UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

UMAJIN.net編集部

2022/11/24 12:55

【重賞出走馬追い切りレポート】ジャパンC/京阪杯/京都2歳S

242


●11月27日 ジャパンC(GI、東京、芝2400m)

■ヴェラアズール 助手騎乗、栗東CW単走。先週松山騎手を背に速い時計を出したのが実質の最終追い。今週はセーブ気味の入りだったが、高いモチベーションを感じさせるようにグイグイと進んでいき、ラストも躍動感たっぷりの動きからギアを上げた。高いレベルで安定。【7】

■ヴェルトライゼンデ 助手騎乗、栗東坂路単走。輸送を考慮して終い重点の単走。シャープでブレのない走りで登坂し、仕掛けに若干だけタイムラグはあったもののラストも軽快な伸びを示した。まだ良化の余地はありそうだが、4カ月ぶりだった前走よりはいい状態で走れそう。【6】

■オネスト C.ルメール騎手騎乗、東京競馬場ダート単走。内ラチ沿いを気分良く走らせることを主眼に15-15を消化した。伸びが大きく、単走でも気持ちを乗せて走れていたのもいい。疲れは感じられず精神面もいい状況のようだ。持てる力をフルに出せそう。【7】

■カラテ 助手騎乗、栗東坂路単走。序盤はリズム重視で進み首をリズミカルに使って登坂。ラストは手前を機敏に替え、滑らかに加速できていた。先週のCW追いではピタッと折り合えていたし、絶好に思えた前走時と遜色ない雰囲気。【7】

■グランドグローリー 助手騎乗、東京競馬場ダート単走。脚捌きを確認する程度で14-14を消化。行き出しは軽快で、ラストも鞍上の仕掛けに反抗するようなところを見せず素軽く反応した。精神面はいい状況にありそう。昨年と同様のローテで臨んでくるが、今回の方がいい雰囲気と言える。【7】

■シムカミル G.ブノワ騎手騎乗、東京競馬場ダート単走。僚馬オネストを大きく前に見る位置関係で入り、ラストは気合いを入れられ1F13秒を切ってきた。輸送疲れがあるのか若干の重苦しさはあったものの、このひと追いで良くなってきそうだ。【6】

■シャドウディーヴァ 助手騎乗、美浦坂路併せ馬。古馬2勝クラスに体を並べて登坂するが、反応にズブさがあるようで鞍上がステッキを数発入れてようやく馬なりの相手と併入に持ち込んでいる。体調面は悪くなさそうだが、気配としては平凡。【5】

■シャフリヤール C.デムーロ騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。走路がかなり混雑した時間帯だったが、自分の走りに集中。しっかり折り合って脚を溜めると、目標とした準オープン馬に取り付いて併入とした。手応えは余裕そのもので、素軽さ十分。海外帰り初戦で状態いまひとつに思えた前走から、大幅上昇だ。【7】

■ダノンベルーガ 助手騎乗、美浦ウッド単走。先週の3頭併せでしっかり負荷はかかっており、今週は軽めの調整。単走とは思えない気合い乗りで馬場の真ん中でグイグイ進むと、まったくの馬なりのまま体を沈めて切れた。メリハリがあり、いかにも東京で弾けそうな雰囲気にある。久々の前走で好走した反動は一切なく、引き続き好調。【7】

■デアリングタクト 助手騎乗、栗東坂路単走。中1週での東京遠征となるため、息を整える程度の単走・馬なり調整。走り全体がこじんまりとしている感は否めないが、ギアはスムーズに上がっていた。極端なデキ落ちはなさそう。【6】

■テュネス 助手騎乗、東京競馬場ダート単走。環境に慣らすためかダートコースを15-15で1周した。張りがあり、機敏さも水準以上。ドイツから空輸を挟んで中2週を考えれば上々の雰囲気。順調だろう。【6】

■テーオーロイヤル 菱田騎手騎乗、栗東CW単走。中2週で再度の東上戦となるため、感触を確かめる程度の内容。やや覇気に乏しさを感じたが、直線での促しにはまずまずの伸びを示していた。疲れは感じられず、この馬の競馬はできるのでは。【6】

■トラストケンシン 丸田騎手騎乗、美浦坂路単走。終い重点の内容。馬場がかなり重かったにしても、ラストは溜めたほどの脚が使えていなかった。乗り込みは入念で脚元や体調は問題なさそうだが、良化に手間取っている印象がある。【5】

■ハーツイストワール 助手騎乗、美浦坂路併せ馬。2歳未勝利と併せられ、終いに気合いを入れられるとジワッと脚を伸ばして併入としている。相手の格や4F53秒3(一杯)という時計は平凡に思えるが、坂路ではまったく走らないタイプ。しっかり負荷を掛けられたことは好材料だ。前走時の好調をキープ。【7】

■ボッケリーニ 浜中騎手騎乗、栗東CW併せ馬。序盤はじっくり脚を溜め、直線半ばで目標とした古馬2勝クラスを楽に競り落とす。内に別厩舎の馬がいたが、これも外からアオって抜き去るオマケ付きの内容だった。折り合い面は抜群で、ラストの弾けっぷりも申し分なし。前走時も上々のデキだったが、そこからさらに上昇し、目下絶好調か。【8】

■ユニコーンライオン 国分優騎手騎乗、栗東CW単走。集中力に欠ける感は否めないが、それでも前走で結果を出したように稽古がアテにならないタイプではある。踏み込みは力強かったし、反動はなく順調と見たい。【6】

■ユーバーレーベン 津村騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。オープン馬ココロノトウダイを5馬身ほど追い、4角手前でキャッチアップ。ゴーサインを出されると機敏に反応してギアを上げ、併入フィニッシュとした。ゴール手前で若干手応え見劣ったが、追走差はあったし、相手は稽古駆けする馬なことを考えれば問題なし。先週の3頭併せでも力強く動けていたし、復調気配は著しい。【7】

■リッジマン 菅原辰騎手騎乗、水沢競馬場ダート単走。秋4戦目、中3週での東京遠征となるため終い重点の内容に留まる。直線ではステッキに反応して滑らかに加速できており、重苦しさはない。太かった前走以上の状態で走れそうだ。【6】

●11月27日 京阪杯(GIII、阪神、芝1200m)

■ヴァトレニ 長谷川師騎乗、栗東坂路単走。先週和田竜騎手を背に坂路自己ベストを更新。今週は指揮官が騎乗しメリハリを意識した終い重点の内容だった。最後はグンと体を沈めて加速。中8週とひと息入っていた前走を使われ一気に気配上昇か。【7】

■エイティーンガール 助手騎乗、栗東CW単走。長めから時計を出し、序盤は折り合いを意識。ラストは楽な手応えのままジワジワと加速した。同じローテだった昨年と比較し時計面で若干物足りないが、本数はまったく同じ。この馬の競馬はできそうだ。【6】

■キルロード 江田勇騎手騎乗、美浦ウッド併せ馬。古馬1勝クラスを問題にせず、外からマクって3馬身の先着を果たしている。やや急仕上げな感は否めないが、この動きなら大丈夫そうだ。走れる仕上がり。【6】

■サンライズオネスト 助手騎乗、栗東坂路単走。先週横山典騎手が跨り、坂路4F48秒台の猛時計をマーク。これが実質の最終追いで、今週は終い重点の内容を消化した。仕掛けへ機敏に反応できており、ブレのない走りにも好感。一連の好調をしっかりキープだ。【7】

■ジュビリーヘッド 斎藤騎手騎乗、栗東坂路単走。先週強い負荷を掛けられており、今週は終いの反応だけ見る内容。序盤は鞍上の意のままに折り合い、ラストは溜めた脚をしっかり弾けさせていた。リフレッシュ休暇で夏の疲れはしっかりと抜けた感がある。好仕上がり。【7】

■スマートクラージュ 助手騎乗、栗東坂路単走。先週坂路自己ベストタイの数字をマーク。今週は無理をさせず、終いの伸びを確認する調整となった。重苦しさは一切なく、スムーズに回転数をアップ。叩き良化型で9カ月弱ぶりがどう出るかだが、攻め気配だけなら万全。【7】

■タイセイビジョン 助手騎乗、栗東CW単走。活気があり余っている感じで、序盤は引っ掛かり気味。それでもラストでパタッと止まらず、渋太く脚を使えていた。まだ良化の余地は感じるところだが、ひとまず動ける態勢にある。【6】

■ダイメイフジ 助手騎乗、栗東坂路併せ馬。2歳未勝利に取り付き、最後はスッと抜け出し1馬身半の先着。年齢的なものもあって行きっぷりは物足りないが、この馬なりに安定と言える。【6】

■テイエムスパーダ 今村騎手騎乗、栗東坂路単走。序盤からグングン回転数を上げていき、坂の途中で機敏に手前を換えるとさらにひと伸びし4F50秒2(馬なり)と自己ベストタイムを更新した。終始楽な手応えを保っており、心身ともにいい状態にある。先週のCW追いでも活気ある動きを見せており、前走後の放牧でいいリフレッシュができたようだ。絶好の仕上がり。【8】

■トウシンマカオ 助手騎乗、美浦ポリ単走。先週ウッドで速い時計を出したのが実質の最終追い。今週は疲れを残さないようポリ単走で、ラストはまったくの馬なりのまま鋭い切れを披露した。高いレベルで好調をキープ。【7】

■ビアンフェ 助手騎乗、栗東坂路単走。まずまずの活気は感じさせるが、追われて頭が高くなり伸びはワンペースのままだった。反応そのものもいまひとつ。5カ月半ぶりでまだ気持ちが整ってない感があり、ここを使ってからか。【4】

■ビリーバー 杉原騎手騎乗、美浦ウッド単走。先週速い時計を出しており、輸送を控えた今週は調整程度。馬場の外めを力みなく、いいバランスを保って駆け抜けており鞍上としっかり意思疎通ができているのはいい。気配は前走以上。【6】

■ファストフォース 助手騎乗、栗東坂路単走。先週併せ馬でビシッと負荷を掛けられており、今週は単走で伸びを見る程度。力強い踏み込みとブレのないフォームには好感が持て、GIの疲れはしっかり癒えたようだ。もう少し気合いを表に出して欲しかったが、最後の伸びは上々だった。自分の競馬はできるだろう。【6】

■プルパレイ 岩田康騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。稽古駆けする準オープン馬を7馬身追走。その分さすがに手応えでは見劣ってしまい、最後は遅れ入線に終わってしまう。それでもプルパレイ自身、ラスト2Fで12秒4-11秒9(一杯)と好ラップを刻めていた。久々だった前走を使われ着実に前進。【6】

■マリアズハート 助手騎乗、美浦ポリ単走。輸送を考慮し、ポリで終い重点の内容。まずまずの気合い乗りを見せて進み、ラストまで素軽さを保って駆け抜けた。あと少し体が絞れていればというところだが、悪くない状態だろう。【6】

■ライトオンキュー 古川吉騎手騎乗、栗東CW単走。日曜の坂路追いで目一杯負荷を掛けられており、今週は息を整える程度。ベテランらしく、ピタッと折り合って進むとラストも単走とすれば悪くない伸びを示した。半年弱ぶりなのを考えれば悪くない仕上がり。【6】


●11月26日 京都2歳S(GIII、阪神、芝2000m)

■アイルシャイン 福永騎手騎乗、栗東CW併せ馬。古馬オープン2頭に胸を借りる3頭併せ。内を突いて仕掛けられるといい反応を示し、最先着とした。溜めがしっかり利いており、精神面でいい状況のよう。中間楽をさせており、体調面で一抹の不安はあるものの総合的に見て悪くない状態。【6】

■アレクサ 助手騎乗、美浦ウッド併せ馬。輸送を考慮し、序盤は無理をさせず終いの伸びだけ見る3頭併せ。そこまでスパッとは切れなかったが、目標2頭と併入に持ち込んでいる。あとひと追い欲しい感はあるものの、自分の力は出せそう。【6】

■ヴェルテンベルク 助手騎乗、栗東坂路単走。先週西村淳騎手騎乗のCW追いで速い時計を出したのが実質の最終追い。今週は単走・馬なりでバランス調整に徹した内容となった。体幹の強さを感じさせるようなブレのない走りで、最後まで素軽さを保って駆け抜けた。中11週とは思えない好気配。【7】

■エゾダイモン 助手騎乗、栗東CW単走。先週武豊騎手を背に併せ馬で豪快に動いており、今週は息を整える程度。意識的にゆったり入り、直線は外ラチ沿いを気分良く走らせる。力みはなく、意図した通り体を伸び伸び使えているのは好感。いい状態で走れそう。【7】

■グランヴィノス 川田騎手騎乗、栗東CW併せ馬。先週は重賞常連レッドジェネシスをアオって好時計をマーク。今週はゆったり入り、鞍上との意思疎通を深めることに主眼を置いた内容となった。ユーキャンスマイル、ジュンライトボルトと今後の重賞に向けて調整されている大先輩2頭の間に割って入り、手応え最優勢でいったんは突き抜けそうな勢いを見せる。結局追いすがってきたジュンと併入、ユーキャンには先着。仕掛けられた際の気迫は申し分なく、文句なしの好状態だ。【8】

■グリューネグリーン 助手騎乗、美浦ウッド併せ馬。追われてバタつく2歳未勝利を手応えで圧倒したまま併入。輸送を控えた当週でもウッド5F自己ベストを出せるあたり、体調はすこぶる良好と見ていい。好気配。【7】

■コスモサガルマータ 助手騎乗、栗東坂路併せ馬。併走相手が伸びず、坂の途中からは単走状態に。少しフワッとはしてしまったが、力強い踏み込みを見せていた。勝った前走時からの攻め強化は好感。上積みが見込める。【6】

■サイブレーカー 助手騎乗、美浦ウッド単走。先週ある程度の負荷を掛けられており、輸送を控えた今週は終い重点。まずまずの伸びは示したものの、全体的な覇気がやや物足りない。なんとか及第点のデキといったところ。【5】

■シュタールヴィント 坂井騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。オープン馬キングエルメスと併走。相手が稽古で走らないタイプとはいえ、手応え圧倒で最後はクビほどの先着を果たしている。馬体減りを意識することなく、先週今週とそれなりの時計を出せているのは好感。順調と言える。【6】

■スマラグドス 助手騎乗、栗東CW併せ馬。稽古駆けする馬らしくいい行きっぷりを見せ、先行2頭に取り付いていく。軽く促されるとあっさり抜け出し、それぞれに大きく先着を果たした。まだ全体的に走りが荒っぽいが、それでこのパフォーマンスを出せるあたり素材は相当なものがありそう。攻め気配も中8週を考えれば上々だ。現時点での力はフルに出せる。【7】

■ティムール 鮫島駿騎手騎乗、栗東坂路併せ馬。2歳1勝クラスに対し追走先着も、追われだすと大きくヨレるなど気乗りしないような面があるようで、手応えでは完全に見劣っていた。気持ちの面でのブレを感じるところだが、中間の調教メニュー消化は順調で体調は安定の部類か。自分の競馬はできそう。【6】

■トップナイフ 横山典騎手騎乗、栗東CW単走。先週しっかり末を伸ばされており、今週は鞍上が感触を確かめるような軽めの内容に留まっている。時計は拍子抜けするほどに遅いが、四肢をしっかり伸ばせていたのはいい。この馬なりに安定。【6】

■ナイトキャッスル 助手騎乗、栗東坂路併せ馬。古馬2勝クラスと激しい追い比べとなり、最後は相手を突き放して大きく先着を果たした。相手が走らなさ過ぎた感はあるにせよ、ナイトキャッスル自身の力強い伸びは目を惹くものがあった。ギアの枚数には限りがありそうだが、攻め気配は上々。【7】

■ビキニボーイ 浜中騎手騎乗、栗東CW併せ馬。外を回して年長馬を追い抜き、1馬身ほどの先着を果たしている。先週はモタモタしていたが、そこで気合いを入れられた効果があったのか気配は上向き。帰厩後ここまで5本の併せ馬をこなすなど調整は意欲的で、体調や脚元になんら不安がなさそうなのもいい。走れる状態。【6】

■ロードプレイヤー 助手騎乗、美浦ウッド併せ馬。5馬身先に行かせた相手を問題にせずあっさり抜き去り、直線ではほぼ単走。少し気を抜く面もあったが、まずまずの伸びを示した。前走の反動はなく、順調。【6】

<追い切り評価>は最終追いを含めた中間の調整全体の総合評価となり、10段階評価(10が最高、1が最低)です。
(Text:Nishimura)

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP