UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2016年12月11日(日)

香港C(GI)芝2000m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2500万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】モーリス
  • 【騎手】R.ムーア
  • 【トレーナー】堀宣行
見解

【結果詳報】
現地時間の11日に香港、沙田競馬場では香港国際競走が行われ、そのメインレースとなる芝2000mのGI香港CはR.ムーア騎手騎乗の1番人気モーリスが優勝した。

今年の香港Cは12頭立てで行われ、ゲートが開くと好スタートを切ってハナに立ったのは日本のエイシンヒカリ。2番手はヘレンスーパースター(Helene Super Star)、3番手集団をラブリーデイとステファノスが形成し、その後ろにホースオブフォーチュン(Horse Of Fortune)がつける。唯一の牝馬となるクイーンズリングは中団、1番人気のモーリスは出遅れるも後方3番手の内に位置をとった。

1200mを通過したところで最後方にいたデザインズオンローム(Designs On Rome)をはじめ、後方にいた馬が徐々にポジションを上げて馬群は密集するも、逃げるエイシンヒカリは5馬身、6馬身と差を広げていきそのまま直線へ。

残り400mから鞍上の武豊騎手が追い始めるも、エイシンヒカリの反応は鈍く一杯に。そこで単独2番手に上がったステファノス、さらには外のラブリーデイが差を詰めてくるも、内から猛然と追い込んだモーリスが並ぶ間もなく交わして先頭に立った。中団から伸びてきたシークレットウェポン(Secret Weapon)やステファノス、ラブリーデイといった馬たちが懸命に追うも、逆にモーリスが突き放して3馬身差をつける快勝。2着には香港のシークレットウェポン、そこから半馬身差の3着にはステファノスが入った。ラブリーデイは4着、クイーンズリングが9着、エイシンヒカリは10着に敗れた。

勝ったモーリスは美浦・堀宣行調教師が管理する5歳牡馬で通算成績は18戦11勝。昨年の香港マイルに続き香港国際競走2勝目、通算6度目のGIタイトルを獲得したモーリスだが、既に現役引退が決まっており、見事に自身のラストランを勝利で飾ってみせた。なお、堀師は同日に行われたGI香港ヴァーズをサトノクラウンで制しており、今年の香港国際競走で2勝を挙げている。

【展望】
現地時間の11日に香港、シャティン競馬場では芝2000mのGI香港Cが行われる。香港マイル、香港スプリント、香港ヴァーズと共に形成する香港国際競走の中でもメインレースとして知られ、総賞金は香港のレースで最高額を誇る2500万香港ドル(約3億7500万円)となる。

香港Cの創設は1987/1988シーズンで、当時は香港招待Cという名称でシャティン競馬場の芝1800mで行われていた。1992/1993シーズンに香港国際招待Cへと名前を変えたが、1998/1999シーズンに国際GIの格付けを得ると同時に、香港Cへと改称。距離も芝1800mから現在と同じ芝2000mへと変更になった。1992/1993シーズンにナリタチカラが日本調教馬として初めて香港Cに出走したのを皮切りに、これまで延べ21頭の日本馬が香港Cへと挑んできた。1994/1995シーズンにフジヤマケンザンが優勝すると、1998年にはミッドナイトベット、2001年にはアグネスデジタルがこのレースを制した。その後はアドマイヤムーン(2着)やトウケイヘイロー(2着)が惜しいレースを見せるも、勝ち星からは遠ざかっていた日本勢だが、昨年はエイシンヒカリが14年ぶりのタイトルを日本にもたらしている。

香港Cが開催されるシャティン競馬場は香港に2つある競馬場の1つ。1846年に建設されたハッピーバレー競馬場と比べると、開場は1978年と歴史は浅い。シーズンを通して行われるレースは470以上にも及び、香港国際競走をはじめとした多くの国際競走がこの競馬場で行われる。コースは右回りで、外側に芝コース、内側にはオールウェザーのコースが設置されている。芝コースは1周が1899mで直線は430m。香港Cが行われる芝2000mのコースはホームストレッチのゴール近くがスタート地点となり、スタートして直ぐに1コーナーを迎えるため、基本は内枠が有利となるだろう。

さて、ここからは出走馬を紹介していくが、今年は全部で12頭が出走を予定している。まずは地元の香港勢だが、中でも最初に注目すべきはGII戦ジョッキークラブC組だろう。その前身となるインターナショナルCトライアルを含め、過去10年で4頭の勝ち馬と5頭の2着馬を送りこんだ前哨戦だ。

ジョッキークラブCを制したシークレットウェポン(Secret Weapon)は通算21戦7勝という成績の6歳セン馬。昨シーズンに香港国内GIII戦センテナリーヴァーズ(シャティン、芝1800m)で重賞初勝利を飾って以降、勝ち星から遠ざかっていた同馬だが、今シーズン3戦目となった前走のジョッキークラブC(シャティン、GII、芝2000m)で優勝し、自身2つめの重賞勝ちを収めた。同馬を管理するC.イプ調教師は現地メディアに対し、「シークレットウェポンは年度代表馬にも輝いたことのあるデザインズオンロームを前走で破った。日本の年度代表馬モーリスも彼が倒せると信じている」とコメント。前走では危なげない競馬で勝った同馬だが、今回は日本から手強い相手が揃うだけに一筋縄ではいかないだろう。鞍上は初めてコンビを組むザカリー・パートン騎手へ乗り替わりとなるが、2013/2014シーズンに香港リーディングを獲得した騎手だけに不安はない。

5着馬のブレイジングスピード(Blazing Speed)は通算42戦10勝の7歳セン馬。昨シーズンはなかなか勝てずに苦戦を強いられていた同馬だが、デザインズオンロームや香港年度代表馬ワーザーなど豪華なメンバーの揃った5月のGI戦チャンピオンズ&チャターC(シャティン、芝2400m)で自身4つめのGIタイトルを獲得し、香港最優秀ステイヤーにも選出された実力馬だ。最優秀ステイヤーということもあり、もう少し長い距離のイメージが強い同馬だが、2015シーズンには香港Cと同じコースで行われるGI戦クイーンエリザベス2世C(シャティン、芝2000m)を制しており、この距離に不安はないことは実証済み。しかし、芝2000mの距離では2014/2015シーズンに行われたそのクイーンエリザベス2世Cを最後に勝利から遠ざかっているだけに、実績十分といえども過度な期待をするのはどうか。

8着のヘレンスーパースター(Helene Super Star)だが、こちらは2014/2015シーズンにGI戦チャンピオンズ&チャターC(シャティン、芝2400m)を制したものの、それ以降は勝ち星から遠ざかっている。昨シーズンは未勝利に終わり、今シーズンも5戦して勝利を挙げることができていないところを見ると、今回も苦戦が予想される。

ジョッキークラブCでシンガリ負けを喫したデザインズオンローム(Designs On Rome)は通算31戦11勝の6歳セン馬。2013/2014シーズンには香港クラシックC(シャティン、香GI、芝1800m)、香港ダービー(シャティン、香GI、芝2000m)、そしてクイーンエリザベス2世C(シャティン、GI、芝2000m)とGI戦で3連勝を挙げ、香港年度代表馬にも選出された経験を持つ。前走はスタートで出足がつかずに最後方からの競馬を余儀なくされ、自分の競馬ができなかっただけに着順だけを見て結果を鵜呑みにするのは危険だろう。昨シーズンから全盛期の走りに陰りが見え始めた同馬だが、実績だけ見れば香港勢の中でも抜けた存在と言えるだろう。今シーズンは2戦ともにカリス・ティータン騎手が鞍上を務めていたが、全盛期の背中を知るジョアン・モレイラ騎手が今回は手綱をとる。2年連続香港リーディングに輝いた名手を鞍上に復活を期待したい。

ここまで前哨戦ジョッキークラブC組を紹介してきたが、今年は別路線からホースオブフォーチュン(Horse Of Fortune)とガンピット(Gun Pit)という2頭の香港馬が出走する。

ホースオブフォーチュンは通算25戦8勝の6歳セン馬。今シーズンは初戦となった芝1400mの一般戦で9着、GIIIセレブレーションCで6着と結果を残せていなかったが、距離を延ばした前走のGIII沙沙レディースパース(シャティン、芝1800m)を制して重賞初勝利を挙げた。1400mから1800mを中心に走っている同馬が芝2000mのレースに出走したのは昨シーズンのクイーンエリザベス2世Cただ1戦のみとなっているが、そこでは11着と惨敗しており距離適性においても不安が残るが果たして。

ガンピットに関しては昨年のGI戦チャンピオンズC(16着)で来日を果たしているため、その名を覚えている日本の競馬ファンもいることだろう。ここまで27戦8勝という成績の同馬だが、そのうち7勝がオールウェザーのレースだった。ドバイ遠征の際に、GI戦マクトゥームチャレンジR3で2着と好走していることからダートの方が適するように思えるが、ドバイから香港に戻ってからは全て芝のレースに出走している。しかし、昨シーズンと今シーズンで芝の成績は6戦0勝。好走したら大健闘といったところだろう。

今回、唯一の欧州から参戦となるのが通算21戦7勝の5歳牡馬エリプティク(Elliptique)。今年7月に行われたドイツのGI戦バイエルンツフトレネン(ミュニヒ、芝2000m)で初のGIタイトルを獲得した同馬は、続くフランスのGII戦フォワ賞で3着、イタリアのGI戦ローマ賞で3着に入っている。しかし、実績からして欧州トップクラスの馬とは言えず、日本のGI馬が参戦する今年は勝ち負けまでは厳しいか。さらに長距離輸送が初めてとなることからその影響もどうでるか気になるところ。

最後に日本馬だが、現地メディアの報道を見ていても、今年はやはり日本馬が中心となる見方が強いようだ。中でも昨年の香港Cを制したエイシンヒカリと、香港マイルの勝ち馬モーリスの対決に大きな注目が集まっている。

ステファノスは昨年(2着)、ラブリーデイは今年のクイーンエリザベス2世C(4着)で香港遠征を経験しており、今回が2度目の香港となるだけに前回よりも期待が持てる。日本馬で唯一GI戦を制した実績のないステファノスだが、今回、鞍上を務めるのはフランスを代表する名手クリストフ・スミヨン騎手。騎手の方から陣営に逆オファーがあったとのことで、勝ち目のない馬への騎乗を希望するとは考え難く、スミヨン騎手の手綱捌きは一つ大きな注目ポイントとなるだろう。

メンバーの中でも唯一の牝馬となるクイーンズリングは今回が初の海外レース。枠も外の11番枠と恵まれなかったが、府中牝馬S、エリザベス女王杯と連勝の勢いそのままに海外GI初勝利を狙う。

※記載している出走予定馬については12月9日(午後6時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP