UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2019/12/05 17:35 カテゴリ: POG

【今週の新馬戦・注目馬】カレンチャンの娘とサトノクラウンのめいが土曜阪神で激突!

■12月7日の阪神競馬場第5R・メイクデビュー阪神(新馬、芝1400m)では、カレンヒメ(牝2、栗東・安田翔)が、北村友騎手のエスコートでデビューする。父はNHKマイルCを勝ったダノンシャンティ、母はスプリントGI2つを含む重賞5勝を挙げた快速馬カレンチャンだ。実戦想定の3頭併せで古馬相手に絶好の動きを披露しており仕上がり、勝負根性には秀でたものがありそうだ。

また、このレースにはマテンロウディーバ(牝2、栗東・中内田)も参戦。母ライトニングパールは英の2歳牝馬スプリントGI・チェヴァリーパークS勝ち馬で、その全弟には宝塚記念などGI2勝のサトノクラウンがいる。

【カレンヒメ】
父ダノンシャンティ
母カレンチャン
母父クロフネ

【マテンロウディーバ】
父ディープインパクト
母ライトニングパール
母父Marju

ほか、12月7日の主な新馬戦・注目馬

■12月7日 中山競馬場第5R・メイクデビュー中山(新馬、芝1800m)

オークス2着馬エバーブロッサムの仔パーディシャー(牡2、美浦・久保田)がデビューする。母の半姉にヴィクトリアマイルを制したエイジアンウインズ。10月半ばから入念に攻められており、先月後半あたりからは古馬と遜色のない動き。仕上がりは文句なしだ。鞍上は横山典騎手が務める。

【パーディシャー】
父キングカメハメハ
母エバーブロッサム
母父ディープインパクト

■12月7日 阪神競馬場第6R・メイクデビュー阪神(新馬、ダ1800m)

グリーナリー(牡2、栗東・中竹)が、鞍上池添騎手の手綱で初陣に臨む。曾祖母ベリアーニの家系からはスターバレリーナ(ローズS勝ち)、ロゴタイプ(皐月賞などGI3勝)、アグネスラズベリ(函館SS勝ち)ら活躍馬が多数出ている。祖母オリーブクラウンはオークスで3着。やや急仕上げな感もあるが、今週ポリトラックコースの併せ馬ではいい気合いを見せていた。走れる態勢にありそう。

【グリーナリー】
父ベルシャザール
母オリーブジュエル
母父ディープインパクト

==========

■12月8日の阪神競馬場第5R・メイクデビュー阪神(新馬、芝1800m)では、ラブアンバサダー(牝2、栗東・松永幹)が出陣する。本馬の父ディープインパクトは多くのGIホースを輩出した名種牡馬、母オーサムフェザーは米GI2勝の名牝と世界的な良血馬。鞍上は武豊騎手を予定している。

▽【ラブアンバサダー
父ディープインパクト
母オーサムフェザー
母父Awesome of Course

ほか、12月5日の主な新馬戦・注目馬

■12月8日の中山競馬場第5R・メイクデビュー中山(新馬、芝1600m)では、フェアリーグルーヴ(牡2、美浦・高橋文)がデビューする。曾祖母は名牝エアグルーヴで、近親にはドゥラメンテやルーラーシップなど大活躍馬の名がズラリ。追われてまだジリッぽいが、実戦での変わり身に期待したい。

▽【フェアリーグルーヴ
父フェノーメノ
母グルーヴィクイーン
母父キングカメハメハ

■12月8日の中山競馬場第6R・メイクデビュー中山(新馬、ダ1800m)では、ルコントブルー(牝2、美浦・勢司)が出走。半姉レッドクラウディアは交流重賞での勝利歴があり、牝馬ダート路線で上位争いを演じてきた。父がアグネスタキオンからキズナに変わるが、調教で見せた力強い走りはいかにもダート向き。姉同様の活躍に期待が膨らむ1頭だ。

▽【ルコントブルー
父キズナ
母シェアザストーリー
母父コマンダーインチーフ

■12月8日の阪神競馬場第4R・メイクデビュー阪神(新馬、芝1200m)では、アイティナリー(牡2、栗東・河内)が新馬戦を迎える。この中間は栗東坂路で52秒台の好時計を出しており、最終追い切りでは実戦でも騎乗する武豊騎手を背に4F52秒5-1F12秒3(馬なり)と水準以上の動きを披露。デビュー戦に向けて、力が出せる状態に仕上がっているだろう。

▽【アイティナリー
父キンシャサノキセキ
母アンファミーユ
母父Medaglia d’Oro

■12月8日の中京競馬場第5R・メイクデビュー中京(新馬、芝2000m)では、ヴァシリアス(牡2、栗東・安田翔)が参戦。名繁殖牝馬フェアリードールに繋がる血統で、3代母トゥザヴィクトリー(エリザベス女王杯の勝ち馬)など一族に多くの重賞勝ち馬がいる。最終追い切りでは大きく先行した2歳新馬を捕らえ切る抜群の伸びを見せており、万全の状態で出走できそうだ。

▽【ヴァシリアス
父ジャスタウェイ
母アルーシュ
母父チチカステナンゴ

(Text:Shinohara/Nishimura)

▽【関連リンク】
■【Weekly POG2019⇒2020】毎週賞金・商品獲得のチャンス!

■[お友だち6万3000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP