UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

アシタカ

2020/04/08 16:15

【この人気なら買い】大井11R 東京スプリントの予想

1278
ホッと胸を撫でおろしたのが正直なところ。

本日、TCK、そしてJRAの無観客競馬の続行が発表された。

ギャンブル絡みの話題は少なからず世論から反発を招くものだが、TCKは23特別区に財政貢献し、JRAも国庫納付金として年間約3000億円を国に渡す形。

税収の面もそうだが、現在の情勢下、数少ない“娯楽”としての役割もさらに大きくなったような気がする。

これも競馬主催者、多くの関係者の努力の賜物だろう。

我々もさらに“馬券を買って応援”といきたいところだが、やはり馬券を買うには相応の払戻金も狙いたい。


さて、本日は大井競馬でダートグレード競走の東京スプリントが行われる。

人気は充実一途な4歳馬ジャスティン、昨年のJBCレディスクラシック優勝馬のヤマニンアンプリメ、昨年のJBCスプリント覇者ブルドッグボス、そしてお馴染み藤田菜騎手とのコンビを再結成するコパノキッキングの4頭だ。

千葉Sの3馬身差快勝が評価され、15時時点で4歳馬ジャスティンが2番人気に推されている状況ではあるが、同馬はゲートの駐立やテンション面に少なからず課題を抱えている状況。

今回は初の大井競馬&ナイター競馬替わりでもあり、様子をみたいところ。

確かに大井で活躍した坂井英現調教師の息子・坂井瑠騎手が重賞Vとなれば話題にはなりそうだが・・・。


本命には今回仕上げ直しの形となるものの、地方のダートでは一切崩れていない◎4番ヤマニンアンプリメを推したい。

当初は根岸Sに出走を予定していたヤマニンアンプリメだが、調子が上がらずに同レースを回避。その後はいったん放牧に出され、再入厩後は1カ月近くかけてみっちり乗り込まれてきた。

JBCレディスクラシック時を10とすれば9分程度の仕上がりだろうが、5カ月ぶりでもきっちり力は出せる態勢だと判断したい。

同馬はシニスターミニスターの産駒で、全体的にゴツいつくりではないが、胸前の発達と、胸の深さが目立つ馬だ。胸前の発達はダートを掻き込む必要がある前脚の強さに直結し、胸が深い馬は心肺機能が高い証拠と言える。

牡馬相手に56キロの斤量は楽ではないが、高い心肺機能を活かしつつ、重賞【3.2.2.1】の安定感をきっちり発揮してくれれば、勝ち負けが見込めるはずだ。実績最上位ながら5カ月ぶりが少し嫌われ、ある程度のオッズが見込める点もいい。


〇7番ブルドッグボスは8歳になったが、常に若々しい姿をする馬だ。全体的にガッチリ詰まっていて、背が短く適性ははっきり短距離。13着に敗れたフェブラリーSは距離が長すぎただけに参考外の一戦だろう。重賞で好調が続く天才・御神本騎手の手腕にも注目。


▲9番コパノキッキングは今回ヤマニンアンプリメ、ブルドッグボスに比べ斤量面は恵まれた形。自分の形に持ち込めれば実績を残す大井ダ1200mだけにあっさりまでありそうだが、気になるのは最内に入ったジャスティンの出方。

勿論、番手からの競馬も可能な馬だが、ジャスティンにハナを譲り番手以降の競馬になった場合はヤマニンアンプリメ&武豊騎手にガッチリマークされそうな気がする。競り合いになった際が少しだけ心配だ。


☆評価は前述の1番ジャスティンとしたが、ここは3頭の競馬になりそうで3着までとして考えたい。
ほかに3番キャンドルグラス、8番サブノジュニア、11番ノボバカラが3着候補。


馬券は◎4番ヤマニンアンプリメの単複を中心に、同馬を軸とした馬単、3連複で勝負。

《大井11R 東京スプリントの最終結論》
◎4ヤマニンアンプリメ
〇7ブルドッグボス
▲9コパノキッキング
☆1ジャスティン
△3キャンドルグラス
△8サブノジュニア
△11ノボバカラ

【単勝】4(1点)
【複勝】4(1点)
【馬単/マルチ】4⇔7,9(4点)
【馬単/マルチ】7⇔9(2点)
【3連複/フォーメ】4,7-4,7,9-4,7,9,1,3,8,11(13点)

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP