UMAJIN.net

競馬サロン

田原基成

2023/12/02 18:43

【チャンピオンズC】混戦ムードを断つ「2.4.0.0」 昨年のリベンジへ、本命に迷いなし

130


「中京ダート1800m」
「先行馬」
「冬競馬の適性」

チャンピオンズCの攻略ポイントは、この3点に集約される。

例えばコパノリッキー。充実期を迎えた同馬を惨敗へと追いやったのは2014年の当レース。馬番フタ桁番を引き当てた影響もあり、スタートでジ・エンド。当舞台の重賞・東海S3着実績があるホッコータルマエが混戦を制し、人気薄の2着ナムラビクターも当舞台の勝利実績馬だった。

記憶に新しい昨年は、先行馬が上位のほとんどを占めたレース。

勝ったジュンライトボルトはさておき、2-5着馬はいずれも4角4番手以内を進んだ先行馬。「差されそうで差されない」のが中京ダート1800mの特徴だ。出走登録があったパンサラッサ、プロミストウォリアの逃げ馬2頭は出走せず。例年よりペースが落ち着く可能性が高くなった事実は見逃せない。

加えて強調したいのが冬適性。

アナザートゥルース、アスカノロマン、2020年のインティをはじめフタ桁人気馬による激走はいずれも冬重賞の連対実績あり。もっと言えば、前述3頭は冬の中京ダート1800m連対馬。事実を積み重ねることで、だんだんと結論が見えてくるようだ。

「中京ダート1800m」
「先行馬」
「冬競馬の適性」

再び冒頭の話に戻る。この3つのうち、ひとつでも当てはまらない有力馬はレモンポップとセラフィックコール。私が本命を「打たない」2頭だ。コパノリッキーの項で示した外枠を引いた不運も含め、狙うべき馬は他にいる。

私が白羽の矢を立てたのは、クラウンプライド。

昨年のこのレース2着馬。当時は4角2番手から上がり3F2位をマークと普通なら勝っている内容も、勝ち馬の決め手に屈する形となった。それでも「勝ちに等しい負け」と言い切れるパフォーマンスだ。

今回はコリアCからの参戦。JBCクラシック参戦のプランもあったとのことだが、休み明けでの良績が目立つ馬だけにむしろプラスと捉えたい。川田将雅騎乗の2走前から終いの切れ味が増している感もあり、仮に前が速い展開なら差す競馬でもOK。両サイドの出方を確認できる5枠9番は絶好枠と私は判断する。

中京ダート1800mは【1-1-0-0】。
国内で4角4番手以内は【2ー4ー0ー0】。
冬の中京ダート1800m連対歴あり。

「チャンピオンズC好走3箇条」を満たすクラウンプライドの本命に迷いはない。

相手本線にはテーオーケインズを。

週中から評価を上げた形だが、一昨年のこのレース勝ち馬。6馬身差圧勝の当時は文句のつけようのないパフォーマンスだった。リピーターの好走が目立つ性質に加えて、今回がラストランの予定。渾身の仕上げに内枠の利が加われば再度の戴冠も見えてくる。

ハギノアレグリアスも侮れない。

前走は斤量58.5キロをものともせず勝利。当時の2着馬アイコンテーラーが次走JBCレディスクラシック勝利ならレースレベルも一定のものが保証されそうだ。今週末はパサパサに乾いたダートが予想されるが、この馬の良馬場ダート1800m成績は【2-2-0-0】連対率100%。アナザートゥルース、アスカノロマンなど人気薄激走が目立つ東海S連対馬でもあり、軽視は禁物だ。

さらにはメイショウハリオ。

実績のある大井ダート2000mで施行された前走JBCクラシック。結果は勝ち馬と大きく離された4着と、得意条件を思えば物足りなく思えてしまうが……当時が休み明けローテだった点は見逃せない。叩き2戦目ローテでは【3-0-2-1】とほとんど大崩れなし。大出遅れのフェブラリーSも3着に入っており、内めの枠を引き当てたので穴妙味は増す。

【中京11R チャンピオンズC予想の印】
◎9 クラウンプライド
〇4 テーオーケインズ
▲11 ハギノアレグリアス
☆2 メイショウハリオ
△15 レモンポップ
△12 セラフィックコール
△6 グロリアムンディ
△14 アイコンテーラー

【単勝】9(1点)
【馬連/ながし】9-4,11,2(3点)
【3連複/ながし】9-4,11,2,15,12,6,14(21点)
【3連単/フォーメ】9→4,11,2→4,11,2,15,12,6,14(18点)

田原基成のプロフィールはこちら
関連コラム「レモンポップほか、チャンピオンズカップ全15頭分析」

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP