UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2019/10/10 18:44 カテゴリ: POG

【今週の新馬戦・注目馬】スワーヴリチャード半妹 アドマイヤラクティのおいなど今週も良血馬が続々デビュー

■10月12日の京都競馬場第4R・メイクデビュー京都(新馬、ダ1800m)では、曾祖母に名繁殖牝馬ダンシングキイがいるザフーン(牡2、栗東・吉村)が出走する。一族にはダンスインザダークやダンスインザムードなどGI馬の名がズラリ並んでおり、母ポルカマズルカもオープン馬だ。栗東芝での最終追い切りではレースでも騎乗する吉田隼騎手が跨り、5馬身ほど先行する形からスタートし、一杯に追われた2歳新馬に馬なりのまま同入。入念に乗り込まれているので、仕上がりに不安はなさそうだ。

▽【ザフーン
父ロードカナロア
母ポルカマズルカ
母父ティンバーカントリー

ほか、10月12日の主な新馬戦・注目馬

■東京競馬場第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝2000m)では、スピッツェンバーグ(牡2、美浦・武井)がデビュー。曾祖母は日本を代表する名牝エアグルーヴでドゥラメンテやルーラーシップなど一族からは活躍馬が多数出ている。母レネットグルーヴは中央3勝、このスピッツェンバーグが初仔となる。普段の動きは柔軟で素質を感じさせるが、追われてモタつくあたりまだ若さもありそう。実戦でどこまで変わってくるかに期待だ。鞍上は岩田康騎手が務める。

▽【スピッツェンバーグ
父ハービンジャー
母レネットグルーヴ
母父キングカメハメハ

■京都競馬場第5R・メイクデビュー京都(新馬、芝1600m)では、アステロイドベルト(牡2、栗東・池江)が初陣を迎える。母サトノジュピターは小倉日経オープンなど中央で4勝、伯父に豪州遠征でコーフィールドCを制しメルボルンCへ進むも、レース後に心臓麻痺で命を落としたアドマイヤラクティ。叔父には昨年のホープフルSで2着に入ったアドマイヤジャスタらがいる。併せ馬では常に先着を決めており、勝負根性には秀でたものがありそうだ。鞍上は川田騎手が務める。

▽【アステロイドベルト
父ルーラーシップ
母サトノジュピター
母父アグネスタキオン

■10月13日の京都競馬場第5R・メイクデビュー京都(新馬、芝2000m)では、世界的良血馬と言えるディープキング(牡2、栗東・藤原英)が出陣。本馬は半兄にドバイWCを制したアニマルキングダムがおり、ディープインパクト産駒の全兄サトノキングダムは全5勝のオープン馬、ここまで3戦3勝の全姉サトノダムゼルは今週の秋華賞へ駒を進めている。この中間は栗東芝や栗東ウッドで終い11秒台の末脚をマークしており、切れ味の鋭さをアピール。トップレベルの活躍が期待できそうな1頭だ。

このレースではフローラSの勝ち馬でオークス2着ベッラレイアの仔ベルラガッツォ(牡2、栗東・中内田)もデビューする。この中間は終い11秒台の末脚を連発しており、栗東芝での1週前追い切りでは11秒半ばの上がりで古馬オープン相手に同入。稽古で速い時計を何度も叩き出しているので、当然のごとく実戦での走りに注目が集まる。鞍上は川田騎手を予定。

▽【ディープキング
父ディープインパクト
母ダリシア
母父Acatenango

▽【ベルラガッツォ
父オルフェーヴル
母ベッラレイア
母父ナリタトップロード

ほか、10月13日の主な新馬戦・注目馬

■10月13日の東京競馬場第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝1400m)では、エルサフィーロ(牡2、美浦・栗田)が参戦。母ローガンサファイアはオープン特別マーガレットS勝ちをステップに、NHKマイルCへ駒を進めた。また、叔父サフィロスは京成杯2歳Sで2着、叔母コーディエライトは2歳重賞で2度の2着に入った。仕上がり早の一族ということでキャリア初戦から本馬の走りに注目できるだろう。

▽【エルサフィーロ
父ロードカナロア
母ローガンサファイア
母父ダイワメジャー

■10月14日の東京競馬場第5R・メイクデビュー東京(新馬、芝1800m)では、スワーヴリチャードの半妹ルナシオン(牝2、美浦・藤沢和)がスタンバイ。また9月半ばの入厩以来、入念に乗り込まれており古馬オープンに詰め寄るなど動きも申し分なし。質、量ともにハイレベルな稽古をこなしており態勢万は全だ。鞍上は福永騎手を予定している。

▽【ルナシオン
父ディープインパクト
母ピラミマ
母父Unbridled’s Song

ほか、10月14日の主な新馬戦・注目馬

■10月14日の京都競馬場第5R・メイクデビュー京都(新馬、芝1400m)では、キーダイヤ(牝2、栗東・藤岡)が出走。本馬の近親には桜花賞馬ジュエラーやフィリーズRの勝ち馬ワンカラットなど短距離からマイル路線で活躍した実力馬が揃っている。父ウォーコマンドは日本では馴染みが薄いが、芝1400mの英GIを制しているスプリンター。短い距離での活躍が目立っている血統背景と言えるので、千四でのデビュー戦でどのような走りを見せるのか注目だ。

▽【キーダイヤ
父War Command
母ヴァンゴーゴー
母父Dutch Art

(Text:Shinohara/Nishimura)

▽【関連リンク】
■【Weekly POG2019⇒2020】先週の結果を公開中!

■[お友だち6万3000人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP