UMAJIN.net

競馬サロン

UMAJIN.net編集部

2024/04/15 17:00

【今週の重賞】[マイラーズCほか]セリフォスとソウルラッシュの一騎打ちか?

87
【今週の注目重賞】
■マイラーズC

4月21日(日)、京都競馬場で第55回・マイラーズC(4歳上、GII、別定、芝1600m)が行なわれる。優勝馬には安田記念の優先出走権が付与される。

今年はセリフォス(牡5、栗東・中内田)が1番人気に支持されそう。新潟2歳S、デイリー杯2歳Sと2歳重賞を連勝し、朝日杯FSでは2着に好走。3歳秋には富士Sを制して古馬重賞も勝利し、続くマイルCSも優勝してGIウィナーの仲間入りを果たした。4歳以降は順調に使われなかったこともあり勝ち星はないものの、ハイレベルな安田記念で2着に好走するなど底を見せたようには映らない。今回は仕上がりがよさそうで、ひさびさの勝利に期待がかかる。

最大のライバルはソウルラッシュ(牡6、栗東・池江)。一昨年、阪神で開催された当レースを4連勝で制して重賞初優勝。その後は善戦するも勝ち星からは遠ざかっていたが、昨秋の京成杯AHで1年半ぶりに勝利の美酒。続くマイルCSも2着に好走した。そのマイルCSと次戦・香港マイルではセリフォスに先着しており、本馬にも勝機は十分あるだろう。

コレペティトール(牡4、栗東・中竹)は上昇中の一頭。昨年暮れに9番人気で元町Sを勝ってオープン入りすると、続く京都金杯も8番人気で勝利して重賞ウィナーとなった。ただし京都金杯は54キロの軽ハンデに加えて、開幕週の内伸び馬場で岩田康騎手十八番のイン突きが完璧にハマったもの。強敵相手の別定GIIでどこまでやれるか、ここはまさに試金石の一戦だ。

ソーヴァリアント(牡6、美浦・大竹)はポテンシャルだけなら他馬にヒケを取らない。チャレンジCをいずれも高いパフォーマンスで連覇。ほかにもセントライト記念2着、札幌記念と富士Sで連続3着など、重賞実績はメンバー上位に入る。一方で1番人気に支持された中山記念や鳴尾記念では大敗を喫するなど不可解な走りも多く、安定性には著しく欠ける。ここでも上位争いをできる力はあると思うが、結果は走ってみなければわからない。

そのほかには、前走ダービー卿CTで1年ぶりの好走(2着)を果たしたNZT優勝馬・エエヤン(牡4、美浦・伊藤大)、今回は去勢明けの初戦となるリステッド2勝馬・エアロロノア(セ7、栗東・笹田)、OP入り3戦目の六甲Sを勝利したボルザコフスキー(牡5、栗東・清水久)、京都金杯で2着のセッション(牡4、栗東・斉藤崇)と、同3着のトゥードジボン(牡5、栗東・四位)なども出走を予定している。

【そのほかの重賞】
■フローラS

4月21日(日)、東京競馬場では第59回・フローラS(3歳、牝馬、GII、馬齢、芝2000m)が行なわれる。2着馬までにオークスへの優先出走権が付与。主な出走予定馬は、新馬、水仙賞と無傷の連勝中のクリスマスパレード(牝3、美浦・加藤士)、フリージア賞2着、百日草特別3着と、牡馬混合の特別戦で好走を重ねるアドマイヤベル(牝3、美浦・加藤征)、未勝利と1勝クラスを連勝中のコガネノソラ(牝3、美浦・菊沢)、1、2着馬が次走・スプリングSでも好走した若竹賞で3着に入ったトロピカルティー(牝3、美浦・林)、ホープフルSを勝ったドゥラエレーデを兄に持つ良血・バロネッサ(牝3、美浦・田中博)など。

■福島牝馬S
4月20日(土)、福島競馬場では第21回・福島牝馬S(4歳上、牝馬、GIII、別定、芝1800m)が行なわれる。優勝馬にはヴィクトリアマイルへの優先出走権が付与。主な出走予定馬は、昨年の阪神牝馬Sをはじめ牝馬重賞で3着が3度あるコスタボニータ(牝5、栗東・杉山佳)、阪神JF2着、中山牝馬S3着の実績があるシンリョクカ(牝4、美浦・竹内)、前走・初富士Sを勝って古馬OP入りしたグランベルナデット(牝4、美浦・大竹)、フラワーC勝ち馬・エミュー(牝4、美浦・和田郎)、前走・小倉日経OP3着で復調気配にある、シンザン記念優勝馬・ライトクオンタム(牝4、栗東・武幸)など。

(Text:Hattori)

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP