UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

2022/11/22 15:47 カテゴリ: 注目

【地方競馬】24日、園田競馬場でDG競走・兵庫ジュニアグランプリ ヤマボウシ賞快勝のオマツリオトコが中心か

11月24日、園田競馬場でダートグレード競走・兵庫ジュニアグランプリ(JpnII、ダ1400m)が開催される。1着賞金は3000万円。枠順、発走時刻は以下の通り。

■園田7R・兵庫ジュニアグランプリ(JpnII、ダ1400m) 15時35分発走

1枠1番 スターキー    (牡2、兵庫・橋本忠) 長尾翼

2枠2番 スペシャルエックス(牡2、北海道・田中淳)田中学

3枠3番 オマツリオトコ  (牡2、美浦・伊藤圭) 横山武

4枠4番 ジョイブラック  (牝2、兵庫・高本友) 廣瀬航

5枠5番 ラブミーモナコ  (牝2、栗東・村山)  松若
5枠6番 ジョウショートニー(牡2、兵庫・雑賀伸) 井上幹

6枠7番 マルカラピッド  (牝2、栗東・今野)  小沢
6枠8番 デステージョ   (牡2、北海道・角川秀)吉村智

7枠9番 エコロアイ    (牝2、栗東・森)   武豊
7枠10番 バウアーズ    (牝2、兵庫・新子雅) 下原理

8枠11番 トレド      (牡2、美浦・池上)  石川
8枠12番 ジンステージ   (牡2、大井・赤嶺本) 東原悠

オマツリオトコ(牡2、美浦・伊藤圭)は、JRAで唯一頭の現役ヴィットリオドーロ(その父がメダグリアドーロ)産駒。タフな芝も函館2歳Sのようにこなせるが、レースでの弾け方はやはりダートの方がいい。前走のヤマボウシ賞は2着スクーバーの上がりを1秒上回る3F37秒2の末脚で一閃。小回り園田でのポジショニングがカギになるが、スムーズに捌ければあっさりまで。

マルカラピッド(牝2、栗東・今野)は、エーデルワイス賞の優勝馬で、新種牡馬マインドユアビスケッツの産駒として初の重賞勝ちを達成。そのエーデルワイス賞は、先行各馬の脚色が鈍るなか馬場の真ん中から一気に突き抜ける強い走りを披露した。1Fの距離延長が課題も前走の勝ちっぷりから1Fの延長はこなせそう。

エコロアイ(牝2、栗東・森)は、エーデルワイス賞で4角先頭に立つ強気の競馬から2着。勝ったマルカラピッドを褒めるべきで、この馬の武器である先行力を重賞でも示せたと言える。地方競馬場で大箱の門別から小回りの園田替わりはプラス要素。外枠からすんなりならチャンスあり。

トレド(牡2、美浦・池上)は、異なる舞台と距離で2戦2勝と適応能力の高さが売り。初の1400mで序盤の速さに対応できるかがカギも、スタート&二の脚ともしっかりしている本馬なら対応可能だろう。エコロアイを目標にしつつ先行抜け出しの形が叶えば面白い。

7頭参戦する地方所属馬の大将格はホッカイドウ競馬のスペシャルエックス(牡2、北海道・田中淳)。前走は勝ったヒーローコールが強すぎただけで、一騎打ちに持ち込んだこの馬の走りは良かった。兵庫のエース・田中学騎手がロスなく運べるようなら一発があってもいい。

(Text:Ito)

▽【関連リンク】
■「ジャパンC」「チャンピオンズC」「阪神JF」「香港国際競走」「朝日杯FS」までたっぷり楽しめる!【競馬サロン30日間無料&カレンダー贈呈】秋GIヒートアップキャンペーン

■【先週の結果】2万馬券的中!など波乱「マイルCS」もズバリ攻略!

■【Weekly POG2022⇒2023】先週の結果を公開中!

■【重要】登録ができない、メールが届かない会員様へ

UMAJINニュース一覧

PAGE TOP