UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

田原基成

2021/10/14 18:00

マジックキャッスルほか、2021府中牝馬S出走予定馬18頭分析

390
・アカイイト
今年に入って馬券外なしと、本格化の兆しがうかがえる1頭。いずれは重賞でも通用する馬だと思われるが、過去10年の府中牝馬Sにおいて前走3勝クラスから臨んだ馬は【1-0-1-21】。馬券内の2頭(クロコスミア、スイートサルサ)には重賞での好走歴があった。前走垂水Sは展開が味方した感もあり、ここは試金石の一戦と言える。

・アブレイズ
メンバーレベルに疑問が残ったとはいえ、東京芝1800mは牡馬混合のオープン特別を制した条件。良馬場かつ斤量54キロ時の成績【3-0-0-2】を踏まえたとき、変わり身の可能性は十分だ。

・アンドラステ
昨年後半からは好走→凡走のリズムを繰り返す馬。順番通りなら今回は好走になるわけだが、前走を見る限りオール野芝の高速馬場は厳しい印象を受けた。距離短縮時に良績が集中している点から、ここで評価を上げるには至らない。

・サトノダムゼル
全4勝中3勝が重馬場という馬。良馬場想定の土曜東京は不適条件と言わざるを得ない。

・サンクテュエール
一変をはたした2走前には驚かされたが、当時は1000m通過60秒6のスローを好位追走の利があった。当時の再現を望むのは酷に映る。

・シゲルピンクダイヤ
古馬になって以降、中2カ月以上の休み明けでは【0-0-0-4】。再び間隔をあけたローテーションで臨む今回、勝負気配には疑問が残る。

・シャドウディーヴァ
昨年のこのレース2着馬。当時を含め、連対を確保した7戦中6戦が左回りという典型的なサウスポーだ。舞台適性は申し分なく、ここは勝利の期待がかかるが……勝ち切れなさの要因となっているのが上がり3F。好走時に上がり3F最速をマークすることはほとんどなく、イメージとは裏腹に立ち回りの上手さで勝負するタイプだ。仮に外めの枠を引いてしまうようなら、評価を落とすのも手だろう。

・スマートリアン
開幕週の中山芝1600mに加えて、大外枠を引いてしまった前走京成杯AH。惨敗も覚悟されるシチュエーションでの4着は上々の内容と言えるだろう。スイートピーS2着の条件なら軽視できない印象だが……過去10年の府中牝馬Sにおいて、前走京成杯AH組の成績は【0-0-0-7】。シゲルピンクダイヤやエーシンリターンズといったGI好走馬も掲示板外に敗れていたのだ。過大評価は避けたい。

・セラピア
オープンクラスでは【0-0-0-4】と厚い壁に跳ね返される現状。個人的にはダートを使ってほしいところだが……。

・デゼル
後方からの追走がデフォルトの馬。開催前半の東京芝でその脚質は不安がよぎるが、過去10年の府中牝馬Sにおいて上がり3F最速をマークした馬の成績は【4-2-2-3】。目下3年連続で勝ち馬を輩出しており、後方待機策が極端なマイナスとなる印象はない。【3-0-0-0】の芝1800m替わりで臨む今回、変わり身を警戒すべき1頭だ。

・ドナアトラエンテ
デビューから2勝クラスを卒業するまで、一貫して左回りの芝1800mにこだわっていた馬。その後は右回りも使われるようになったが、パフォーマンスを落としたのは右回りの2戦だった。左回りでは【3-4-1-0】馬券内率100%。鞍上にC.ルメールを配して臨むここは侮れない。

・フィリアプーラ
2年半以上にわたり、馬券内から遠ざかる現状。厳しい。

・マジックキャッスル
条件不問の安定感がこの馬最大の武器。冬競馬も広いコースも小回りも、どんな条件でも大崩れがない点は高く評価すべきだろう。過去10年の府中牝馬Sにおいて、前走クイーンS組は4年連続馬券内馬を輩出中。惜敗続きゆえ勝ち切るまではどうかも、極端に評価を下げる理由は見当たらない。

・マルターズディオサ
前走は道中の位置取りがすべてと言い切れる競馬。逃げ馬が2着に粘り、1枠の馬が勝利を収めたシチュエーションでは致し方ないだろう。実績を考えれば一変は可能だが、今年使われた3戦はいずれも掲示板外。暮れの阪神で2年連続好走歴がある点を考えたとき、狙いは冬競馬なのかもしれない。

・ミスニューヨーク
芝1800mでは【4-1-2-2】と安定した成績を残す馬。この舞台への参戦は陣営にとっても想定内だと思われるが、夏の小倉を2戦使われたのは同馬の適性=小回り巧者を見越したものだろう。一定の評価を下すべき1頭とはいえ、少なくとも近2走ほど向く条件ではない。押さえ程度が妥当か。

・リアアメリア
前走新潟記念は馬番フタ桁番の差し馬が上位を独占。その状況で内枠を引き、先行した同馬には厳しい展開だった。重賞での馬券内はスローの左回りに限定。特殊馬場の前走をノーカウントとしたとき、巻き返しがあっても驚けない。

・レッドベルディエス
重賞ではまったく歯が立たない現状。厳しい。

・ローザノワール
芝では【0-0-0-6】と良績に乏しい馬。ダート替わりを待ちたい。

【YouTubeチャンネル開設!サロンでは伝えきれなかったことを語ります】

【2021秋華賞全頭分析】白毛馬ソダシに死角はある?道悪で推奨の穴馬にも注目。S-Cランクで細かすぎる分析を敢行!

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP