UMAJIN.net

競馬サロン

UMAJIN.net編集部

2023/11/27 17:20

【今週の重賞】[チャンピオンズCほか]王者レモンポップに3歳の昇り龍セラフィックコールが挑む

113
【今週の注目重賞】
■チャンピオンズC

12月3日(日)、中京競馬場で第24回・チャンピオンズC(3歳以上、GI、定量、ダ1800m)が行われる。

レモンポップ(牡5、美浦・田中博)はフェブラリーSの勝ち馬。ドバイ遠征後の帰国初戦となったマイルCS南部杯は2着馬に2秒0差をつける圧巻の内容で勝利。その2着馬イグナイターは次走でJBCスプリントを制すことになるのだから、レモンポップの走りはまさに異次元級だったと言えよう。

今回は初の1800m戦になるものの、操縦性が高く控える競馬もできることから大きな問題にはならないはず。スカッと爽快な勝ちっぷりに期待が集まる。

セラフィックコール(牡3、栗東・寺島)は今年2月のデビューからここまで5連勝中。ノンストップでのGI挑戦となった。初めての重賞レースとなった前走のみやこSでは、4角で大外を回しながら最後は3馬身も突き抜ける豪快な走りを披露。まだまだ底を見せない昇り龍が頂点へ挑む。

テーオーケインズ(牡6、栗東・高柳大)は一昨年の当レース覇者。今年に入ってからは勝利こそないが、川崎記念2着、帝王賞3着、ドバイワールドC4着など、国内外を問わずビッグレースで堅実な走りを続けている。思い出の舞台で更なるタイトルゲットを目論む。

世界中を飛び回るクラウンプライド(牡4、栗東・新谷)は韓国遠征帰り。そのコリアCでは昨年のUAEダービー以来となる勝利を挙げている。わずかクビの差でGIタイトルを逃した昨年のチャンピオンズCからちょうど1年。リベンジに向けて機は熟した。

メイショウハリオ(牡6、栗東・岡田)は帝王賞連覇に加えかしわ記念を制したGI級競走3勝馬。このメンバーに入っても実績はトップクラスの1頭だ。期待された前走JBCクラシックで4着に終わった雪辱なるか。

この他にも昨年の皐月賞馬ジオグリフ(牡4、美浦・木村)、2歳GI・ホープフルS勝ち馬のドゥラエレーデ(牡3、栗東・池添)、“マジックマン”J.モレイラ騎手が跨る予定のダート女王アイコンテーラー(牝5、栗東・河内)など、豪華メンバーが揃った今年のチャンピオンズC。

世界に繋がるダート王決定戦。その結末やいかに。

【そのほかの重賞】
■ステイヤーズS

12月2日(土)、中山競馬場で第57回・ステイヤーズS(3歳以上、GII、別定、芝3600m)が行われる。

主な出走予定馬は、昨年のダイヤモンドS勝ち馬で骨折休養明け2戦目のテーオーロイヤル(牡5、栗東・岡田)、悲願の初重賞タイトルを狙うマイネルウィルトス(牡7、栗東・宮)、全4勝を2400m以上のレースで挙げる異色のドレフォン産駒ワープスピード(牡4、美浦・高木)、GIホープフルSで3着の実績がある良血馬キングズレイン(牡3、美浦・手塚)など。

■チャレンジC
12月2日(土)、阪神競馬場で第74回・チャレンジC(3歳以上、GIII、別定、芝2000m)が行われる。

主な出走予定馬は、超がつくハイペースとなった天皇賞・秋で2番手追走から5着に粘ったガイアフォース(牡4、栗東・杉山晴)、重賞3勝のベテランボッケリーニ(牡7、栗東・池江)、日本ダービー4着以来の実戦となるベラジオオペラ(牡3、栗東・上村)、登録のあったジャパンCを回避してこちらに矛先を向けた2000m巧者のエヒト(牡6、栗東・森)など。

(Text:Hiraishi)

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP