UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2020/03/24 12:32 カテゴリ: 注目

【今週の重賞】[日経賞]ミッキースワロー 得意コースなら首位争い[毎日杯]良血サトノインプレッサに期待[マーチS]スワーヴアラミス 重賞初制覇へ

■3月28日、中山競馬場で日経賞(GII、芝2500m)が行われる。

ミッキースワロー(牡6、美浦・菊沢)はセントライト記念、七夕賞とここまで重賞2勝の実績。立ち回りの巧さと一瞬の切れが身上で、小回り戦での強さが光る。前走AJCCは競走中止した馬のアオりを受ける不利がありながら、外からよく伸びて4着を確保。力量はいまだ堅持できているようだ。今回の距離は若干だけ長い感もあるが、得意の中山戦ならカバー可能だろう。首位争い必至。稽古は順調に消化できており、先週は相手に合わせて併入する余裕さえ見せた。ほぼ万全と言える。

ほか、斤量52キロではあったが日経新春杯を快勝したモズベッロ(牡4、栗東・森田)、近走冴えないが昨年秋オールカマー勝ちなど重賞3勝の実績は侮れないスティッフェリオ(牡6、栗東・音無)、昨年の福島記念を制したクレッシェンドラヴ(牡6、美浦・林)、これが本当の引退レースとなるオークス馬ソウルスターリング(牝6、美浦・藤沢和)らにも注目だ。

■3月28日、阪神競馬場で毎日杯(GIII、芝1800m)が行われる。

サトノインプレッサ(牡3、栗東・矢作)は父ディープインパクト、母は欧州でマイルGI・サンチャリオットSを3連覇しマイルCSや香港マイルでも好走した女傑サプレザだ。過去2走とも派手な内容ではなかったがズブかったり出遅れたりと若さを見せていたし、本来良馬場が向いていそうなフットワークながらいずれも重馬場で勝ち切ったもの。器の大きさは底知れず、血統背景から考えてもまだまだ上を目指せる存在と言える。相手強化の重賞初挑戦になるが、勝ち負けに期待していいだろう。先週の坂路追いでは古馬に若干遅れたが、手応えでは圧倒。ソエで4カ月休んでいた馬が、今回続けて使えることそのものが順調さの証と言える。

ほか、前走のきさらぎ賞で2着だったストーンリッジ(牡3、栗東・藤原英)、東スポ杯2着、きさらぎ賞3着のアルジャンナ(牡3、栗東・池江)、中山二千の2歳未勝利戦をレコード勝ちしたメイショウボサツ(牡3、栗東・西園)らにも注目だ。

■3月29日、中山競馬場でマーチS(GIII、ダ1800m)が行われる。

スワーヴアラミス(牡5、栗東・須貝)は、勝ち切れない時期がありながらもダートで崩れず走ってきた。昨夏以降は課題だったスタートで五分に出られるようになり、粘りも強化。条件クラスを卒業しオープン昇級後も3着、1着、2着と充実ぶりは著しい。中山千八は2走前のポルックスSで圧勝した舞台だし、ハンデ57キロも許容範囲だ。重賞初制覇のチャンス到来。3月上旬から熱心に乗り込まれており、体調はすこぶる良さそう。

ほか、準オープン→リステッドレースと連勝中のワイルドカード(牡6、美浦・木村)、前走・フェブラリーSで5着だったタイムフライヤー(牡5、栗東・松田)、逃げ切り勝ちを収めた前走・総武Sと同斤量56キロに収まったメイショウワザシ(牡5、栗東・南井)らにも注目だ。

(Text:Nishimura)

▽【関連リンク】
■【競馬サロン】フェブラリーS週より新主宰者登場!

■【競馬サロン】申込ページにうまく遷移しない場合はこちら
■【Weekly POG2019⇒2020】今週の結果は18時10分公開!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP