

ルメール ハーツでの有馬が一番だけど、この勝利も同じくらいうれしかったです。チャンスをくれた吉田照哉さんやスタッフのみなさんには感謝、感謝です。

ダイワ敗北のシナリオ

??ハーツクライの話が出たところで、有馬記念についてお聞きしたいと思います。今年は天皇賞(秋)2着のダイワスカーレットが中心となりそうですが、おふたりはこの馬についてどう感じていますか?

ペリエ 強いね…かなり。結果ウオッカが勝ったけど、まともなら天皇賞は楽勝だったんじゃないかな。

ルメール 道中で若干のリキみが見られたし、3、4コーナーで勝負に出たオリビエ(トーセンキャプテン)に相当なプレッシャーをかけられた。それでもラストまで脚いろが衰えないんだからね。まったくすばらしい馬だよ。

ペリエ スピード、スタミナ、ハート、すべてのレベルが高い。距離の心配もないし、有馬でこの馬を負かすのは相当にタフだろう。

ルメール うん、一枚も二枚も上の存在だと思います。

??では、自分がスカーレットに乗っているとすれば、どういうレースをされるとイヤでしょうか?

ペリエ 玉砕覚悟の馬にスタートから競られることだね。ヨーロッパの大レースではよくあることなんだけど、同厩舎、同オーナーの1頭をペースメーカーとして出走させ、もう1頭の勝負馬にとって都合のいいペースをつくったり、ライバルに競り込ませたりするんだ。ダイワは繊細な牝馬だし、掛かり気味に先行するタイプ。これをやられるとこたえるだろうね。

ルメール ヨーロッパではペースメーカーを務めた騎手が賞金の何パーセントかをもらったりと、勝つための戦略として認知されているけど、日本ではあまりなじみがないよね。露骨にやると問題になるんじゃないの?

ペリエ それはもちろんわかってるよ(笑)。ようするにそれくらいやらないと勝てないくらい、スカーレットは抜けているということさ。

??では、主戦の安藤勝己騎手についてはどのような印象をお持ちでしょうか?

ルメール うまいのはもちろんだけど、なにより乗り数、経験値が違いすぎます。彼がレース中トラブルに巻き込まれているところを見たことがないでしょう?

ペリエ 豊富なキャリアからくる状況判断で、アクシデントに遭遇しない乗り方を選択しているんだろうね。もちろんそれは経験の多さだけじゃなく、技術的にすごいレベルに達していないとできないわけだけど。

ルメール その部分が成績に表れているよね。ローカル(地方)時代に積み上げたものが実を結んでいるんでしょう。中央では上手な人でもなかなか数をこなせませんから。

ペリエ ただ、コレ(首を横に向けて)は気になるよね(笑)。

ルメール たしかに(笑)。

ペリエ 豊富なキャリアからくる状況判断で、アクシデントに遭遇しない乗り方を選択しているんだろうね。もちろんそれは経験の多さだけじゃなく、技術的にすごいレベルに達していないとできないわけだけど。

──あの横や後ろを見るのは、単なるクセなんですか? それともなにか意味があるんでしょうか?

ペリエ わからない。アンドウさんに聞いてよ(笑)。

ルメール推奨のグッドホース

??出否は未定ですが、ウオッカをはじめとするライバル陣営についてはどう見ますか?

ルメール ウオッカはスタミナ、折り合いなどの面で、有馬のコースは厳しいと感じます。彼女がベストパフォーマンスを発揮するのはやはりマイルではないでしょうか?

ペリエ 中山は小回りで直線も短いから、前に行ったほうが有利にレースを進められることが多い。グッドポジションを取りたいなら、スタートを決めなければならないわけだけど、ウオッカの場合は……。

ルメール 行きたがる面がある分、最初から勝負には出たくないよね。ボクはこの馬で前には行きたくないかな。もちろん、有馬の舞台(中山2500m)では、ということですよ。それよりも天皇賞(秋)では、ディープスカイの強さが印象に残っています。強い牝馬2頭を単純に比較するより、ボクはこの3歳牡馬に魅力を感じます。彼の上昇度は本当にすごい。まさにグッドホース。え? 有馬には出ない可能性が高い? そうですか、それは残念。

??天皇賞(秋)組で、ほかに気になる馬はいますか?

ルメール う?ん…ちょっと実力差を感じますね。1?3着馬は抜けていますよ。ただし、有馬の舞台でどうかと聞かれれば、あのコースが向く馬もいるだろうし、そこはなんともいえません。

ペリエ 天皇賞組以外ならメイショウサムソンがいいと思う。スタミナホースだから、これまでよりは競馬がしやすいはずだから。

ルメール たしかに長いところならサムソンはおもしろいね。

──現段階(11月25日)で有馬記念の騎乗予定はありますか?

ペリエ ノー。お互いまだ確定はしていないよ。ただ、有馬は僕らにとっても特別なレース。ぜひ乗りたい。そして勝ちたい。

ルメール 有馬は僕らも日本人になったかのような気持ちになれる唯一のレース。なんというか…そう、お祭りのような雰囲気があるんです。

ペリエ もちろん、ほかのGIだって勝てればうれしいけど、有馬はまた違うんだよね。僕らにとって日本はセカンドハウス、第二の故郷みたいなものだから、その国で一番盛り上がるレースを勝つというのはやっぱり格別さ。今年もあの興奮を味わいたいね。

「日本馬は強くなった?」

??ペリエ騎手は94年、ルメール騎手は02年から日本で騎乗していますが、その当時に比べ日本競馬はどのように変化しましたか?

ペリエ ボクが乗り始めたときは、とにかくスピード優先のアメリカンスタイルでした。テンから飛ばす競馬をしているから制御の利かない馬が多かったね。でも今は騎手ごとにいろいろなスタイルを実践して、ひとりひとりが考えて競馬をしている。そういう部分でのレベルアップはすごく感じるよ。

??今の日本競馬は海外遠征も当たり前となり、多くのGIも勝利しています。馬のレベルアップは相当なものだと感じますが。

ペリエ ノー。馬じゃない、馬はトレーナーによって変わるんだ。ということは言い換えると、トレーナーの腕が変わってきているということ。以前とはまったく違う。

ルメール たしかに、それはすごく感じるね。一回逃げて強い勝ち方をすると、次も『逃げろ』、その次も『逃げろ』ずーっと『逃げろ』って指示を出してくる。逆に追い込んで強い勝ち方をするとずーっと『後ろから』という指示が出る。一回成功すると同じパターンにハメようとするのが本当に不思議だった。でも今はそういう疑問に直面することは少なくなりました。

ペリエ 当たり前のことだけど、レースは毎回毎回違うわけだからね。

ルメール 競馬はゲームではないし、馬もロボットじゃない。たった一回の成功がその馬にとっての正解ということはありえない。パターンを決めず、そのときの状況によって柔軟に対応する、それが人馬の成長につながるんです。

ペリエ 今は若いトレーナーがスタッフのあらゆる意見を聞いて、結果につなげている。そういうコミュニケーションはいい馬をつくるうえでとても重要なことなんだ。それが少しずつ実を結び、大きな変化を生んでいるんじゃないかな。

ルメールが認める日本人騎手

??お二人が考えるジョッキーにとって一番必要な、名手の条件的なものとはなんでしょうか?

ルメール 自分に自信を持てること。ジョッキーはこの部分がかなり重要だと思います。

ペリエ そう、人間的にポジティブであること。そのゆとりが、出たとこ勝負での好判断を生む。

??ではズバリ、日本人ジョッキーでそれがあるのは誰でしょうか?

ルメール (即答で)ユタカさんですね。いい馬に乗っているのはたしかですけど、彼は非常にポジティブだし、精神的にもタフ。それに頭のなかに時計があるんじゃないか、と思うくらい正確なペースを刻んでくる。これはなかなかできるものじゃありません。

ペリエ 馬に競馬を教えるのも上手だよね。新馬戦とかで自然と気持ちのいいレースさせている。

??キッチリと期待にこたえてくれる両騎手には、日本にもたくさんのファンがいます。最後にメッセージをお願いします。

ペリエ 日本のファンは馬券を買わなくても競馬場に足を運んで応援してくれる。これはとてもありがたいこと。これからも熱いパフォーマンスで盛り上げていきますので、応援よろしくお願いします!

ルメール ファンの声援は選手を奮い立たせます。先ほど話した騎手に一番必要な自信、ポジティブな心をもらうことができる。だからいっぱい応援してください!

??本日はありがとうございました。

ペリエ&ルメール ドモ、アリガトウゴザイマシタ。



▼【関連リンク】
★月刊「UMAJIN」最新号の詳細はコチラ↓
http://shop.uma-jin.jp/

★月刊「UMAJIN」最新号のオンラインショップはコチラ↓
楽天ブックス→ http://books.rakuten.co.jp/rb/12755573/
セブンネット→ http://www.7netshopping.jp/magazine/detail/-/accd/1200944030/
Fujisan→ http://www.fujisan.co.jp/product/1281680751/

PAGE TOP