UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2020/07/13 20:31 カテゴリ: 注目

【セレクトセール2020】1歳馬セール終了 2億円超えは5頭 売上104億2800万円

日本最大級の競走馬セリ市セレクトセール(主催:日本競走馬協会)が開幕し、初日となる本日7月13日は1歳馬のセリが行われ249頭が上場、229頭が落札された。1億円以上の落札額となった馬は18頭で、うち2億超えは5頭だった。売り上げは104億2800万円で過去最高だった昨年には及ばなかったが、史上2位の売り上げ。なお明日7月14日は当歳セッションが開催される。

ディープインパクト産駒牡馬「シーヴの2019」は、本日最高の5億1000万円で落札。購入者は「ショウナン」の冠号でおなじみ国本哲秀氏。2016年のケンタッキーオークス馬キャスリンソフィアの半弟にあたる。

ディープインパクト産駒牡馬「フォエヴァーダーリングの2019」は、この日2番目の金額となる4億円で株式会社ダノックスが落札した。ひとつ上の半姉に函館芝1200mの2歳レコードを更新し、今週末の函館2歳Sで中心視されそうなモンファボリ。

ディープインパクト産駒牝馬「テディーズプロミスの2019」は株式会社キーファーズが2億4000万円で落札。ひとつ上の半兄マイラプソディは昨年の京都2歳Sを制し、今年の皐月賞、日本ダービーにも進出した。

ディープインパクト産駒牡馬「アブソリュートレディの2019」は金子真人ホールディングス株式会社が2億2000万円で落札した。半姉のラクソニエールは仏の牝馬クラシック2冠馬。

ディープインパクト産駒牡馬「カンビーナの2019」は島川隆哉氏が2億円で落札した。全兄は現在現役のトーセンカンビーナ(中央4勝、阪神大賞典2着など)。

(金額はすべて税抜き)

▽【関連リンク】
■【競馬サロン】“相馬の達人”「アシタカ」氏が七夕賞万馬券的中! 夏競馬もプロ馬券師にお任せ!

■【Weekly POG2020⇒2021】先週の結果を公開中!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP