UMAJIN.net

競馬サロン

UMAJIN.net編集部

2023/11/20 17:00

【今週の重賞】[ジャパンCほか]世界が注目するイクイノックス対リバティアイランド 直接対決の結末やいかに

90


【今週の注目重賞】
■ジャパンC

11月26日(日)、東京競馬場で第43回・ジャパンC(3歳以上、GI、定量、芝2400m)が行われる。

イクイノックス(牡4、美浦・木村)はここまでGI5連勝。前走の天皇賞・秋ではジャックドールが刻むハイラップを3番手で追走しながら、直線では余裕綽々の手応えで抜け出し、2着のジャスティンパレスに2馬身半差をつける圧巻のレースぶり。走破タイムの1分55秒2は前人未到の大レコードだった。“世界一”の貫録をここでも見せつける。

打倒イクイノックスの最右翼が3冠牝馬リバティアイランド(牝3、栗東・中内田)。オークス以来の実戦となった秋華賞では、ペースの上がる勝負どころで馬群を外からひとマクリ。着差以上の強さを示した内容だった。「牡馬を含めて3歳最強」と評する声も聞かれる同馬。世代のトップホースとしてそう易々とは負けられない。

昨年のダービー馬ドウデュース(牡4、栗東・友道)は天皇賞・秋で7着とよもやの大敗。イクイノックス徹底マークの作戦に出たものの、かえって走りのリズムを崩した感も。自分の競馬に徹し、ダービーと同じ東京芝2400mで前走の雪辱なるか。

コンティニュアスの回避により、唯一の外国調教馬となったイレジン(セ6、仏・J.ゴーヴァン)はガネー賞の勝ち馬。ベイブリッジやヴァデニといった欧州10F路線の実力馬を下しての勝利は価値あるものだった。フランスのナンバーワン女性ジョッキー・M.ヴェロンの手綱捌きにも注目したい。

この他にも昨年の2冠牝馬スターズオンアース(牝4、美浦・高柳瑞)、復活を期すGI3勝馬タイトルホルダー(牡5、美浦・栗田)、当レース連覇を狙うヴェラアズール(牡6、栗東・渡辺)、チャンピオンズCとの両睨みながら出走となれば間違いなく展開の鍵を握るであろうパンサラッサ(牡6、栗東・矢作)などスターホースが多数参戦する今年のジャパンC。

全世界が注目する一戦を制すのはいったいどの馬になるだろうか。

【そのほかの重賞】
■京阪杯

11月26日(日)、京都競馬場で第68回・京阪杯(3歳以上、GIII、別定、芝1200m)が開催される。主な出走予定馬は連覇のかかる昨年の覇者トウシンマカオ(牡4、美浦・高柳瑞)、永島騎手を背に逃げ切りを狙う葵S勝ち馬モズメイメイ(牝3、栗東・音無)、高松宮記念3着など大レースでの実績が光るベテラン・ドゥラヴェスーラ(牡8、栗東・高橋康)、夏のGIII・函館スプリントSを制したキミワクイーン(牝4、美浦・奥村武)など。

■京都2歳S
11月25日(土)、京都競馬場で第10回・京都2歳S(2歳、GIII、馬齢、芝2000m)が開催される。主な出走予定馬は札幌2歳Sで2着、3着に好走したパワーホール(牡2、栗東・昆)、ギャンブルルーム(牡2、栗東・大久保)、仏ダービーと凱旋門賞を制したソットサスの全弟シンエンペラー(牡2、栗東・矢作)、アイビーS2着のホウオウプロサンゲ(牡2、栗東・矢作)など。

(Text:Hiraishi)

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP