UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

競馬サロン

編集部員 平石

2022/08/06 18:25

【札幌&新潟12R】編集部員平石の最終レース地引き網大作戦(8/7)

346
お世話になっております。編集部員の平石です。

来週のジャックルマロワ賞に向け、改めて出走予定馬の過去走を見直しております。欧州最強マイラー・バーイードこそ回避を表明しましたが、それでもなかなか豪華なメンバーが集まりそう。バスラットレオンの挑戦とあわせて楽しみな一戦です。

ジャックルマロワ賞は国内でも馬券発売があるので、平石も予想記事を出そうと画策しています。みんなで一緒に盛り上がりましょう!

ちなみに7日深夜にはモーリスドゲスト賞にキングエルメスが挑戦。こちらもしっかりチェックします!

さて、日曜日も札幌と新潟の最終レースに挑戦します。まずは札幌から。

札幌12R・3歳上1勝クラス(芝1200m)
◎8 トラーパニ
○10メルヴィル
▲1 スマイルアップ
☆15グラスミヤラビ
△3 メイショウソウゲツ
△4 ゼロドラゴン
△7 ルージュグラース
△14クレマチステソーロ

【3連複/流し】
8-10,1,15,3,4,7,14(21点)


◎はトラーパニとします。

前走、函館芝1200mの1勝クラスでは外好位を進んだものの、結果は8着。

一見大敗に見えますが、このレースが行われたのは函館の最終週。ただでさえタフな状況になりやすい開催後半に加え、週中から降り続けた雨によって、馬場コンディションは相当に悪化していました。
馬場のどこを通ってもスタミナが削がれる状況になったため、距離ロスの少ないイン前を通った馬が優位に立つ形になりました。

それを考えるとトラーパニはバイアスに真っ向から逆らう競馬となってしまったのが痛かった印象。良馬場の札幌替わりであれば巻き返しの余地があると考えました。

同馬は北海道トレーニングセールでノーザンファームによって落札された経歴の持ち主。
北海道市場にてノーザンファーム名義で落札→吉田和美氏名義で競走生活というのはあのモーリスと同じパターンです。

日本で最もハイレベルな馬たちを日常的に見ている方々がわざわざ競り落として自前の名義で走らせようとするわけですから、素質があると見て間違いはないでしょう。その点からも注目したいところです。

メルヴィルはデインヒルとサーアイヴァーをクロスさせたミッキーアイル産駒ということで、メイケイエールとよく似た配合。
短距離GI2勝のキンシャサノキセキが出た牝系出身なので、いかにも短距離向きといった感じです。

血統的にはトラーパニより好みなのですが、今回は昇級戦にもかかわらず他馬にマークされそうな点が少々気になるところ。

前回明らかに失敗したトラーパニの方が妙味がありそうなので、こちらは対抗まで。

最内枠に入った▲スマイルアップは馬場の良さそうなところを通れるはずで、展開利を見込みました。
小さな馬で使い込むと馬体重を減らす傾向にあるので、休み明けはかえってプラスだと思います。

グラスミヤラビの鞍上は減量の西塚騎手。
以前、「小林脩騎手は短距離向き」という話をしたことがありましたが、西塚騎手も短距離向きのジョッキーです。

陣営から積極策を示唆するコメントが出ていることとあわせて考えると、今回は減量を活かして粘らせるような競馬になるはずです。
ワーッと先行させて減量のメリットを享受できる形になるようなら意外と侮れない気がします。

続いては新潟最終レース。

新潟12R・3歳上1勝クラス(芝1600m)
◎11ミスボニータ
○13カナテープ
▲3 キタサンシュガー
△4 コミカライズ
△8 タイゲン
△12エンブレムコード
△15グレイスフル
△16モズゴールドバレル

【3連複/流し】
11-13,3,4,8,12,15,16(21点)


◎はミスボニータとします。

考え方はシンプルで「位置を取れる馬のうち、上がりをまとめられそうな馬を狙おう」というもの。

ミスボニータは前走・芝1400mの未勝利を上がり1位の末脚で差し切り勝利。200mの延長となる今回は恐らく好位からの競馬になるはずで、狙いのパターンに合致するはずという考え方です。

配合的にも軽い芝は望むところでしょう。イスラボニータ産駒は新潟芝の複勝率が最も高いのも心強いデータ。人気もそれなりでしょうし、ここは狙ってみたいところです。

カナテープの配合について語ると、メチャクチャ長くなりそうなのでほどほどに……。ストームキャット≒チャペルオブドリームスを中心としたGI同士の父母相似配合という点だけで、白飯を3杯は食べられる配合です。

前走の勝ち方も良かったですし、このクラスに留まる器ではないことは重々承知ですが、今回はキャリア2戦目&半年の休み明け&距離短縮となかなか厳しい条件が揃ったように思います。

後ろ髪を引かれる思いもありますが、配当もありますし馬券は割り切って対抗評価で。良い馬なのは間違いないので今後も追いかけようと思います。

キタサンシュガーはインで脚を溜めて追い込めそうな1頭。今回と同じ芝マイルだったデビュー戦の勝ちっぷりを見ると、1600mがベストなのではという感もあり。

あれ、ミスボニータよりカナテープについての見解の方が文章量が多いぞ……?

ヒモ抜けの呪いがかかった気がしないでもない今日このごろですが、日曜競馬にも全力で挑戦しようと思います!

note
https://note.com/umajin_hiraishi
Twitter
https://twitter.com/UMAJIN_Hiraishi

この記事が参考になった方は
主宰者に「エール」を送ろう!(最大10回)

エール0
競馬サロン TOP

PAGE TOP