UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

田原基成

2021/04/08 18:00

バスラットレオンほか、2021ニュージーランドT出走予定馬16頭分析

235
・アヴェラーレ
進路が狭くなるシーンがありつつ突き抜けた新馬戦、さらにはノーステッキの快勝だった前走。いまだ能力の底を見せない馬だ。中山替わりに距離延長と、今回この馬に立ちはだかる条件は楽ではない。それでも舞台替わりで切れ味が失われることは考えにくく、前走で道中通過順を上げることができたのは中山芝1600mを戦ううえで好材料。3連勝も不可能ではないだろう。

・ヴィジュネル
稍重-不良での成績【2-1-0-0】に対し、良馬場では【0-0-0-2】。良馬場での敗戦はいずれも勝ち馬と0秒5以上離されたもので、クラス通用には馬場の助けが必要だろう。好天予報の週末中山が合うとは思えない。

・ゲンパチミーティア
こちらも不良馬場で勝利を収めたように時計のかかるタフな馬場が合うタイプ。週末の中山はミスマッチだろう。

・ゴールドチャリス
オープンクラスでの好走は芝1200mに限定。厳しい。

・サトノブラーヴ
素晴らしい末脚だった前走だが、展開利があったのも事実。いきなりの重賞は楽ではないだろう。

・シティレインボー
これまで少頭数しか使われていない馬。フルゲートの中山マイルへの対応力にも疑問が残る。

・シュバルツカイザー
中山芝1600mを連勝と、コース適性はメンバー中随一。とはいえその2走の勝ち時計はお世辞にも優秀とはいえず、上がり3F4位以下と立ち回りの上手さでカバーした感は否めない。良馬場なら1分33秒-34秒台前半が濃厚なレース。持ち時計に一抹の不安が残る。

・スパークル
デビュー戦から条件問わず馬券内を確保し続ける馬。そのなかにあって馬場分類をすると、稍重での成績【0-1-1-0】に対し、良馬場では【2-1-0-0】。適性の所在は明らかだ。好天予報の週末中山の馬場に加え、これまで挙げた2勝はいずれも1000m通過60秒を切るラップ。ペースが速くなりやすいこの条件なら侮れない。

・タイムトゥヘヴン
皐月賞出走可能な賞金を満たしている馬だが、そちらに向かわずマイルを選択。この決断をどう捉えるかだが……中山芝での好走はいずれも4角2番手以内と先行力を発揮したうえでのパフォーマンスだった。1000m通過62秒6の超スローを先行しつつ掲示板外に敗れた前走はいただけない内容。時計勝負への対応力も含め、過信は禁物だ。

・ドゥラモンド
朝日杯FS、きさらぎ賞と掲示板外続き。重賞では厳しい印象は否めないが、2走前の朝日杯FSの走破時計1分33秒0は及第点をつけられるものだった。前走敗因を左回りに求めたとき、今回の舞台である中山芝1600mは2走前に勝利した条件。2021年の横山武史×手塚師の成績は【2-1-2-1】。巻き返しを警戒したい。

・トーセンウォーリア
中央転入後はこれといった見せ場なし。厳しい。

・バスラットレオン
前走は新人騎手の「ご祝儀」といえるようなレース。重賞で何度も好走した馬に52キロの斤量はさすがに楽すぎた。過去10年のニュージーランドTにおいて、前走1勝クラスを逃げ切った馬の成績は【0-0-0-8】。このなかには3番人気内に推された馬が4頭含まれており、前走の反動に注意したい。

・ブルーシンフォニー
デビューから一貫して左回りを使われ続ける馬。GI朝日杯FSをパスしてまでこだわるローテーションには陣営の意図があるのだろう。このタイミングでの右回り挑戦は「お試し」の意味合いが強い印象。ここは様子見が妥当か。

・ロンギングバース
芝1200mで挙げた2勝が1分9秒台超え。オープンクラスの2戦はいずれも掲示板外、クラス通用にはもう少し時間がかかりそうだ。

・ワーズワース
過去10年のニュージーランドTにおいて、前走ダート組の成績は【0-0-1-7】。唯一の馬券内馬ストーミングスターが好走した年は雨降りしきる馬場コンディションでの施行だった。パンパンの良馬場が見込まれる今年、未知の芝レースでのスピード不足を懸念してしまう。

・ワザモノ
中山芝1600mでは【1-1-0-0】連対率100%。コース適性は申し分ないが、2戦ともに内めの枠を引いた利を存分に活かしたパフォーマンスだった点は見逃せない。今回も枠次第。極端な外枠を引くようなら厳しいだろう。

【YouTubeチャンネル開設!サロンでは伝えきれなかったことを語ります】

【2021桜花賞全頭分析】ソダシに危険信号。サトノレイナスほか「勝っちゃうかも」と評したS評価の穴馬にも注目!全18頭にS-Cランクで細かすぎる分析を敢行!


【2021阪神牝馬S全頭分析】川田将雅×デゼルにS評価!マジックキャッスルは・・・全12頭にS-Cランクで細かすぎる分析を敢行!

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP