会員ログイン

ログインID
パスワード

次回から自動でログインする

※ログインID・パスワードを忘れた場合

無料でかんたん!メールアドレス登録で極秘情報GET!

???T???????[?X

海外競馬
馬市ドットコム

 スマートフォンアプリ

アプリ内課金一切なし
完全無料で利用可能!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play

競馬情報完全網羅!UMAJIN最強リンク

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2017年03月25日(土)

ドバイワールドC(GI)ダ2000m

  • 【レース格】★★★★★
  • 【総賞金】1000万ドル
  • 【開催競馬場】メイダン
  • 【勝馬】アロゲート
  • 【騎手】M.スミス
  • 【トレーナー】B.バファート
見解

【結果詳報】
現地時間25日、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場で行われたGI戦ドバイワールドCは、M.スミス騎手騎乗の1番人気アロゲート(Arrogate)がスタート直後の不利を跳ね除けて優勝。7連勝で4つめのGIタイトルを獲得した。

日本から過去最多の4頭が挑んだ今年のドバイワールドC。国内でも馬券が発売され、人気はアロゲートが単勝1.2倍という圧倒的支持を集めた。そして、これに続いたのが日本のアウォーディーで、ガンランナー(Gun Runner)、ゴールドドリームが3、4番人気で続いた。

レースは、大本命に推されたアロゲートが、スタート直後、隣のフリアクルサーダ(Furia Cruzada)に寄られ、ほぼ最後方からの競馬を余儀なくされる。一方、先行争いは、好スタートを切ったロングリバー(Long River)が、前哨戦と同様にハナに立ち、2番手のガンランナー以下を引き連れて1コーナーに入ると、2コーナーに差しかかる頃には隊列も決まり、各馬そのまま向こう正面へ。この頃、アロゲートはようやく後方3番手までポジションを上げていたが、依然として先頭までは10馬身以上の差があった。

3コーナーが近づくにつれて各馬が前との差を徐々に詰め始め、先頭のロングリバーにガンランナーやネオリシック(Neolithic)が並びかけていく。さらに、ムブタヒージ(Mubtaahij)、ゴールドドリーム、アウォーディーらも直後に迫るが、アロゲートはまだ後方。ようやく、後方馬群の間を割って中団までポジションを上げ、そのまま前を追っていった。

残り600mを切って先頭はガンランナー。追うネオリシックとともに、3番手のムブタヒージに2馬身ほどの差をつけていたが、アロゲートがその直後まで迫る。直線に入ると、ムブタヒージと馬体をぶつけながらもアロゲートが力強く前へ。そのまま一完歩ごとに前に詰め寄ると、残り200m地点で逃げるガンランナー捉え、そのまま悠々とゴールした。

2着は2馬身1/2差でガンランナー。そこから5馬身差の3着にはネオリシックが入り、アメリカ勢が上位3着までを独占した。日本馬では5着に入ったアウォーディーが最先着で、ラニが8着、アポロケンタッキーが9着、ゴールドドリームはシンガリ14着に終わった。

勝ったアロゲートは、父アンブライドルズソング、母バブラー(母の父ディストーテッドヒューマー)という血統の4歳牡馬。昨年、デビュー2戦目で初勝利を挙げてから4連勝でGI戦トラヴァーズSを圧勝すると、秋のBCクラシック、今年1月のペガサスワールドC招待も制し、GI戦3連勝を達成していた。なお、今回の勝利によって同馬の生涯獲得賞金額は1700万ドルを突破。カリフォルニアクロームを抜いて北米トップになっている。通算成績は8戦7勝。

先行有利とされるメイダン競馬場で、スタート直後に致命的とも言える不利を受けながら勝利したアロゲート。今後は、早くから陣営が目標に掲げているBCクラシック連覇に向けてローテーションが組まれることになりそうだが、詳しい予定は明らかにされていない。帰国後の状態次第になるが、8月のGII戦パシフィッククラシックなどが候補になってくるのではないだろうか。

【展望】
現地時間3月25日(日本時間3月26日午前1時45分)、アラブ首長国連邦ドバイのメイダン競馬場では、ドバイワールドCデーが開催される。ここでは、その中からメインレースとなるGI戦ドバイワールドC(ダート2000m)の展望をお届けする。

日本だけでなく、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリアなど、世界各国で競走馬を生産・所有するゴドルフィンの総帥シェイク・モハメドによって創設されたこのドバイワールドC。1996年の創設当時は、ナドアルシバ競馬場を舞台としており、現在のドバイシーマクラシックやドバイターフのようなアンダーカード(前座レース)のGI戦もなかったが、年を重ねるごとにイベントとしての規模を大きくしていった。

ドバイワールドCは、2010年に開催地がメイダン競馬場に移るまでの間、一貫してナドアルシバ競馬場のダート2000mで争われてきた。しかし、新設されたメイダン競馬場は、ダートコースに替わってオールウェザーコースを採用していたことから、ドバイワールドCをはじめとしたドバイワールドCデーのダート競走は、オールウェザーコースを使用して行われることになった。ただ、そのオールウェザーコースは、結果的に管理上の問題やダートを主戦場とするアメリカ調教馬の参戦減を招いたため、2014年限りで廃止され、翌2015年からは再びダートコースでの開催に戻されている。

過去の優勝馬に名前を連ねるのはシガーやシルバーチャーム、ドバイミレニアム、プレザントリーパーフェクト、カーリンなど、各年代を代表するダートのチャンピオンホースばかりで、前述のシルバーチャームを筆頭にキャプテンスティーブやムーンバラッド、ロージズインメイ、モンテロッソなどは、引退後に日本で種牡馬入りした。

また、日本調教馬では、オールウェザーコースで行われていた2011年にヴィクトワールピサが初めてこのレースを制覇。当時は2着にもトランセンドが入り、日本調教馬がワンツーフィニッシュを達成した。だが、そのほかの年では苦戦が続いており、ダートで行われた2001年にトゥザヴィクトリーが2着に入った以外、全馬が4着以下に敗れている(1997年のホクトベガは競争中止)。

次に、舞台となるメイダン競馬場だが、競馬場があるのはドバイ国際空港から南西におよそ15kmのところ。かつてナドアルシバ競馬場があった場所に隣接する形で建設されており、施設内にはホテル、ショッピングモール、映画館なども併設されている。

コースは、1周2400mの芝コースと1周1750mのダートコースで構成されており、芝コースには、4コーナー奥へ伸びる直線コースがある。最後の直線の長さは、芝が450m、ダートが400m。ダート2000mのスタート地点は、直線の中ほどに設けられ、各馬はそこからコースを1周するが、スタートから1コーナーまでは300mもないため、多頭数になると外枠に入った先行馬は外を回らされる危険がある。

さて、ここからは出走馬の紹介に移りたい。今年は日本からの遠征馬4頭を含む14頭によって争われることになりそうだが、やはり中心はダートを主戦場とするアメリカからの遠征馬だろう。今年も4頭のG1ホースを含む5頭が参戦してきており、昨年のカリフォルニアクロームに続く、2年連続の勝利を目指す。

そして、その中でも今回絶対的な主役と目されているのが、世界最強と呼び声の高いアロゲート(Arrogate)だ。昨年8月のGI戦トラヴァーズS(サラトガ、ダ10F)を圧勝したことで一躍脚光を浴びた同馬。その後、秋のBCクラシック(サンタアニタ、ダ10F)では前述のカリフォルニアクロームとマッチレースを演じ、これを破ると、今年初戦となった“世界最高賞金額レース”ペガサスワールドC招待(ガルフストリームパーク、GI、ダ9F)も制し、GI戦3連勝を達成した。前年のドバイワールドC覇者カリフォルニアクロームを2度破っているというだけでも同馬の力を説明するには十分かもしれないが、BCクラシックでは2頭で3着以下に10馬身以上の差をつけたように、能力は他馬より1枚も2枚も上。それは昨年のロンジンワールドベストレースホースランキングにおいて、世界最高となるレーティング134ポンドを獲得したことからも明らかだろう。

当然、ここが初めての海外遠征になるだけに不安がないとは言えないが、過去に2度ドバイワールドCを制しているB.バファート調教師が、ペガサスワールドC招待の後、しっかり状態を見極めた上で出走にゴーサインを出していることから問題ないだろう。それよりも気になるのは週末の天気だ。今週末のドバイは雨予報が出ており、今年のドバイワールドCデーは珍しく雨天の中で行われる可能性が高い。そういった意味では、これまで道悪の経験がないアロゲートが、水を含んだ馬場でどういった走りを見せるのかは気になるところである。

そのアロゲートと同じバファート厩舎のホッパーチュニティ(Hoppertunity)は去年の3着馬。追い込みタイプのためかなかなか勝ち切れない面があるものの、堅実な馬で、デビュー戦で5着に敗れて以降、5着以下はない。昨秋にはGI戦ジョッキークラブゴールドC(ベルモントパーク、ダ10F)を勝って2つめのGIタイトルを獲得したが、続くBCクラシックでは僚馬アロゲートの4着に終わっている。その後、GI戦クラークH(4着)を挟み、今年は昨年同様2月のGII戦サンアントニオS(サンタアニタ、ダ8.5F)で始動すると、同レース連覇を達成し、今回2度目のドバイ挑戦を迎える。2回目のドバイ遠征ということで、アロゲートに比べて分があるものの、BCクラシックで大きく離されたように力差は大きい。先行有利と言われるメイダンだが、アロゲートなど有力馬による先行争いが激しくなることも予想される。展開面では有利に働くかもしれないが、それでも勝ち負けとなるとあとひと押しが欲しい。

また、アロゲートと同じ4歳世代のガンランナー(Gun Runner)は、昨年のケンタッキーダービー3着馬。前述のホッパーチュニティらを下して初GI制覇を果たした昨年11月のクラークH(チャーチルダウンズ、ダ9F)に続き、前走のGIII戦レザーバックH(オークローンパーク、ダ8.5F)も楽勝して現在2連勝中だが、アロゲートに対しては昨年のトラヴァーズSで3着に敗れている。ここも陣営が先手を取りたいと話しているように、同馬がレースを引っ張ることになりそうだが、キャリア13戦の中で4着以下に敗れた2戦はともに道悪だったように、道悪には不安を残す。加えて、2000mでは過去3着が最高と距離も僅かに長い印象で、この辺りが大きなカギになりそうだ。

残るアメリカ勢は、ホッパーチュニティと同じく2年連続の参戦になるキーンアイス(Keen Ice)と、前走のペガサスワールドC招待で3着に入ったネオリシック(Neolithic)の2頭。キーンアイスは昨年、R.ムーア騎手とのコンビで挑んだドバイワールドCで8着に終わっている。当時は、前哨戦のマクトゥームチャレンジR3からメイダンの馬場に苦しんでいた印象で、今年劇的にフィットが向上するとは思えない。昨秋のBCクラシックで3着に入るなど、T.プレッチャー厩舎に転厩してから一時期の不振を脱却したようだが、それでもここは厳しいか。それであれば、重賞未勝利ながらも初のGI戦だった前走で強敵相手に健闘した同厩舎のネオリシックの方に期待してみたい。

一方、これらのアメリカ勢に挑むのが地元UAE勢など他地域の馬たち。その中では、昨年の2着馬ムブタヒージ(Mubtaahij)が実績最上位だが、大外枠からのスタートになる点がどうか。昨年は4番枠のスタートから道中ロスなく運んでの結果だっただけに、多少なりともロスのある枠順になってしまったことはプラスとは言えない。

それから、前哨戦のGI戦マクトゥームチャレンジR3(メイダン、ダ2000m)を逃げ切ったロングリバー(Long River)は、当時の馬場に助けられた印象が強い。というのも、この日の馬場は前が圧倒的に有利な状態で、同日に行われたダート戦4鞍を制したのは全て逃げ馬だった。今回、再び同じような馬場にならないとは言い切れないが、アメリカ勢に先行馬が多い今回は展開も異なってくるはずで、前回のようにいくとは思えない。むしろ、昨年のドバイワールドC4着以来だった同レースで2着に入ったスペシャルファイター(Special Fighter)や、3着に入ったフリアクルサーダ(Furia Cruzada)の巻き返しを注意したいが、いずれも勝ち負けに加わるほどではないだろう。

最後に日本馬4頭についてだが、過去のドバイワールドCがそうだったように、日本勢にとってダートで行われるこのレースのハードルは高い。ましてや、今年はアロゲートという怪物がいるため、壁はなお高くなるが、天候面など不確定な要素次第ではチャンスも出てくる。特に、1度叩かれたラニは昨年、メイダンでUAEダービー(GII、ダ1900m)を制しただけでなく、道悪のプリークネスSでも良い脚を見せていた。使われて良くなるタイプの馬だけに、本番での変わり身を期待したい。

※記載している出走予定馬については3月24日(午後6時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP