UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

UMAJIN.net編集部

2021/11/25 13:30

【重賞出走馬追い切りレポート】ジャパンC/京阪杯/京都2歳S

302
●11月28日 ジャパンC(GI、東京、芝2400m)

■アリストテレス 松若騎手騎乗、栗東CW併せ馬。外から内2頭を追い詰める3頭併せ。直線半ばで取り付くと、そこから促され一気にギアチェンジ。鋭く切れて悠々最先着を果たしている。仕掛けを待てる余裕と、反応の機敏さは特筆レベルだ。上積み顕著で目下絶好調。【8】

■ウインドジャマー 木幡育騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。レイエンダらオープン馬2頭を前後に置いての3頭併せ。そこまでスパッとは切れなかったが、この馬なりにいい手応えを保ってそれぞれと併入している。久々の芝がどうかだが、状態そのものは悪くない。【6】

■オーソリティ 助手騎乗、美浦ウッド併せ馬。先週7Fからの時計を出しており、これが実質の最終追いだった。今週は外先導でゆったり入り、後方からの2頭を迎え撃つ格好。相手を待つ余裕を見せ、まったく楽な手応えのままそれぞれと併入している。半年ぶりの前走で快勝した反動は感じられず、好気配を維持。【7】

■キセキ 助手騎乗、栗東CW単走。先週和田竜騎手騎乗でCW6F79秒台を出しており、これが実質の最終追い。今週は息を整える程度の調整に留まっている。道中やや力んだものの、促されてからの伸びは力強かった。前走から一定の上昇は見込める。【6】

■グランドグローリー 助手騎乗、競馬学校ダート単走。体をすっきり見せており、追われての素軽さも上々。単走でも前向きさがあり、輸送の疲れは一切感じさせない。力をフルに出してきそうな雰囲気だ。【7】

■コントレイル 福永騎手騎乗、栗東坂路単走。まったくブレなく真一文字の勢いで登坂。ラストでは馬自ら気持ちを乗せて重心を沈め、回転を上げた。前走からしっかり回復を果たし、万全のデキで引退レースに臨める。【7】

■サンレイポケット 鮫島駿騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。前走時同様、坂の途中まで馬の後ろにつけラストでキャッチアップさせる調整内容。相手が稽古駆けする馬とあって手応えは見劣ったものの、しっかり併入に持ち込んでいる。絶頂と思えた前走ほどではないが、この馬なりの好調を維持。【6】

■シャドウディーヴァ 助手騎乗、美浦坂路併せ馬。先週横山典騎手騎乗で4F51秒9(馬なり)と速い時計を出しており、仕上がりはほぼ完了。今週は調整程度で、古馬2勝クラスを目標として終い重点に追われた。促されてやや素軽さを欠いたが、伸びそのものはスムーズ。デキ落ちはなく、順調といえる。【6】

■ジャパン 助手騎乗、競馬学校ダート併せ馬。23日、24日と白井の競馬学校で調整。連日ブルームが前、ジャパンは後ろという隊列で軽めの内容を消化している。24日の調整では若干ジャパンが手応えで見劣っていた。中5週、中3週と稼働しており日本への輸送を挟んでの中2週。さすがに上積みは強調しづらく、よくて平行線か。【5】

■シャフリヤール 川田騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。古馬2勝クラスに取り付き、リズム重視で併走。ラストは相手の勢いが勝っており突き放せなかったが、いい手応えを保って併入に持ち込んでいる。まだ良くなる余地は感じさせるものの、自分の競馬はできそうな雰囲気。【6】

■ブルーム 助手騎乗、競馬学校ダート併せ馬。23日、24日と白井の競馬学校で軽めの調整。両日ともジャパンを先導する隊列で進み、手応え優勢で併入している。活気、前向きさではジャパンよりも良く見えた。ジャパン同様の強行軍だが、気配は上々で自分の力は出せそうだ。【6】

■マカヒキ 助手騎乗、栗東坂路単走。1週前にCWでしっかり追っており、今週は無理をさせずラチ沿いを登坂。ややこぢんまりした動きに映るが、前走もこんな雰囲気だった。中間の本数は申し分なく、この馬なりに順調だろう。【6】

■ムイトオブリガード 助手騎乗、栗東CW単走。2歳未勝利を追走。直線に入ってもまだ差があったものの、グイグイ追われてギアを上げると一気に突き抜けた。相手の格を考えれば当然の先着だが、伸びそのものにかなりの迫力あり。休み明けから2回使われ本調子か。【7】

■モズベッロ 助手騎乗、栗東坂路単走。終いにグイグイ負荷を掛けられたが、反応は鈍く伸び切れなかった。先週の動きも平凡なもので、良化に手間取っている印象。【5】

■ユーキャンスマイル 藤岡佑騎手騎乗、栗東芝併せ馬。先週CWコースでかなりの負荷を掛けており、今週は疲れを残さないよう芝コースでの馬なり調整。先行させたオープン馬に取り付き、そのまま小気味よく伸びて併入フィニッシュとなった。前走時も気配そのものは上々で、その状態をしっかり維持できている。【7】

■ユーバーレーベン 津村騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。前後に馬を置き、直線では左右からタイトに挟まれる3頭併せ。機敏に手前を替え、抜群の手応えを保って1頭に先着、1頭と併入している。仕上がり途上だった前走時から一気に良化を果たしたようだ。【7】

■ロードマイウェイ 助手騎乗、栗東坂路単走。終い重点に追われ、やや反応にタイムラグはあったが力強い伸びを示した。休み明けを2回使われ、着実に前進。【6】

■ワグネリアン 戸崎騎手騎乗、栗東CW併せ馬。古馬1勝クラスを追い、直線では内へ。見せムチで気合いを入れられたがそこまで弾けず、結局クビ差届かずの遅れ入線に終わっている。先週の週なかに時計を出せていない点も気になるし、気配面は強調しづらい。【5】


●11月28日 京阪杯(GIII、阪神、芝1200m)

■アイラブテーラー 助手騎乗、栗東坂路単走。終い重点の内容で鞍上の促しにやや気難しさを見せたが、ギアが入ってからは力強く伸びた。前走時からの上積みを見込んでいい。【6】

■アウィルアウェイ 荻野極騎手騎乗、栗東坂路単走。終い重点の内容だったが、溜めたほどの切れがなかった。GIを走った疲れがまだ残っているのかも。気配面は強調しづらい。【5】

■アストラエンブレム 助手騎乗、美浦坂路単走。輸送を控えており、終い重点の内容。ややズブさは感じさせたが、年齢なりに稽古で動かなくなっており、問題ないレベルだろう。ここまでの本数は申し分なく、悪くない仕上がりだ。【6】

■エイティーンガール 秋山真騎手騎乗、栗東CW単走。テンション面を気遣って4Fからの時計で軽く伸ばした程度。鞍上の促しにスッと反応できていたのは好感が持てる。GIを使われた後だが、この馬なりに順調だろう。【6】

■オールアットワンス 助手騎乗、美浦ウッド単走。先週の3頭併せでしっかり負荷を掛けられており、輸送を控えた今週は脚慣らし程度の内容に留まった。他組の併せ馬を見ながらも変にエキサイトせず、4角を大きく回って直線に入ると滑らかに加速している。4か月ぶりの復帰戦にしては本数が少なく感じるが、小柄で仕上げやすいタイプなだけにこれで問題なし。さっそく力をフルに出してきそう。【7】

■サヴォワールエメ 辻野師騎乗、栗東坂路単走。先週CW3頭併せで速い時計を出しており、これが実質の最終追いだった。今週はリラックスムードでラストの反応を指揮官が確認する内容。意図した通り、力まずに素軽い動きを披露した。一連の好調維持。【7】

■シヴァージ 助手騎乗、栗東坂路単走。稽古駆けする馬らしく楽な手応えのままいい行きっぷりを示すと、ラストも馬なりで1F12秒2という上々の伸び。単走とは思えない気迫があり、気配は前走時以上か。【7】

■シゲルピンクルビー 渡辺師騎乗、栗東坂路単走。1週前にCWで負荷を掛けたのが実質の最終追い。今週は終いの切れに磨きを掛ける内容で、序盤は落ち着いて進み、ラストはこの馬らしく鋭い脚を見せた。リフレッシュ効果てきめんといった雰囲気で、さっそく能力全開となりそう。【7】

■ソーグリッタリング 藤井騎手騎乗、栗東CW併せ馬。古馬1勝クラス相手ではあったが、いい手応えを保って追走先着を果たした。先週までは重苦しさがあったが、ここへ来てようやく素軽さが出てきたか。前走よりいい状態で走れそう。【6】

■タイセイビジョン 幸騎手騎乗、栗東CW単走。いい前進気勢を見せて進み、ラストも手応えにお釣りを残して上々の切れを披露。5F64秒2(強め)は自己ベスト更新の数字だ。器用さを欠き状態の良さがレースの結果に繋がっていない状況が続くが、気配は高いレベルで安定。【7】

■ファストフォース 小崎騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。レース当週とは思えないほどに序盤からグイグイ押され、ラストは稽古駆けする相手をねじ伏せて抜け出した。先週も強く負荷を掛けられており、体調面には相当の自信がありそうだ。GI後とは思えない好気配。【7】

■ミッキーブリランテ 坂井騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。古馬1勝クラスを追い、楽な手応えで先着。稽古で動かない馬なりに、まずまずの気迫を見せた。先週の単走追いでもいい時計を出せていたし、この馬なりに順調。【6】

■ライトオンキュー 助手騎乗、栗東坂路併せ馬。稽古駆けする準オープン馬をねじ伏せるように抜き去り、先着を果たした。いささか急仕上げ気味だが、今週これだけ動ければ大丈夫。自分の競馬はできる態勢だ。【6】

■ラヴィングアンサー 助手騎乗、栗東坂路併せ馬。序盤から集中してスピードに乗り、ラストはさすがに止まり気味となったが、1F12秒7(一杯)でまとめてみせた。4F全体50秒8は自己ベスト更新の数字で、ブリンカー着用の効果てきめんといったところ。先週のCW追いでも活気あふれる姿を見せていたし、目下絶好調と言える。【8】

■レイハリア 助手騎乗、美浦坂路単走。1週前に坂路自己ベストを更新する稽古を消化しており、実質の最終追いは完了。関西への輸送を控える今週は調整程度だったが、ラストに気合いを入れられると鋭い反応から切れた。メリハリのある走りで、精神面はかなりいい状況のようだ。ほぼ万全。【7】

■レッドアンシェル 助手騎乗、栗東坂路併せ馬。2歳1勝馬を追走するも、手応え劣勢の遅れ入線に終わっている。先週のCW追いでは悪くない動きを見せていたが、まだ気持ちにムラがあるのかもしれない。よくて平行線といったところ。【5】


●11月27日 京都2歳杯(GIII、阪神、芝2000m)

■キャンデセント 福永騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。1週前のCW調教で自己ベストを更新。今週は終い重点で鞍上が反応を確認する内容だった。古馬1勝クラスにスッと取り付き併走。満を持してゴーサインが出されると、機敏にギアを上げクビほど抜け出した。中11週とは思えない気合い乗りで、さっそく力をフルに出せそう。【7】

■グッドフェイス 助手騎乗、栗東CW単走。中1週となるため14-14ペースで入り、終いだけを伸ばす調整。ラストで若干反応しきれなかったあたり、2戦使われた疲れがあるのかも。よくて平行線か。【5】

■シホノスペランツァ 浜中騎手騎乗、栗東CW併せ馬。オープン馬ジュランビルに取り付き、一杯に追われて併入に持ち込んでいる。手応えはさすがに見劣ったが、相手の格を考えれば上々の内容だろう。先週の単走追いでも鞍上と息が合っているところを見せたし、好仕上がりと言える。【7】

■ジャスティンロック 松山騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。相手が走らな過ぎた感はあるものの、オープン馬をアオって先着。ここまで意欲的に併せ馬をこなしており、体調は良さそう。順調と見ていい。【6】

■ディープレイヤー 助手騎乗、美浦ウッド単走。中2週で関西遠征を控えていながら、ウッド5F自己ベストの時計をマーク。10馬身近く先行していた年長馬を楽々追い詰め併入に持ち込んでいる。上積み顕著。【7】

■トゥデイイズザデイ 武豊騎手騎乗、栗東CW併せ馬。先週の3頭併せで自己ベストを更新。今週は終い重点だったが、それでも前向きさにあふれた入りから、ラストはオープン馬アイスバブルをあっさり突き放している。抜け出してからもフワッとさせないよう、鞍上がしっかり追えたあたり体調の良さを感じ取ったからこそだろう。余裕を感じた仕上がりだった前走時から、大きく上昇。絶好のデキと言える。【8】

■ビーアストニッシド 岩田康騎手騎乗、栗東CW単走。序盤はリズム重視で鞍上との息を合わせることに専念。仕掛けられたラストでスムーズにギアを上げ、鋭い伸びを示した。デビューから2戦を使われ、本調子にある。【7】

■フィデル 川田騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。終い重点に仕掛けられるとオープン馬ヴァルコスをあっさり突き放し、4馬身の先着を果たした。先週はCW6Fで80秒を切る速い時計を出しているし、爪不安で予定のレースを見送る一頓挫があったとは思えない好気配にある。【7】

■ポッドボレット 助手騎乗、栗東坂路単走。中2週とあって馬なり・単走の調整に留まったが、馬自ら気持ちを乗せて走れていたのは好感。前走から一定の上積みは見込める。【6】

■ライラック 石川騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。先週の3頭併せである程度速い時計を出しており、輸送を控えた今週は終い重点の内容。大きく先に行かせた2歳未勝利馬をアオり、相手に合わせるようにして併入した。良血馬らしく競馬センスが高そう。初戦よりいい気配と言える。【6】

<追い切り評価>は最終追いを含めた中間の調整全体の総合評価となり、10段階評価(10が最高、1が最低)です。
(Text:Nishimura)

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP