UMAJIN.net

競馬サロン

覆面馬主7号

2024/03/02 21:21

弥生賞の予想

141
今日のチューリップ賞は桜花賞に繋がるのか?
ここ5年の桜花賞におけるチューリップ賞組の成績は「0-5-3-18」で勝ち馬こそ出てはいないんだけど、それなりに馬券に絡んでるんだが、今年はちと疑問符が付くかなぁ。
まだFレビューもあるし、どんな桜花賞になるか楽しみだね。

さて、明日は弥生賞。
皐月賞に直結するレースじゃなく基本的にはスローからの上り勝負になりやすいのが弥生賞。
タフな流れになる皐月賞とは対照的なLAPになるんだけど、とはいえ弥生賞組の皐月賞での成績は勝ち馬こそ出てないけど【0-5-2-33】とそれなりに馬券にはなってるんだよね。

そんな本年のクラシックを見据えた一戦。
どの馬から入るか。

結論から。

◎10ファビュラススター!
前走の直線でのヨレ方を見てもまだまだ粗削りで、ポカもありそうなタイプではあるんだけど、その分スケール感を感じるよね。
前走のヨレる前の抜け出す時の脚は相当なもんだったし、使われて更に状態がアップしている今回、相手も強くなるけど狙いたい一頭だなと。
追い切りではコーナーから抱えられたまま抜群の手応えでコーナーを立ち上がり、軽く仕掛けられると抜群の伸びで真一文字に突き放す圧巻の追い切り。
モタれる面も見せず、素晴らしい追い切りだったね。

そもそも新馬戦では京成杯を勝ったダノンデザイルに影も踏ませなかった。
そのダノンデサイルは京成杯で〇評価に抜擢してたが、その評価にした理由が「京都2歳Sで直線進路が無くなって外に振って伸びてきた脚が、シンエンペラーと同等だったから」という理由だったわけだけど、つまりは、ダノンデサイルをモノサシにすれば、ファビュラススターはシンエンペラーよりも上の可能性があると見立てたわけだよね。

ここまでの2戦も素晴らしいけど、まだまだ未完の馬だし、スケールの大きな走りをここでも見せて欲しい。

結論
◎10ファビュラススター
〇9ダノンエアズロック
▲5シンエンペラー
☆6トロヴァトーレ
△7コスモキュランダ
△3シュバルツクーゲル
△1アドミラルシップ

対抗〇はダノンエアズロック。
脚長だけど背中は短めでゆくゆくはマイルあたりで走るのかなと思わせる馬。
レガレイラに勝ったアイビーSはやはり評価できるし、ここでも勝負になるでしょ。
個人的にはこの馬に◎を打つか最後まで悩んだんだけど、距離の壁があったらいやだな…ということで対抗。

▲にシンエンペラー。
まだまだ強くなりそうでこの馬もまだ粗削りだよね。
ただ、個人的に、あまり走り方が好きなタイプではないということもあっていつもこの辺の印に落ち着いちまう。
が、力は認めている。今回は本番に向けてお釣りを残した仕上げだし凡走は無いと思うけど、それも含めて▲まで。

☆トロヴァトーレ。
上記して来た3頭に比べると、いわゆるトライアルホース的な臭いがする馬だとは思っている。
器用で瞬発力と回転力でスピードを出すタイプだよね。
ただ追われてからの肩から前脚の伸びやかさがもう少しあると大好きなんだが、そこがもう少し欲しいなと。

上位4頭の評価に関してはこんな感じ。
△勢が穴候補なんだけど、前目で立ち回れるシュバルツクーゲル、自在に立ち回れるコスモキュランダ、前走は度外視して人気落とすならアドミラルシップという感じで抑える。

買い方
【単勝】10(1点)
【馬連】10=9.5.6(3点)
【3複】10=9.5.6=9.5.6.7.3.1(12点)
【3単】10→9.5.6→9.5.6.7.3.1(15点)
【3単】9.5.6→10→9.5.6.7.3.1(15点)
【3単】9.5.6→9.5.6→10(6点)

弥生賞は以上!

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP