UMAJIN.net

競馬サロン

UMAJIN.net編集部

2023/05/25 13:00

【重賞出走馬追い切りレポート】日本ダービー(東京優駿)

246


●5月28日 日本ダービー(GI、東京、芝2400m)

■グリューネグリーン 石川騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。目黒記念に出走するライラックを外で先導し、迎え入れる形。あと少し鋭さは欲しかったところだが、相手に合わせた感はあるし馬場が重かった分を考えれば情状酌量の余地もあるか。折り合えていたし、この馬なりに順調。【6】

■サトノグランツ 助手騎乗、栗東坂路単走。日曜日にCWである程度負荷を掛けたのが実質の最終追い。今週は終いだけ伸ばす内容となった。手前を替えるタイミングでバランスを崩すなどまだ若さを残すが、ギアが入ってからの伸びは豪快。体調はいかにも良さそうで、この馬の競馬はできる。【6】

■シャザーン 助手騎乗、栗東坂路単走。先週CWでかなり強い負荷を掛けられており、今週は確認程度。加速してフラつき気味になるなど、まだ体幹に力が付き切っていない印象はあるものの、折り合いは抜群で加速も鋭かった。気配は前走から大幅上昇か。【7】

■ショウナンバシット M.デムーロ騎手騎乗、栗東CW併せ馬。同じ日本ダービーに出走するフリームファクシとの最終スパーリング。序盤は内で先行しリズム重視の入り。後方外から迫ってきたフリームファクシを手応えで上回り、余力十分に併入としている。並ばれてグッと気合いを込め、しっかり加速できていたあたりいかにも実戦で良さが出そう。好気配。【7】

■シーズンリッチ 戸崎騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。古馬オープンを5馬身ほど先に行かせ、直線ではインへ。抑えきれない手応えでグイグイと進んでいき、鞍上がなだめるようにして併入とした。やや折り合いに懸念は感じるものの活気は上々。持てる力はしっかり出せそうだ。【6】

■スキルヴィング 助手騎乗、美浦ウッド併せ馬。序盤は前後に馬を置き、直線では実戦を意識するかのように左右からタイトに挟まれる形の併せ馬。序盤にしっかり折り合い、直線でもプレッシャーに動じず落ち着き払って自分の走りに集中。鞍上の仕掛けに力強く反応すると、力強く伸びてそれぞれと併入とした。前走から中3週でも併せ馬3本消化、最終追いでそれなりに負荷を掛けられるあたり心身ともにすこぶる順調そうだ。持てる力をフルに出せる。【7】

■ソールオリエンス 横山武騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。古馬3勝クラスを追走し、いい手応えのまま直線で早めに抜け出す。前に出てもフワっとせず、集中を保って滑らかに加速し1馬身のリードを保って先着した。道中のリラックスぶりは特筆レベルで、コーナーワークもスムーズ。自身初となる短い間隔でのローテでも問題はなさそう。高いレベルで好調維持だ。【7】

■タスティエーラ D.レーン騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。先週カフェファラオら古馬オープン2頭を圧倒した併せ馬が実質の最終追い。今週は3歳未勝利を問題にせず、内から楽々と抜き去って先着を果たしている。集中力に課題があったが、この中間は大きく改善したようで序盤はしっかり脚を溜め、鞍上が意図したタイミングで弾けることができていた。上積み顕著。絶好調と言える。【8】

■ドゥラエレーデ 助手騎乗、栗東坂路単走。先週CWで自己ベストタイムを更新。輸送を控える今週は単走・馬なりで終いだけ伸ばす内容となった。ラストにやや反応に鈍さを見せたが、それでも1F11秒6(強め)。海外帰りを考えれば順調そのもので、自分の競馬はしっかりできそう。【6】

■トップナイフ 横山典騎手騎乗、栗東CW併せ馬。先週目一杯追われており、これでひとまず仕上げは完了。今週は鞍上に全権委任し感触を確かめることに専念したような内容となった。外から先行馬をジワッと抜き去り、3馬身の先着。相手が走らな過ぎた感はあるものの、この馬なりに気持ちを乗せて伸びていた。体調は良さそう。悪くない仕上がりだ。【6】

■ノッキングポイント 北村宏騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。先週ウッド5F64秒7という速い時計を出しており、今週は終い重点の内容。3頭併せの真ん中を進み、左右からのプレッシャーを受けやや気難しい面を見せるも、いい手応えを保ってそれぞれと併入している。中8週と間隔を取ってのリフレッシュ効果が一定程度でありそうで、この馬の競馬はできそうだ。【6】

■パクスオトマニカ 田辺騎手騎乗、美浦ウッド単走。僚馬を追走するが体を併せに行けず、直線での伸びもいまひとつで最後まで単走の形。先行した相手がゴール手前で減速したあたりでようやくキャッチアップという内容だった。稽古駆けせず、脚質もそこまで切れないタイプではあるが、攻めからは強調しづらい。【5】

■ハーツコンチェルト 助手騎乗、美浦ウッド単走。序盤から前向きさにあふれる雰囲気で進んでいき、直線でも馬場の真ん中をブレの少ないシャープな走りで駆け抜けた。単走とは思えない気迫があり、手前の変換もスムーズ。常に稽古でよく見せる馬だが、今回は走ることへのモチベーションがかなり高そうで前走時以上の雰囲気と言える。【7】

■ファントムシーフ 武豊騎手騎乗、栗東CW併せ馬。先週の3頭併せで強い負荷を掛けられたのが実質の最終追い。今週は鞍上との意思疎通を深めることに主眼を置いたような軽めの内容に留まる。序盤はしっかり折り合って進み直線で古馬オープン・ソリタリオに取り付くと、これをアオるようにして最後はクビほど抜け出して先着を果たした。やや順調さを欠いた皐月賞時と比較し、今回は万全の調整過程。持てる力をフルに出せそうだ。【7】

■フリームファクシ 吉田隼騎手騎乗、栗東CW併せ馬。同じ日本ダービーに出走するショウナンバシットを外から追走する意欲的な内容。鋭く脚を伸ばして併入としている。手応えは若干見劣ったものの、追走差と距離損を考えれば問題はないし1F11秒2(強め)は十分に速い。前走時から着実に前進。【6】

■ベラジオオペラ 横山和騎手騎乗、栗東CW併せ馬。先週ある程度速い時計を出しており、今週は脚捌きを確認する程度。古馬3勝クラスを追走し遅れ入線に終わったものの、手応えは終始余裕がありオーバーペースを避けたものだろう。加速して頭が高くなったあたりまだ若さも感じさせるが、中間の稽古量は十分だし、この馬なりに安定。【6】

■ホウオウビスケッツ 丸田騎手騎乗、美浦ウッド単走。先週3頭併せでハードに追われており、今週は終い重点の単走で息を整える程度。序盤はリズミカルに進み、ラストに鞍上の軽い促しへスッと反応できたあたり、精神面はかなりいい状況のようだ。皐月賞大敗の反動は感じられず、好気配にある。【7】

■メタルスピード 津村騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。先行させた古馬3勝クラスにスッと取り付き、手応え圧倒でパス。追われた相手の反撃にやや反応が遅れたものの、改めて伸びて半馬身の先着フィニッシュとしている。先週も楽に動けているし、気配は前走時以上か。【7】

<追い切り評価>は最終追いを含めた中間の調整全体の総合評価となり、10段階評価(10が最高、1が最低)です。
(Text:Nishimura)


この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0

この主宰者をお気に入りに登録しよう!
マイページから確認できます

お気に入り登録
競馬サロン TOP

人気主宰者の「重賞」「自信の一鞍」など複数の予想を30日間定額で!

月額コースはコチラ

ただいま30日間
無料お試しキャンペーン実施中!

全コラムが見放題
月額コースはコチラ

月額コース購入に進む

この記事のみをご覧になりたい方はコチラ

単品購入(500pt)に進む

本記事は単品購入限定となります

PAGE TOP