UMAJIN.net

競馬サロン

調教ライター 西村武輝

2024/05/16 13:08

オークス2024 【調教】全18頭調教診断レポート【重賞深掘りPROJECT】

242
2024年4月「競馬をより深く楽しんでいただく」ため新たなPROJECTがスタート!
その名も「重賞深掘りPROJECT」。

重賞のことなら「ここを見れば完璧!」と言っていただける『重賞コーナー』に育てていくことを目指します!
『重賞深掘りPROJECT』では血統、DATA、馬体、追い切り、情報の5大ファクターを中心にその道のプロが各重賞の最終結論まで導き出していきます。

『重賞深掘りPROJECT』深掘り隊の今後の活躍にどうぞご期待ください!

---------------------------------

【競馬サロン】読者の皆さん、こんにちは。

調教ライター・西村武輝です。

今週も「週末重賞全頭追い切りレポート」を公開いたします。

さあいよいよ牡馬牝馬の世代最強決定戦ですね。今週は3歳女王決定戦「オークス」ですね。

ほとんどの馬にとって未知の芝2400mを前に、各陣営が様々考えを巡らせて調整に臨んでくるレースですが、やはり直前は折り合い、落ち着きをしっかり意識した馬が好走する例が目立ちます。

昨年、15番人気⇒3着と大激走したドゥーラも1週前にハードに追われ、最終追いは坂路4F55秒2(馬なり)と拍子抜けするような緩い時計でした。このメリハリが重要ということでしょう。斎藤新騎手が中間の調整に付きっ切りで、操縦性などを掌握していたのも大きかったかもしれません。

週末にはこの「調教診断」を軸として調教ライター・西村武輝の「印・見解・買い目」を公開する重賞の最終結論コラムもお届けいたします。こちらもどうぞご期待ください。

それでは以下「オークス」全頭追い切り診断となります。


●5月19日 オークス(GI、東京、芝2400m)

■アドマイヤベル 助手騎乗 美浦ウッド単走 1週前、横山武騎手騎乗の併せ馬である程度速い時計を出しており、今週はソフト調整に徹した。いわゆる70-40ペースで時計に派手さはないものの、前向きさと落ち着きを同居させ、直線では弾力性に富んだフットワークから滑らかに伸びた。疲れは感じさせず、高いレベルで好調維持。【7】

■ヴィントシュティレ 北村宏騎手騎乗 美浦坂路単走 日曜にウッドで速い時計を出したのが実質の最終追い。今週は坂路単走で鞍上が反応を確かめる程度だった。やや行きたがっていたが、脚はまずまず溜まっており馬なりのまま駆け抜けている。前走が余裕残しの状態だったようで、そこから一定の前進はあるのでは。【6】

■エセルフリーダ 助手騎乗 美浦ウッド併せ馬 3歳未勝利を追走し、速いラップを刻んでいく意欲的な調整。直線半ばで抜け出してからも気を抜かせないようグイグイと追われ、2馬身の先着フィニッシュを果たしている。先週今週と余念なく負荷を掛けられ、走れる状態に仕上がったか。【6】

■クイーンズウォーク 中内田師騎乗 栗東坂路単走 先週CW併せ馬で速い時計を出しており、関東への輸送を控える今週は息を整える程度の内容に留まる。時計は平凡そのものだが、ある程度馬場が荒れた時間帯でもブレずに力強い踏み込みができていたのは好感。落ち着きも十分で、好気配と言える。【7】

■コガネノソラ 助手騎乗 美浦ウッド併せ馬 古馬2勝クラスを1秒以上先に行かせて追走。巧みなコーナーワークで取り付いていき、直線半ばで抜け出すとそのまま勢いを失わず鋭く伸びて1馬身の先着とした。いかにも精神面で充実しているようだし、前走が接戦だった反動は感じられない。高いレベルで安定。【7】

■サフィラ 助手騎乗 栗東坂路単走 前方を行く別厩舎の馬を視界に入れつつ、序盤は我慢をさせる内容。まずまずの折り合いで進み、ラストは溜めたほど弾けなかった印象も、素軽さは十分に残っていた。立て直し途上でまだ良化の余地は感じるが、ひとまず走れる状態。【6】

■サンセットビュー 助手騎乗 栗東坂路単走 敢えて混雑した時間帯に追い、実戦感覚の鍛錬を意識したか。やや気負いがあり、仕掛けへの反応もそこまで鋭くはなかったが、ラストの伸びそのものは上々。極端なデキ落ちはなく、順調な部類。【6】

■ショウナンマヌエラ 助手騎乗 栗東坂路単走 気負いがあるのか全体的に重心が高く、加速してさらに頭が上がるような感じ。ラストも素軽さに欠け、仕掛けられてようやくジワッと伸びるという雰囲気だった。本数自体はこなせており健康状態こそ悪くなさそうだが、精神面でどうか。変わり身は強調しづらい。【5】

■スウィープフィート 助手騎乗 栗東坂路単走 大混雑した走路を前向きさにあふれた雰囲気で登坂。パワフルなフットワークで進み、ラストでは機敏に手前を替えるとさらにひと伸びして駆け抜けた。前進気勢が強そうなあたりが一抹の懸念も、体調面や気迫の面は申し分なし。好調。【7】

■ステレンボッシュ 助手騎乗 美浦ウッド併せ馬 大きく先行させた2頭を追走する3頭併せ。先行2頭が道中からペースを上げたことで、差は大きく開いた状態でコーナーを迎えたが、ステレンボッシュは柔軟に対応しスルスルとギアを上げていく。ラストは1頭に併入、1頭にはわずかに遅れたが追走差とペースチェンジのことを考えればまったく問題ない。1週前の動きも圧巻だったし、万全の態勢。【7】

■タガノエルピーダ M.デムーロ騎乗騎乗 栗東CW併せ馬 折り合い重視のペースで3歳1勝馬に取り付いていく内容。直線半ばで抜け出しに掛かるが、そこで鞍上がセーブして相手を待ち、再加速して併入とした。鞍上の指示にピタッと従える操縦性の高さには好感が持てる。好気配。【7】

■チェルヴィニア 助手騎乗 美浦ウッド併せ馬 木村厩舎流、左右の間に割って入る3頭併せ。軽快な脚捌きでコーナーを通過し、2頭の間に割って入る際の気迫も上々。敢えてワンテンポ仕掛けを遅らせたが、いざ促されてからの伸びは鋭く楽々左右2頭と併入とした。1週前追いで遅れ入線に終わっていたが、この動きなら問題なし。持てる力をフルに出せそう。【7】

■パレハ 騎手候補生騎乗 栗東坂路併せ馬 馬の後ろでじっくり我慢させ、坂の途中で仕掛けて抜かせる内容。そこまでの機敏さはなかったものの、気持ちを乗せて力強く踏み込み、相手をねじ伏せるようにしてクビほど先着を果たした。先週は僚馬をアオれていたし、華奢なこの馬なりに一定の上積みはありそう。【6】

■ホーエリート 原騎手騎乗 美浦ウッド単走 1週前に速い時計を出しており、今週はリズム重視で鞍上とのコンタクトを深めることに専念。やや行きたがるような素振りもあったが、許容範囲だった。ラストはワンペースながらも素軽さを十分に保って駆け抜けている。中8週を考えれば悪くない仕上がり。【6】
 
■ミアネーロ 津村騎手騎乗 美浦ウッド併せ馬 古馬オープン・パライバトルマリンを追走し、直線入口で取り付いていく。早めに鋭く抜け出し、そこからも気持ちを維持して伸びる。仕掛けられた相手が盛り返しての併入だが、手応えの違いは歴然。外めを回り無理せずラスト1Fは10秒9(ゴール前仕掛け)をマークしている。前走時も動きの良さが目立っていたが、今回はもう1段階上か。絶好の仕上がり。【8】

■ライトバック 助手騎乗 栗東CW併せ馬 2頭を大きく先行させて追走。外の1頭は先に行き過ぎたため、内の1頭を外からマクる形となった。序盤はやや力みがあったが、なんとか制御。内の3歳未勝利馬を手応え圧倒で抜き去り、これに3馬身半差の先着を果たした。テンションの面はどうかも、体調面は悪くない。順調と言える。【6】

■ラヴァンダ 田中健騎手騎乗 栗東坂路併せ馬 古馬1勝クラスに取り付き併走。終始手応えで圧倒し、ブレのない集中した走りで登坂。最後は滑らかにギアを上げ、スパッと切れて1馬身半差の先着とした。加速ラップで締めくくれたあたりも好感。よく見えた前走時以上の状態かも。【7】

■ランスオブクイーン     横山和騎手騎乗、栗東CW併せ馬。3歳オープン・コトホドサヨウニを追走。序盤はゆったり入り、ラストは自然体のまま切れ勝ちして半馬身ほどの先着としている。時計は平凡だが、前走時もこのぐらいの攻めで勝っていたので問題ないだろう。中2週での東京遠征ながら、中間CW併せ馬2本消化で体調面は安定か。自分の競馬はできそうだ。【6】

<追い切り評価>は最終追いを含めた中間の調整全体の総合評価となり、10段階評価(10が最高、1が最低)です。

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
重賞深掘りプロジェクト TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP