UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2021/03/02 14:40 カテゴリ: 注目

ダービー馬ジャングルポケットが死亡 23歳

現役時代に日本ダービー、ジャパンCとGIを2勝し、種牡馬としてはトールポピー(オークスなどGI2勝)、トーセンジョーダン(天皇賞・秋勝ち)、ジャガーメイル(天皇賞・春勝ち)らGI馬を6頭輩出したジャングルポケットが、本日3月2日(火)に繋養先のブリーダーズ・スタリオン・ステーションで死亡したことがわかった。23歳だった。

同馬は2000年9月に札幌競馬場でデビューし、現役時代は日本ダービー、ジャパンCの2つのGI勝ちを含む重賞4勝を挙げた。通算成績は13戦5勝。2003年1月に現役を引退すると、その後は社台スタリオンステーションにスタッドイン。2012年12月からブリーダーズ・スタリオン・ステーションに移動し、2020年をもって種牡馬を引退。その後は同牧場で功労馬として余生を送っていた。

(株)サラブレッドブリーダーズクラブ事務局 遠藤幹氏のコメント
「昨年秋から体調を崩し治療にあたっておりましたが、残念ながら力尽き今朝死亡しました。昨年暮れに種牡馬を引退しましたが、現場スタッフからもかわいがられておりましたので、もう少し長生きしてほしかったというのが正直な気持ちです。現役時代の活躍も、種牡馬として数多くの名馬を輩出した実績も、本当に素晴らしいものでした。安らかに眠ってほしいと思います」
(Text:Ito)

▽【関連リンク】
■【競馬サロン】“お祭り男”覆面馬主7号氏 ◎⇒☆⇒△の本線で中山記念2万馬券ズバリ!

■【Weekly POG2020⇒2021】先週の結果を公開中!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP