豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

コラム

2017/09/19  吉岡 司「Mr.パドック吉岡司の「注目2歳馬勝ち上がりチェック」」

[野路菊S]ワグネリアン ディープ級の活躍まで [2歳新馬]アンフィトリテ 父譲りの決め手が魅力

○9月16日(土) 阪神9R 野路菊S(芝1800m)
1着 ワグネリアン 福永騎手
牡2 栗東・友道厩舎

過去10年間で10頭が最高と毎年頭数が揃わず、今年も9頭と淋しいメンバーになった野路菊S。勝ったワグネリアンの強さだけが際立った一戦になった。

新馬戦同様450キロでの出走だったが、数字以上に体を大きく見せていた。2人引きで曳かれていたパドックでは、小脚を使って活気があり、至って順調のよう。改めて、身のこなしが柔らかくいい筋肉の持ち主だと認識させられる。返し馬でもやんちゃな面を見せていたように、気性面での課題は残っているが、まだ2歳馬だしこれから成長すればいいだけのことだ。実戦では、五分のスタートを切ったものの無理をせず7番手からのレース。掛かることもなく折り合いが付いていた。4角外から差を詰めて、直線ムチが入ってスパートしてラスト1Fから一気に引き離し、坂を上がってから持ったまま入線し、2馬身半の差をつけるのだからたいしたもの。重馬場で1分49秒3なら合格点。父ディープインパクト級の活躍をしても不思議はない。今後ますます楽しみになってきた。

▽【ワグネリアン】
父ディープインパクト
母ミスアンコール
母父キングカメハメハ
※祖母はシルクロードSなど重賞6勝のブロードアピール。

○9月18日(月・祝) 中山5R 2歳新馬(芝1200m)
1着 アンフィトリテ C.ルメール騎手
牝2 美浦・宗像厩舎

先週の新馬戦で一番インパクトのある勝ち方をしたのが、月曜中山5Rを制したアンフィトリテ。牝馬だけに464キロという馬体で十分ボリュームを感じた。サッサッと首を使って、キビキビとした歩様で周回できており、気持ちが前向きで初戦から力を発揮できるタイプ。筋肉はいかにも柔らかそうで、資質の高さは一目で判断できた。馬場入りしてからもパドックと同じ仕草で歩けていたし、なんらイラつく素振りがなかったあたりも好感。少し飛び上がるようなスタートを切ったものの、二の脚を利かして、中団の馬群の中から追走する。直線に向いてから外に出され、ラスト1Fでエンジンが掛かると一気に他馬を引き離して2着に2馬身差の完勝。勝ち時計1分9秒8は馬場を考慮しても速くはないが、34秒7のレース上がりを差し切るのだから、いい切れ味を持っているのは数字から判断できる。坂を上がってからの走りは牝馬とは思えない迫力があった。父がロードカナリアだけに距離には限界はありそうだが、なんにせよ父譲りの決め手は魅力。東京開催のアルテミスSでの走りを見てみたい。勝てば暮れの阪神JFの有力馬になる。負ければ1200mで巻き返せばいいだけのこと。今後が注目だ。

▽【アンフィトリテ】
父ロードカナロア
母アドマイヤフッキー
母父フジキセキ
※叔父にリアルインパクト(安田記念など重賞4勝)、ネオリアリズム(クイーンエリザベス2世Cなど、ここまで重賞3勝)ら。

■【UMAJIN POG】2017-2018シーズン 期待の新馬ぞくぞく登場! 参加受付中!

■[お友だち4万5000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■“旬”の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!

■【あの大人気競馬マンガが電子版で登場!】やまさき拓味『優駿の門アラブレッド』はAmazonにて絶賛発売中!

PAGE TOP