UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2020/09/30 15:35 カテゴリ: 注目

1995年宝塚記念レコードV ダンツシアトルが死亡

1995年の宝塚記念(GI、芝2200m)を制したダンツシアトルが9月24日に老衰のため死亡していたことが明らかとなった。30日に日本軽種馬協会が発表したもの。30歳だった。

同馬はアメリカで生産、輸入され栗東の山内厩舎所属として1992年秋にデビュー。デビューから2連勝を収めたもののその後骨折による長期休養があり、およそ10カ月ぶりの復帰後は自己条件で走り続けオープンまで昇級した。しかしその後屈腱炎を発症し、今度は13カ月に渡る休養を余儀なくされる。再度の復帰後は準オープンを一発でクリア(当時の制度で降級していた)、オープン特別で3着、1着と力があるところをアピールし、続いて臨んだ京阪杯(当時は芝2000m)で重賞初勝利を果たす。京阪杯勝ち後にGI・宝塚記念に挑むと、タイキブリザードをクビ差退けレコード勝ち(この年は京都芝2200mで実施)で重賞連勝、GI制覇を達成した。

その後屈腱炎が再発し宝塚記念を最後に引退。種牡馬としては主に九州種馬場で供用され、コウセイロマン(ひまわり賞勝ち)らを送り出す。2017年に種牡馬を引退した後は九州種馬場で余生を過ごしていた。

▽【ダンツシアトル】
父Seattle Slew
母Call Me Goddess
母父Prince John
通算14戦8勝

《重賞勝鞍》
1995年 宝塚記念(GI)
1995年 京阪杯(GIII)

(Text:Nishimura)

▽【関連リンク】
■【競馬サロン】7号氏の狙い撃ち「俺の注目馬」続々快勝!

■【Weekly POG2020⇒2021】先週の結果を公開中!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP