UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2021/08/05 16:15 カテゴリ: POG

【今週の新馬戦・注目馬】高校生が生産したテイエムケントオーやオークス馬シンハライトのいとこレッドアヴァンティなどがデビュー

■8月7日の新潟競馬場第5R・メイクデビュー新潟(新馬、芝1600m)で、フォラブリューテ(牝2、美浦・宮田)が川田騎手を鞍上に迎えデビューする。父はエピファネイア、母はマイルCSを勝ったブルーメンブラットという良血馬だ。ブルーメンブラットの仔はここまで8頭が中央デビューし、4頭が新馬戦勝ち。初戦からしっかり走れるのがこのきょうだいのストロングポイントだ。調教でも軽快な動きを見せており、いきなりの好勝負を期待したい。

【フォラブリューテ】
父エピファネイア
母ブルーメンブラット
母父アドマイヤベガ

■8月7日の新潟競馬場第6R・メイクデビュー新潟(新馬、ダ1800m)には、メイショウレイメイ(牡2、栗東・池添学)がスタンバイ。父はアイルハヴアナザー、母はグレインライン。伯父に2008年の高松宮記念勝ち馬ファイングレインがいるという血統だ。母系を見ると短距離色が強いようにも感じるが、この馬自身はケンタッキーダービーを制した父の影響もあり中距離でのデビューとなった。レースでも騎乗する富田騎手を背に行った1週前追い切りでは、古馬3勝クラスを1秒以上追走しながら、最後は0秒4先着する豪快な動きを披露。早速の好走を見せてくれそうだ。

【メイショウレイメイ】
父アイルハヴアナザー
母グレインライン
母父タイキシャトル

■8月7日の函館競馬場第5R・メイクデビュー函館(新馬、芝1200m)には、テイエムケントオー(牡2、栗東・五十嵐)が出走。生産者欄を見ると「北海道静内農業高等学校」の文字。馬産地である北海道静内の高校生が生産したサラブレッドだ。昨年の北海道サマーセールで同校史上最高額となる2500万円(税抜)という値段で、「テイエム」の竹園オーナーに落札されたことが話題となった同馬。その名前も幼名の「健叶(けんと)」が由来となっている。高校生とオーナーの夢を乗せ、北の大地で快走してくれることを期待したい。鞍上は坂井騎手。

【テイエムケントオー】
父マクフィ
母マドリガルスコア
母父ダンスインザダーク

■8月8日の新潟競馬場第5R・メイクデビュー新潟(新馬、芝2000m)で、トリフォリウム(牝2、栗東・庄野)がM.デムーロ騎手のエスコートでデビュー戦に臨む。父はクラシック2冠馬ドゥラメンテ。母はATCオーストラリアンダービーなど豪州でGIを2勝したシャムロッカーで、半兄にここまで中央3勝サトノグロワール、同じく2勝サトノシャロームがいる。実質の最終追いだった8月1日のCW追いでは、3歳1勝クラスに対し余力十分のまま追走併入。力を出せる仕上がりだろう。また、このレースではハービンジャー産駒リブースト(牡2、栗東・佐々木)もデビューする。祖母フォーシンズは愛GII勝ち馬で、英オークスでは4着。母は中央で3勝を挙げた。先週、CWでの併せ馬では5F64秒9(一杯)をマークし、古馬1勝クラスに先着。脚力は水準以上のものがありそうだ。鞍上は川田騎手。

【トリフォリウム】
父ドゥラメンテ
母シャムロッカー
母父O’Reilly

【リブースト】
父ハービンジャー
母ディオジェーヌ
母父ディープインパクト

■8月8日の新潟競馬場第6R・メイクデビュー新潟(新馬、芝1600m)で、レッドアヴァンティ(牡2、美浦・尾関)が初陣に臨む。母サウンタの半姉はシンハリーズ(デルマーオークス勝ち)で、その産駒、つまりレッドアヴァンティから見ていとこにはアダムスピーク(ラジオNIKKEI賞勝ち)、リラヴァティ(マーメイドS勝ち)、そしてシンハライト(オークスなど重賞3勝)など、錚々たる顔ぶれが並んでいる。先週、今週と実戦想定の併せ馬で優勢の動きを示しており、いかにもレースに出て良さそうなタイプだ。鞍上はM.デムーロ騎手。

【レッドアヴァンティ】
父ドゥラメンテ
母サウンタ
母父Invincible Spirit

■8月8日の函館競馬場第5R・メイクデビュー函館(新馬、芝2000m)で、レッドラディエンス(牡2、美浦・藤沢和)がC.ルメール騎手の手綱でデビュー戦に挑む。母はアルゼンチンオークスで3着、曾祖母はアルゼンチンで重賞4勝。この厩舎らしく6月下旬から時間を掛けて入念に調整されており、函館輸送後も負荷は軽いものの本数は十分過ぎるほどにこなしてきた。今週は函館芝コースで鞍上C.ルメール騎手の意のままに動き、仕上がりとセンスの良さをアピールしている。初戦は単なる通過点としそう。

【レッドラディエンス】
父ディープインパクト
母ペルフォルマーダ
母父Jump Start

(Text:Nishimura/Hiraishi)

▽【関連リンク】
■【先週の結果】“夏祭り”は終わらない!覆面馬主1号氏、アシタカ氏などクイーンSで的中ラッシュ!

■新シーズン始動【Weekly POG2021⇒2022】今週の指名は金曜18時から!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP