UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2020/06/04 15:55 カテゴリ: POG

【今週の新馬戦・注目馬】2020年2歳新馬戦がスタート!

■6月6日の阪神競馬場第5R・メイクデビュー阪神(新馬、芝1600m)で、ウインメイユール(牝2、栗東・大久保)がデビュー戦を迎える。父はこの2歳世代がファーストクロップとなるGI6勝馬モーリス、母は同じ大久保厩舎に所属しエルフィンSで2着、チューリップ賞で2着、古馬となって京都金杯を制したウインプリメーラだ。5月上旬にゲート試験を一発でクリア。その後坂路とコースを併用し順調にデビューへの態勢が整いつつある。鞍上は和田騎手。

▽【ウインメイユール
父モーリス
母ウインプリメーラ
母父ステイゴールド

■6月6日の東京競馬場第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝1600m)では、ブエナベントゥーラ(牡2、美浦・堀)が初陣に臨む。こちらも父はモーリス。母は牝馬クラシック2冠やジャパンCなどGI6勝の女傑ブエナビスタで、一族にはアドマイヤオーラ(弥生賞など重賞3勝)やジョワドヴィーヴル(阪神JF勝ち)など活躍馬の名が連なる文句なしの超良血馬だ。4月初頭に美浦へ入り、じっくり鍛錬されて同月末に初時計。以降ウッドコースで新馬離れしたボリューム感ある肉体と豪快な伸びを披露している。今週は終いだけ重点とは言え、オープン馬サトノティターンと互角に動いた。態勢万全。鞍上はD.レーン騎手だ。

▽【ブエナベントゥーラ
父モーリス
母ブエナビスタ
母父スペシャルウィーク

■6月7日の東京競馬場第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝1600m)では、サトノレイナス(牝2、美浦・国枝)がC.ルメール騎手のエスコートでデビュー戦に向かう。父はディープインパクト、母はアルゼンチンの2011年牝馬クラシック2冠馬バラダセール。今年の弥生賞を勝ったサトノフラッグはひとつ上の全兄となる。4月上旬に入厩、ゲート試験合格後は在厩でじっくり乗り込まれデビューに備えてきた。コンパクトにまとまった馬体で仕上がりに手が掛からなかったようで、追われるごとに切れを増している。年長馬と併せても怯まない精神面にも好感。直前はレースでも騎乗するC.ルメール騎手を背にウッドコースで大きなストライドから楽に同僚新馬と併入した。勝ち負けを意識できる状態だろう。

▽【サトノレイナス
父ディープインパクト
母バラダセール
母父Not for sale

ほか、6月7日の新馬戦・注目馬

■6月7日、東京競馬場第6R・メイクデビュー東京(新馬、芝1400m)

トランセンド産駒プロバーティオ(牡2、美浦・田中剛)がデビューする。母はダートで中央3勝のオナーリーブ、半兄にダウトレス(中央で芝1勝、ダート2勝)。先週はコース、今週は坂路と併せ馬でいい動きを見せている。血統的にダートが良さそうな感はあるが、仕上がりの良さを活かせば芝でも。鞍上は三浦騎手。

▽【プロバーティオ
父トランセンド
母オナーリーブ
母父ダンスインザダーク

■6月7日、阪神競馬場第5R・メイクデビュー阪神(新馬、芝1400m)

アスコルターレ(牡2、栗東・西村)がデビュー。この2歳世代が初年度産駒となるドゥラメンテ、叔母にタッチングスピーチ(ローズS勝ち、エリザベス女王杯3着など)、叔父に昨年の菊花賞2着馬サトノルークスがいる。まだ精神面に幼さは残すが、追われて機敏に反応できるあたりは素質の高さを感じさせる。鞍上は松山騎手。

▽【アスコルターレ
父ドゥラメンテ
母アスコルティ
母父Danehill Dancer

(Text:Nishimura)
▽【関連リンク】
■【競馬サロン】〔激アツ予想バトル〕お祭り男決定戦 今週がファイナル!

■【Weekly POG2020⇒2021】新シーズン開幕直前!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP