UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

今週のレース(WINDEX)

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2019/04/02 11:15 カテゴリ: 注目

【今週の重賞】[阪神牝馬S]ラッキーライラック 気配上昇[ニュージーランドT]機動力優れるヴィッテルスバッハ 

ラッキーライラックは阪神マイルでの実績十分。前走では復調した姿を見せており、ここはまず勝ち負けになりそう。

■4月6日、阪神競馬場で阪神牝馬S(GII、芝1600m)が行われる。

ラッキーライラック(牝4、栗東・松永幹)は阪神JF、チューリップ賞を制し桜花賞では2着。実力、コース適性ともに申し分ない。ぶっつけでなんとか間に合わせて使ったとされる秋華賞こそ9着に終わったが、状態を優先し態勢を整えてから臨んだ中山記念では、強力牡馬勢相手に僅差の2着。改めて力量の高さをアピールした。中間の動きは絶好で、前走からの気配上昇ぶりは著しい。まず勝ち負けになる。

カンタービレ(牝4、栗東・角居)は、フラワーCとローズSを勝ち、秋華賞ではアーモンドアイに0秒4差の3着と力量十分。秋華賞こそ後方となったが、本来気のいいタイプでマイル重賞の流れでも問題なくこなせるだろう。阪神では過去2戦2連対でコース相性もよく、争覇圏入り必至。5カ月ぶりだが、ここまでコースと坂路を併用して追われいい反応を見せている。この馬の競馬はできそうな雰囲気だ。

ミッキーチャーム(牝4、栗東・中内田)は、豊かなスピードを武器に昨夏3連勝。勇躍挑んだ秋華賞でもハナを取り切り、2着に粘り込んだ。マイル、阪神ともに初となるが主導権を握れそうな顔合わせだし、脚質から考えてもむしろ向いている印象がある。前走は長距離輸送でイレ込み自滅したが、関西圏のレースなら巻き返しの可能性十分。先週、川田騎手が騎乗してのコース追いでは馬なりで豪快に伸びており、上積みも見込める。

ほか、牡馬相手の前走・東京新聞杯で2着に入ったレッドオルガ(牝5、栗東・藤原英)、2年ぶりのマイルがどうかも底力上位のクロコスミア(牝6、栗東・西浦)、決め手強烈なワントゥワン(牝6、栗東・藤原英)らにも注目だ。

■4月6日、中山競馬場でニュージーランドT(GII、芝1600m)が行われる。

ヴィッテルスバッハ(牡3、美浦・池上)は、前走500万条件が出遅れた上に落ち着いた流れと厳しいレースになったが、道中早めに動いてから更に末脚を伸ばし勝利。叩き2戦目で一変の姿を見せた。瞬発力と機動力に優れ、実際未勝利勝ちがあるように、中山マイルとの相性は良さそう。そこまで抜けた相手がいない今回、初重賞挑戦になるが首位争いに加われる。先週のウッドコース追いでは外を大きく回しながら、古馬をアオる上々の動きを見せた。さらに良化か。

実績でリードするのは東京スポーツ杯でハナ差2着のアガラス(牡3、美浦・古賀慎)。今回キャリア初のマイル戦となるが、前走のきさらぎ賞が折り合いを欠いて1秒2差7着だっただけに距離短縮は有利に働くはず。中間は馬具を換えた効果でスムーズな動きを見せており、この点からも巻き返しに期待できそうだ。

ほか、桜花賞にも登録があるが除外濃厚でこちらに回ってきそうなデイリー杯2着馬メイショウショウブ(牝3、栗東・池添兼)、芙蓉S勝ちがあるミッキーブラック(牡3、栗東・音無)、前走初の芝戦で鮮やかに勝ち切ったホープフルサイン(牡3、美浦・本間)など、どの馬にもチャンスがありそうな混戦模様だ。
(Text:Nishimura)

▽【関連リンク】
■『Weekly POG』先週の結果公開中!
■驚異の新指数【WINDEX】土曜中山12Rで3連単10万馬券直撃!
■[お友だち6万人突破!]UMAJIN.net LINE@公式アカウント【限定無料配信】
■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP