UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2022/08/01 17:00 カテゴリ: 注目

【今週の重賞】[レパードS]3歳ダートの登竜門に好メンバーが集結!

■8月7日、新潟競馬場で第14回・レパードS(GIII、ダ1800m)が行われる。

まず注目は、先月行われたジャパンダートダービーで4着に善戦したハピ(牡3、栗東・大久保)だろう。新馬戦、1勝クラス、鳳雛Sとノンストップで勝ち上がり、前走のジャパンダートダービーは2番人気。レースではテンに無理しない脚質ということもあり後方からの競馬となったが、水が浮くような不良馬場が影響したのか切れ味のある末脚が不発に終わり4着までという結果だった。しかし、初のナイター競馬に加え、不良馬場、初の2000mとこれまで経験したことのない環境下でもしっかり掲示板を確保できたのは評価できる。2勝を挙げている左回りに戻れば巻き返しは可能だろう。

前走の弥冨特別を圧勝したタイセイドレフォン(牡3、栗東・西村)も侮れない存在だ。ダートに転向後、【3.2.0.1】と崩れたのはヒヤシンスSの11着のみと優秀な成績を収めている。古馬相手の前走は2着馬に8馬身差をつける圧勝で、勝ちタイムも1分51秒1をマーク。2勝クラスを0秒6以上の差をつけての優勝馬は本レースで【1.1.0.0】と連対率100%と崩れておらず、能力的にもあっさり勝ってもおかしくはないだろう。

ホウオウルーレット(牡3、美浦・栗田)は前走・いわき特別を5馬身差快勝。これが重賞初挑戦となるが、今年1月の黒竹賞が6馬身差V、2走前の青竜Sでの半馬身差2着を考えれば、いきなりの好勝負を期待してもいいだろう。ここまで砂GI級を5勝しているオメガパフュームの半弟という血統面も魅力だ。近2走は脚を溜める策を試し、前走では小回り福島ながら圧巻の末脚で古馬を圧倒した。差し戦法が板に付いた感があり、長い直線の新潟での持ち味全開に期待。

関東オークスで2着に健闘したラブパイロー(牝3、美浦・大和田)にも注目。その前走は押してハナへ立ち、平均ペースに持ち込んで4角からロングスパートを仕掛けた。直線半ばまでは2番手以下を離していたが、残り1ハロンで勢いが鈍ってしまい2着に終わってしまった。しかし、芝でもオークスに出走したことを踏まえるとその実績は胸を張れるもの。持ち前のスピードを発揮できれば上位進出の可能性十分だ。

ほかにも、ダート転向後【2.4.0.0】と連を外していないヴァレーデラルナ(牝3、栗東・藤原)、ダート転向で2連勝をマークしているメンアットワーク(牡3、美浦・斎藤誠)、ヒヤシンスSの2着馬ヘラルドバローズ(牡3、栗東・寺島)など、抽選対象組にも魅力ある馬が多数。面白いレースとなりそうだ。

(Text:Nishidate)

▽【関連リンク】
■【先週の結果】夏競馬は宝の山!「覆面馬主1号」氏がクイーンSで万馬券!「塾長・岡井」は土日新潟メイン攻略!

■【Weekly POG2022⇒2023】先週の結果を公開中!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP