UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

覆面馬主7号

2020/12/20 01:11

朝日杯FS/阪神8R 3歳以上2勝クラスの予想

3191
それにしても今日はズタボロにヤラレタな。
なんかここまでズタボロだったのは久しぶりな気がする。

今までは土曜日良くて、日曜日の詰めが甘い…
みたいな感じが多かったけど、今週は逆か?それとも、そのままズタボロなのか?そのままズタボロは避けたいところだが、そんな土曜日だったにもかかわらず、朝日杯では「マン振り」で、穴馬に◎を打たせてもらった。


ただ、流石に今回は迷った。
いつもは妄想が暴走してるケースが多いので、悩むという事はほぼ無いんだけど、今回はマジで悩んだわ。

何に悩んだかと言えば、まずDATAや常識とはかけ離れてる馬だから。

まぁ、元々キチガイの7号から「常識」なんて言う言葉が出てくるとは思わなかったわ!

って笑われそうだが、

そんな俺でもね、それなりに過去のDATAとかって気になるわけですよ。

ただそんな俺にね、「7号お前は馬鹿か。そんな常識的な事は、今までも他の人がちゃんとやってくれてるじゃねーか、お前はバカ丸出しで突き進めばいいんだよ」ってね、リトル7号がささやくわけよ。

で、俺も、「ああ確かにね!」って、絶妙に納得しちまって、DATA通りに買うなら、ぶっちゃけ俺の動画やコラム要らねーもんな!ってことで、マン振り行くぞー!ってことで結論を出した。

つまりは今週も結局は妄想が暴走して仕上がってますよー!
DATAなんて無視!
常識なんて無視無視!
俺は買いたい馬から買うんじゃぁぁぁぁ!

という事で、朝日杯FSの最終結論!

そんな俺の予想に乗れるのか!
はいどん!

◎2グレナディアガーズ
〇13ホウオウアマゾン
▲8レッドベルオーブ
☆7ステラヴェローチェ
☆4ショックアクション
△15ロードマックス
△11バスラットレオン
△16スーパーホープ


ね。

お前マジか?
グレナディアガーズから入るの?

って思った方。
物凄く沢山いると思うんだわ。

だってね、前走未勝利組の戦績は「0-0-1-8」で最高3着でしょ。
そして、前走1400m組の戦績は「1-4-4-57」で、前走マイル組の「8-3-6-35」に比べたら、全くよくないからね。

知ってるよ、こういうDATA。
でもね、こんなデータ過去のデータなわけで、過去の未勝利馬8頭は全部グレナディアガーズよりも断然弱いし、「比較しても意味ないじゃん!こんなデータ要らん!」という事でね。

で、前走1400m組がマイル組よりも、劣っているという事も当たり前でね。

そもそも、新馬勝った後に牡馬が進む路線として、特に重賞勝ち負けになるとか、将来性高い馬ってのは、牝馬は別だけど、牡馬では基本的に1400にはいかないよね。

マイルや1800で新馬勝った馬が距離短縮するなんて基本的に無いからね。

つまり、牡馬なら、1200mで勝った馬とか、1400mで勝った馬が、1勝クラスの1400や京王杯2歳Sを使う事が多いわけで、しかも、レース自体も京王杯2歳Sとか秋明菊賞とかもみじSくらいしか無い訳でしょ。

1600で勝ったけど1400に行くというのは、そもそもその時点で短距離性能丸出しの馬が多いってことだよね。

つまりは、前走「1勝クラス以上の1400m」に使うという意味じゃ、1600m組よりも『マイル適性に限界を感じている可能性やポテンシャルに限界を感じている可能性が高い組』っていう事が1400m組の真実だろうから、これだけ実績に開きがあっても全然不思議じゃない訳だ。

ただ、それは「1勝クラス以上の1400m組」っていう意味に俺は捉えてる。

つまりは、グレナディアガーズは別。
新馬でだしぬけで負けて、勝ちに行って「ガッツリハミ噛んで力みまくって負けてしまった2戦目」が有ったので、朝日杯を目指せる選択肢の中で「まずは勝たないといけない」という事で、前走1400mを使っただけ。

そんなグレナディアガーズだが、一番解説しておかなくちゃいけないのが、「2走前の未勝利4着」のことね。

そのレースで「レッドベルオーブに惨敗」してるじゃん!
「距離1600mも長いんじゃないの?」と思ってる方。

かなり多いと思うんだよね。
先頭から1.2秒差の4着って完全に力負けジャン!ってね。

そこは、よくよくレースを見てもらえれば分かる。
まず、あの未勝利戦自体、レッドベルオーブとグレナディアガーズの2頭が断然に抜けた人気だったよね。で、ここで、川田騎手、相手にレッドを絞って、ゲートから出して行くわけ。

まずここが一つ重要なPOINT!
「出して行った」という事は、騎手心理として、「出して行っても掛からない」と思ってたと思うわけ。しかし、これがのちの大誤算に繋がるわけ。

このレース4頭で先行争いみたいな感じになるんだけど、川田は完全にレッドベルオーブ潰しじゃないけど、レッドを擦りに行こうとしてたんだよね。そこまでは良かったんだけど、ただ、誤算が一つ。外から逆に被せられて、つまりは、2頭に挟まれる形になって、擦りに行ったら擦られた挙句、逆に挟まれる最悪の隊列になっちまったんだよね。

その時点でガツン!とハミ噛んで力んだだけじゃなく、前へ前へかかっちゃったわけ。
レッドも頭とかあげてフワフワしてたんだけど、前に馬置けてた分マシで、もう、グレナディアガーズは、終始外目をまわって、前に馬も置けず、力みっぱなし。

で、なぜかこの辺のこと知らない人が多いと思ったら、「この掛かってる個所」がレース映像でちゃんと映ってないんだわ。後ろの方を映してたりして、画面が先頭に戻った時には、4コーナーで、そこから走りがバラバラになって失速するグレナディアガーズと、それを突き放すレッドベルオーブっていう箇所だけで、これだけ見せられたら「グレナ弱いぞ…」って思っちまうじゃん!って事。

川田には大きく2つの誤算があったね。

1、外から被されて自分も掛かっちまった
2、レッドがここまで強いと思ってなかった

しかも、新馬から少し間開けてたし、未来ある馬だし出来も8分程度だったわな。
それで、あそこまでかかれば失速してしかるべきで、これは勝ちに行ったがためによく起こる事象だと思って、この負けは度外視した方が良いと思ってる。

ただ、悪い事ばかりじゃなくて、前半かかってきつくなってからの左回りでの走りを見れたことで、いっぱいいっぱいになると左回りだとかなりフォームが乱れるよね、という事は分かったはず。更には、この馬前走見る限り、右回りの方が全然良かったね。

まじで、GIの予想をしているにもかかわらず、『もしかしたら、世の中で一番長く未勝利戦の回顧をしてるアホがこの俺』かもしれないけど、ここを見逃して、「ああ、レッドに大差で負けた馬ね」程度に思っていると、結構痛い目に合いそうな馬ですよ!という事は言っておきたいんだよね。

だからこそ、前走の圧勝は当たり前なわけで、能力ある馬が、たまたま新馬で取りこぼし、2戦目で少々自爆したという事。

ぶっちゃけ、このレースの2.3着はこの意味で『ほぼ漁夫の利での2.3着」だから、「この馬に負けた」という形で、比較対象のモノサシにするのは、非常にナンセンス。

そこで、このレースの大前提を一つ。

今年は、抜けた馬が居ない年

俺はそう思ってる。
なので、こんなDATAムシの買い方をするわけ。

その理由の筆頭として2つの理由がある。
それが全て『レッドベルオーブ』に対しての、懸念。


1、前走の反動による調整パターンの狂い
2、思ってるほど完成度が高い馬じゃない

という事。

1つ目は、追い切り過程見れば分かると思うんだけど、藤原厩舎の基本系は

2週前:まずまずの負荷
1週前:しっかり負荷
当週:調整

っていう感じでしょ。
それが、帰厩した最初の立ち上げの段階で『そーっと乗っている』ことから始まり、2週前でもまだ緩くて、1週前でもゆるい。それで、当週にいつもより強めというパターンに変えてきてる。

これは、藤原厩舎でいうところの『急仕上げ』の時のパターンね。
それでも、体は出来てるし、追い切りの動きも良かったから、流石藤原厩舎と思ったけど、『前走から思い描いて理想の中間を過ごせたわけじゃない』ということは覚えておいて欲しいという事。

で、2つ目が、追い切り後の藤原のテキのインタビューね。
GIは「心技体」が揃って初めて勝てますからね!

と言っていたコメントが、敗戦を語る上での前振りに聞こえちまって、なんか違和感を感じたんだよ。

今回の追い切りの動きを見て『体』は整いました!

なんて言ってたから、あれ?やっぱりそうなの?『心・技』には不安があるんか?と思っちまったんだよね。

確かに、この馬が完成度が高いと言っている人多いんだけど、俺も、それほど高いとは思ってない。
何度もレース見たから言えるが、頭上げたりフワフワ走ったり、つまりは福永と完全にコンタクトが取れて折り合ってるわけじゃないわけ。それでいて、レコードで勝ってきてる事で、コントレイルなんかと比較してるのかもしれないが、そこと比べるのはかわいそうだね。

でもそんな状況でレコード連発で勝ってるわけだから、ポテンシャルは2枚上なんだよね。
ただ、『心・技』に不安があるって考えてるし、そういう馬に福永でしょ。
最近炸裂させてないけど、福永スペシャル発動しちまっても責められないよな…ってね。
もちろん、ポテンシャルだけでブッコ抜いても驚かないけど、負けても驚かない。

そういう人気馬だからこそ、『抜けた馬が居ない』って言ってるんだよね。

それを全て含めての◎グレナディアガーズ!って事ね!

それと、土曜日の阪神を見る限りでは、ぶっちゃけミスプロ系とかストームキャット系とかよりも、いわゆる欧州血統を持つ馬の好走が目立ってたから、大分力の要る馬場にはなってるのかな?という意味で、この馬も母系は米国血統だけど、そこは先週勝ったソダシの父クロフネと同じで『ヴァイスリージェント系』だし、こっちは父フランケルってかんじなら、この血がここで騒いでくれないかな!という見方も含めて、狙ってみたい1頭なんだよね!

もちろん、軸では行きにくいわ〜という人も多いとは思うけど、それでも、相手の1頭に加えておいてもらえたら嬉しいね!

で、対抗。
対抗は、ホウオウアマゾン。
自在に立ち回れる馬だし、外目から動きやすい枠は良いし、こういうキレるタイプではない動かしたい馬に松山っていうのも、合ってるね!
新馬の頃からの成長度は抜群だし楽しみな1頭だよ!
本来軸にするならこの馬でしょ!とは思うけど、ここは対抗まで!

▲にレッドベルオーブ。
追い切りでの走りはほれぼれしたね!
ただ、上記した通りポテンシャルはあるけどポカもありそうなタイプ。
まぁ、それでも2枚上のポテンシャルがあって、今の出来なら圧勝してもおかしくないけど、多頭数になる今回は全幅の信頼まではという意味ではこの印まで。

で、☆には2頭。

ショックアクションに関しては、今までの新潟2歳Sの勝馬とはちょっと違うタイプで、休み明けだけど、しっかり成長してきて追い切りも抜群にいいですよ!ということ。中間に膝の具合が心配されたけど、レントゲンとか取ってみたら『全く問題なかった』という事で、ローテは狂ったけど、その後バリバリに乗りこめてるし、前走後も成長してるからいわゆる早熟系の新潟2歳S覇者じゃないよ!という判断。

ステラヴェローチェも素晴らしい追い切りで、前走2着のインフィナイトが阪神JFで惨敗したことを比較してレースレベルに疑問は呈したけど、この馬自身は別次元の勝ち方だったし、レースレベルは気にしなくていいかなと。出来自体は抜群にいい。あとは、この馬の口向きの悪さを含めた、乗り難さをこの多頭数でノリさんがどう捌くか?という不安点があるので、この印にしたという事。
その意味では、頭から惨敗まである評価が難しい馬だね。

そして△勢に関しては、母系にサドラーズウェルズを持った馬×ディープインパクト系というバスラットレオンとロードマックス、そして、母系が欧州系で父キズナのスーパーホープを押さえる。

バスラットレオンは追い切りがめちゃくちゃよかったし、今の馬場も合いそう。
ロードマックスも追い込み一発の魅力はあるので押さえたい1頭。
デイリー杯3着なのに人気無いスーパーホープも相手なりに走るから、押さえておく!

以上が朝日杯FSの最終結論。

◎2グレナディアガーズ
〇13ホウオウアマゾン
▲8レッドベルオーブ
☆7ステラヴェローチェ
☆4ショックアクション
△15ロードマックス
△11バスラットレオン
△16スーパーホープ

買い方
穴から入るから少々手広くいかせてもらうが、こんな感じで買いたい。

【単勝】2(1点)
【複勝】2(1点)
【ワイド】2=13.8.7.4.15.11.16(7点)
【3複F】2.13=2.13.8=2.13.8.7.4.15.11.16(16点)
【3単】2→13.8.7.4→13.8.7.4.15.11.16(24点)
【3単】13.8.7.4→2→13.8.7.4.15.11.16(24点)
【3単】13.8.7.4→13.8.7.4.15.11.16→2(24点)

朝日杯は以上!
続いて、自信の1鞍!
ここは狙っていきたい1頭が居る!

阪神8R
◎1ベイコート
この馬、ぶっちゃけ全く人気無いと思うんだけど能力ある馬。
3走前に下したシネマソングスは直後のレースで勝って、その後も2勝クラス3勝クラスを連勝で突破したOP馬。斤量差はあったけど、それだけの馬を相手に立ち回った事に価値あるし、まだ2勝クラスなら一発の魅力を秘めてる。元々使い込めない馬だし、リフレッシュ直後が一番いい。前走の敗因はレース中の骨折だから度外視。ムラのある馬だからイチかバチかの自信の一鞍ではあるけど、良馬場ダートで1分44秒7の時計を持ってる馬だし、坂路で乗り込んで仕上がりも悪くない。
狙ってみるぞ!

◎1ベイコート
〇7ペイシャノリッジ
▲6アドマイヤビーナス
☆4プリティーチャンス
注11ラブリーイレブン
△14タガノエルフ
△12スマートアリエル

買い方
【単勝】1(1点)
【複勝】1(1点)
【ワイド】1=7.6.4.11(4点)
【3複】1=7.6.4.11=7.6.4.11.14.12(14点)

日曜日の勝負はこの2鞍だ!
あと、いつもオマケで公開してる俺の注目馬だけど、日曜日は微妙な感じだからパスするぞ。
パドック見て、これは買い!という馬は急遽呟くかもしれないから、Twitterの更新は気にしておいてね!

つまり!オフレコ馬券は『来週』という事ね!
来週は、ホープフルS、有馬記念、オフレコ馬券と大忙しだぞ!
だからこそ、日曜の『穴狙い2鞍』どっちかハマってほしいんだけどなー!

とはいえ、競馬は楽しむぞ!

 

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP