豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム

広告

コラム

2018/03/19  【月刊UMAJIN】編集部「【月刊UMAJIN】編集部通信」

[スプリングS]ステルヴィオ 課題は距離延長克服

○3月18日(日) 中山11R スプリングS(芝1800m)
1着 ステルヴィオ C.ルメール騎手
牡3 美浦・木村厩舎

皐月賞トライアル・スプリングSを制したのは1番人気のステルヴィオだ。プラス6キロの466キロでの参戦だったが、どこにも増えた印象はなかったしすべてが成長分。2人引きだったがハミを噛んで活気のある歩様で周回できていて、初戦から力を出せる仕上がりだった。返し馬でもバネの利いた走りで切れ味があるのも走法から推測できた。

レースでは少し気合いを付けられ中団からの競馬。4角を外から進出して、早めに先頭へ立ったエポカドーロをゴール寸前捉えての勝利だった。勝ち時計1分48秒1は標準的な勝ち時計。今後の課題は距離延長克服に尽きる。皐月賞後はNHKマイルCへ、という選択肢もありそうだ。

▽【ステルヴィオ】
父ロードカナロア
母ラルケット
母父ファルブラヴ
※一族に3冠馬シンボリルドルフ。

○3月17日(土) 中京11R ファルコンS(芝1400m)
1着 ミスターメロディ 福永騎手
牡3 栗東・藤原英厩舎

ファルコンSを制したのは3番人気のミスターメロディ。2週連続福永騎手を背に芝の本場馬で調整をしていて、厩舎の意気込みが感じられた。相変わらず柔らかい筋肉で資質の高さを確認。初の芝参戦だったが、肢先にも軽さがあってダートオンリーの馬には思えなかった。返し馬でのバネの利いた走りで動きも良好。

スタートは五分に出たが、無理をせず好位で折り合いに専念。4角も持ったまま回り、最後の1Fを過ぎてから先頭に立ってそのまま流れ込んで勝利を収めた。ただしパンパンの良馬場ではなかったことを考えても、勝ち時計1分22秒1は平凡。時計勝負にならず、流れが向いた感があり、すべての面で恵まれた一戦だった。次走が試金石の一戦になりそうだ。

▽【ミスターメロディ】
父Scat Daddy
母Trusty Lady
母父Deputy Minister

○3月17日(土) 中山11R フラワーC(芝1800m)
1着 カンタービレ M.デムーロ騎手
牝3 栗東・角居厩舎

フラワーCを勝ったのは、2番人気に支持されたカンタービレだった。マイナス6キロの428キロで出走となり、若干心配したが外見からは許容の範囲。首を伸ばしてリラックスして周回できていたし、中山への輸送をクリアできた印象だ。騎手が跨ってもテンションが上がることもなかったし、こういう気性だから実戦で100%力を発揮できる。

スタートは普通だったが、二の脚を利かして好位の内で脚を温存。直線向いて外に出され、坂下で先頭に立つと猛追してきたトーセンブレスをクビ差凌いで勝利となった。勝ち時計1分49秒2は及第点。負かしたト?センブレスは阪神JFの4着馬だから、この馬のレベルも高く評価したい。あとはどれだけ馬体面に成長があるかが、今後の課題になりそうだ。

▽【カンタービレ】
父ディープインパクト
母シャンロッサ
母父Galileo

■[お友だち5万5000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】

■“旬”の競馬情報を配信中!メルマガ「週刊UMAJINゴールド」はコチラ!


ネットで、馬券・車券を買うならオッズパーク!

PAGE TOP