UMAJIN.net

UMAJIN.net LINE@

豪華景品が当たる UMAJINスクラッチ

いますぐチャレンジ

UMAJIN.net認定・有料コンテンツ「UMAJIN PRO」が登場!3つのサービスを使いこなせばあなたも「プロ」の仲間入り!

スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

広告

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2017年12月10日(日)

香港マイル(GI)芝1600m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2300万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】ビューティージェネレーション
  • 【騎手】K.リョン
  • 【トレーナー】J.ムーア
見解

【結果詳報】
12月10日に香港のシャティン競馬場で行われた香港国際競走。その3レース目、芝1600mのGI香港スプリントは、デレク・カーチュン・リョン騎手騎乗の6番人気ビューティージェネレーション(Beauty Generation)が逃げ切り勝ちを収め、香港移籍後初のGI挑戦でビッグタイトルを射止めた。

これがラストランとなった日本のサトノアラジンなど、5頭の海外勢が参戦した今年の香港マイル。国内での馬券発売ではJ.モレイラ騎手が騎乗する前哨戦ジョッキークラブマイルの優勝馬シーズンズブルーム(Seasons Bloom)が抜けた1番人気となり、ヘレンパラゴン(Helene Paragon)、ビューティーオンリー(Beauty Only)、サトノアラジンの3頭がそれほど差のないオッズで2、3、4番人気となった。

レースは、好スタートを決めたコンテントメント(Contentment)を制してビューティージェネレーションがハナへ。半馬身ほどの差でホースオブフォーチュン(Horse Of Fortune)が2番手につけ、3番手にはフランスのカラール(Karar)とコンテントメント。上位人気馬は揃って後方に控える形となり、シーズンズブルームは後方2番手から。サトノアラジンも最後方で脚を温存した。3コーナーに入ると最後方にいたサトノアラジンが外を回って徐々に進出を開始。同馬はそのまま4番手まで浮上して直線を迎える。さらに、これを追ったビューティーオンリーやヘレンパラゴンも外を回って中団へポジションを上げ、直線勝負に入った。

直線に入ると、逃げるビューティージェネレーションがリードを3馬身近くまで広げる。その後方では好位を立ち回ったウエスタンエクスプレス(Western Express)や、大外から追い込んできたヘレンパラゴン、さらにはシーズンズブルームが前を追うが、その差はなかなか詰まらない。残り100mを切り、ようやくビューティージェネレーションの脚が鈍り始めたところに2頭が迫ってきたが、すでに大勢が決した後。結局、最後まで粘り通したビューティージェネレーションが1馬身のリードを保ってゴール板を駆け抜けた。

2着争いは2頭による激しい追い比べになったものの、僅かに内のウエスタンエクスプレスが踏ん張って2着を確保。ヘレンパラゴンはよく追い込んだものの3着に敗れた。また、そのほかの人気馬では、シーズンズブルームが4着、連覇を狙ったビューティーオンリーが7着、サトノアラジンが11着に敗れている。

勝ったビューティージェネレーションは、父Road To Rock、母Stylish Bel(母の父Bel Esprit)という血統の5歳セン馬。昨年3月にオーストラリアでデビューし、GI戦ローズヒルギニー2着などの実績を残して香港へ移籍したが、7戦した昨シーズンは条件戦で2勝をマークしただけだった。しかし、香港移籍後2度目の重賞挑戦だった今シーズン初戦のGIII戦セレブレイションCを、軽ハンデを味方に逃げ切ると、続くGII戦シャティントロフィーでも優勝。前走のジョッキークラブマイルでは3着に敗れたが、トップクラスの馬たちを相手にヒケをとらないレースを見せていた。香港移籍後の成績は11戦5勝。

今シーズンの好調ぶりを証明するかのように、まんまと逃げ切ったビューティージェネレーション。管理するJ.ムーア調教師はレース後、同馬のドバイターフ参戦をオーナーサイドに確認してみるつもりだというコメントを残している。日本からもリアルスティールなどが参戦を表明しているドバイターフだけに、今後、注目が集まることになりそうだ。

【展望】
12月10日に香港のシャティン競馬場で行われる香港国際競走。ここでは、3レース目に行われる芝1600mのGI香港マイルの展望をお届けする。

1991年に芝1400mの香港招待ボウルとして創設されたこのレース。当初は国際的な重賞の格付けを得ておらず、香港のローカルGI戦(HKGI)として施行されていたが、1994年に国際GIII、1995年に国際GIIへ昇格し、次第にビッグレースとしての地位を確立していった。距離が現在の1600mになったのは1999年のことで、同時にレース名を香港マイルに改称すると、翌2000年には国際GIの格付けを獲得し、現在に至っている。

日本調教馬による出走は、1993年のホクセイシプレーが初めて。当時のレースは、前年に現地で馬インフルエンザが流行した影響でレースそのものが順延されており、同馬が参戦したのは春に延期された第2回のレースだった。以降、日本調教馬は昨年までの間に述べ36頭が出走。初制覇を飾った2000年のエイシンプレストン、2005年のハットトリック、2015年のモーリスがそれぞれ勝利を収めた。また、日本勢以外に目を向けてみると、過去の優勝馬にはシーキングザパールが勝利したフランスのGIモーリスドギース賞で2着だったジムアンドトニック(1998年)や、オーストラリアの名牝サンライン(2000年)、レース史上唯一3連覇を成し遂げたグッドババ(2007年、2008年、2009年)、近年屈指の名マイラーであったエイブルフレンド(2014年)などが名を連ねる。

次に、舞台となるシャティン競馬場についてだが、ここでは芝1600mのコース形態についてのみ紹介する。競馬場の歴史など、そのほかの情報については同日に行われる香港Cの展望でご確認いただきたい。

芝1600mのスタート地点が設けられるのは、2コーナー奥にある引き込み線に入ってすぐのところで、各馬はそこから向こう正面を通って3コーナーを目指す。坂の有無や直線の長さなどに多少の違いはあるが、京都の外回り芝1600mに似たコースであり、外枠はあまり歓迎されない。枠順はレースを左右する重要な要素になりそうだ。

さて、ここからは出走予定馬の紹介に移りたい。今年の香港マイルには日本から挑むサトノアラジンのほかに、アイルランドから2頭、イギリスとフランスからそれぞれ1頭が参戦し、地元香港勢に立ち向かう。いずれもGI戦での好走歴がある馬たちだけに侮れないが、このレースでは香港馬が過去10年で9勝と圧倒的な成績を残している。こうした点から考えると、今年も地元勢中心と見るべきか。

その地元勢の大将格は、連覇を目指すビューティーオンリー(Beauty Only)だろう。今年の安田記念にも出走(6着)した同馬は昨年、前哨戦のGII戦ジョッキークラブマイル(シャティン、芝1600m)からの連勝でこのレースを制した。その後は今春のGI戦チャンピオンズマイルでの2着など、8戦して勝ち星がなく、9月にスタートした新シーズンでは5着、9着、4着に敗れているが、大一番に向けた叩き台として考えればそこまで悲観するものではない。事実、前走のジョッキークラブマイルでは、勝ち馬より5ポンド(約2.5キロ)重い128ポンド(約58キロ)を背負いながら1馬身1/4差まで追い込んできているだけに、本番での逆転も不可能ではないだろう。

また、昨年惜しくも2着に敗れたヘレンパラゴン(Helene Paragon)も優勝候補の1頭。同馬は、昨年の香港マイル後に行われたGI戦スチュワーズC(シャティン、芝1600m)でビューティーオンリーらを下してGI勝ちを果たすと、勢いそのままに続くGI戦クイーンズシルバージュビリーC(シャティン、芝1400m)も制している。以降はこちらも5戦して未勝利だが、今シーズン2度目の出走だったジョッキークラブマイルでビューティーオンリーと同じ128ポンドを背負って2着に入っているように、状態は上向きと見て良さそう。リベンジのチャンスは十分にあるはずだ。

そして、この2頭以上に注目を集めているのがジョッキークラブマイルの覇者で、現在この路線で最も勢いのあるシーズンズブルーム(Seasons Bloom)だ。同馬は昨シーズン、香港年度代表馬に輝いたラッパードラゴンや、4月に行われたクイーンエリザベス2世Cの2着馬パキスタンスターらを相手にした4歳クラシックシリーズで善戦止まりだったが、今シーズンはここまで3戦2勝という成績を残す。唯一、2走前のGIII戦セレブレイションCでは2着に敗れたが、これは勝ち馬とのハンデ差が8ポンド(約4キロ)あったためで、前走の結果からも力負けとは考えづらい。今回は、前走で破った上記2頭との斤量差がなくなる点がポイントだが、昨シーズンの最終戦で初コンビを結成して以来、4戦3勝、2着1回という成績を残すジョアン・モレイラ騎手の手腕をもってすれば、一気の戴冠も夢ではない。

この3頭以外では、セレブレイションC(シャティン、GIII、芝1400m)でシーズンズブルームを破ったビューティージェネレーション(Beauty Generation)を警戒したい。前述の通り、当時は8ポンドの斤量差があり、ビューティージェネレーションが113ポンド(約51キロ)という軽量を活かしての勝利だったが、同馬はその後、GII戦シャティントロフィー(シャティン、芝1600m)でも優勝し、前走のジョッキークラブマイルではシーズンズブルームと同斤量を背負いながら1馬身差の3着に入っている。重賞2勝をマークしている今シーズンの実績だけであればシーズンズブルームと同等以上と言っても過言ではないだけに、軽視はできないだろう。

そのほかでは、春のGI戦チャンピオンズマイル(シャティン、芝1600m)を制したコンテントメント(Contentment)の巻き返しにも注意が必要か。チャンピオンズマイル後は安田記念で10着に敗れ、今シーズン初戦のセレブレイションCでも9着に惨敗したが、一度使われたことで変わってくる可能性は十分に考えられる。前走時はビューティーオンリーに次いで2番目に重い132ポンド(約60キロ)を背負っていたことも少なからず影響していたはずで、着順だけで判断するのは危険か。

一方、海外からの遠征馬では、アイルランドのエイダン・オブライエン厩舎に所属するランカスターボンバー(Lancaster Bomber)とローリーポーリー(Roly Poly)に注目が集まりそうだが、前者は1勝馬。前走、アメリカで行われたBCマイルなど、今年3つのマイルGI戦で2着に入っているが、過大評価をするのはどうか。対する、後者は前走のBCマイルが11着。今年、ヨーロッパで牝馬限定のマイルGI戦を3勝している点は評価できるが、前回に続いて不利な外枠に入った点は気になる。

イギリスからの遠征馬ライトニングスピア(Lightning Spear)は、今年5月に行われたGI戦ロッキンジSで2着に入っている古豪。8月のGII戦セレブレイションマイルS(グッドウッド、芝8F)で連覇を達成しているように力は衰えていないが、時計勝負に疑問を残す。日本ほどではないとはいえ、1分33秒台での決着が続く近年の傾向から考えると苦戦を強いられるかもしれない。

フランスのカラール(Karar)は、前走のBCマイルで直線追いづらくなるシーンがあって7着。勝ち馬との差は2馬身ほどだったことから、スムーズであればもう少し前進があったかもしれない。ただ、前走BCマイル組は過去10年で3着以内に入ったことがないというデータもあるだけに、前述のランカスターボンバー、ローリーポーリーも含めて不安は残る。

最後に日本のサトノアラジン。今秋は初戦の毎日王冠で2着に好走したものの、続く天皇賞・秋では不良馬場に苦しんでシンガリ負けを喫し、前走のマイルCSでもいいところなく後方に沈んだ。天皇賞での敗戦が尾を引いているようにも見えるが、これがラストランとなるだけに有終の美を飾ってほしいところである。初コンビとなるヒュー・ボウマン騎手の手綱捌きに期待したい。

※記載している出走予定馬については12月8日(午後1時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP