UMAJIN.net

今週のレース(WINDEX)

02月29日()

03月01日()

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2016年12月11日(日)

香港マイル(GI)芝1600m

  • 【レース格】★★★★
  • 【総賞金】2300万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】ビューティーオンリー
  • 【騎手】Z.パートン
  • 【トレーナー】A.クルーズ
見解

【結果詳報】
11日、香港、沙田競馬場で行われた香港マイルは、ゴール前で大激戦となったが、後方から末脚を伸ばしたビューティーオンリー(Beauty Only)が半馬身抜け出して1着でゴール。昨年1月の香港国内GI香港クラシックマイル以来となるGI勝利を挙げた。

今年の香港マイルは地元香港馬が10頭、日本から3頭、アイルランドから1頭の合計14頭が出走となったが、1番人気に支持されたのは日本のサトノアラジンで、以下、香港のエイブルフレンド(Able Friend)が2番人気、ネオリアリズムが3番人気と続いた。

スタートが切られると、ビューティーオンリーと同馬主のビューティーフレーム(Beauty Flame)がハナを切り、2番手にはネオリアリズム、3番手にはロゴタイプと日本勢が続き、それをマークする形でコンテントメント(Contentment)が4番手につけ、4頭が先行集団を形成。人気となったサトノアラジン、エイブルフレンド、ビューティーオンリーは後方に待機する形をとった。

縦長の隊列のまま3角を過ぎ、最終コーナーを目指すあたりになると、2番手にいたネオリアリズムがビューティーフレームに並びかける。これに合わせるように後方勢も動き始め、各馬が一団となって直線に向かう。前はネオリアリズムとビューティーフレームの併走が残り200m付近まで続き、ようやくネオリアリズムが先頭に立ったが、後方の各馬が激しい叩き合いを演じながら同馬に迫り、残り200mを切ったあたりではネオリアリズム、ロゴタイム、コンテントメント、ジョイフルトリニティ(Joyful Trinity)の5頭が横一線の追い比べに。

そこからネオリアリズムが遅れ、4頭の争いになるかと思ったところへ、ビューティーオンリー、ヘレンパラゴン(Helene Paragon)、エイブルフレンド、サトノアラジンが迫ったが、中でも、馬場の中央を勢い良く伸びたビューティーオンリーが見事に差し切って優勝した。2着はヘレンパラゴン。大接戦となった3着争いはジョイフルトリニティが制している。なお、1番人気のサトノアラジン、2番人気のエイブルフレンドは追い込み及ばず7着、6着に終わっている。

優勝したビューティーオンリーは、これまで24戦7勝を挙げていた5歳のセン馬。冒頭に記述したように、これまで4歳限定の香港国内GI香港クラシックマイルで勝利を挙げていたが、国際GIでは初勝利となった。これまでは好走するもののGI戦では勝ち切れないというところがあったが、前哨戦のジョッキークラブマイルに続いて、香港マイルを勝ったことから、今後の香港マイル路線の主役になるのは間違いなく、楽しみである。次走は未定となっているが、香港では年が明けて1月30日に今回と同じ条件のマイルGI戦スチュワーズCがあることから、同馬を含めて、今回の再戦が実現すると思われる。

日本勢はロゴタイプが5着、サトノアラジンが7着、ネオリアリズムが9着であったが、それぞれに見せ場はあり、内容もそれほど悲観するものではなかった。再度、香港に挑戦してもらいたいものだ。

【展望】
香港マイルは、香港のシャティン競馬場で行われる芝1600mのGI戦。「香港国際競走」にて施行となるGI戦4本のうちの1本であり、2016/2017シーズン前半戦におけるマイル王決定戦となる。

香港マイルの創設は1991年。創設当時は香港招待ボウルといったレース名であり、距離も1400mであったが、1999年に距離をマイルに延長するとともに香港マイルに改称され、翌2000年から国際GI戦に格付けされ今に至る。日本調教馬の参戦は1400mの香港ボウル時代に延べ7頭が挑戦するも、1996年のドウジマムテキの2着が最高。香港マイルとなってからも2000年、2009年、2013年を除いて毎年出走しており、2001年のエイシンプレストン、2005年のハットトリック、そして昨年のモーリスと計3頭が優勝を果たしている。

レースが行われるシャティン競馬場の詳細については、香港Cの展望に記載しているのでここでは省略するが、1600mで行われる香港マイルのスタート地点は2コーナー奥の引き込み線に設置されており、スタートしてしばらくはバックストレッチ(向こう正面)の直線を走ることから枠順による有利、不利はないと考えて良いだろう。

ちなみに、ここ10年においては2番、8番枠からは3着以内の馬がでていないが、総じてまんべんなくどの枠からも3着以内の好走馬がでている。

またローテーションだが、香港における前哨戦のジョッキークラブマイルがシャティン競馬場の芝1600mと全く同条件で行われるだけに圧倒的に成績が良く、過去10年の勝馬において、マイルCSを使っていた日本のモーリス、安田記念を使っていた香港のグロリアスデイズの2頭を除けば8頭全てがジョッキークラブマイルを前走に使っていた。

ここからは今年の出走馬についてお伝えしていくが、先ほど記述したように、最も注目すべきは前走にジョッキークラブマイルを使っていた馬達。今年は出走馬14頭中、9頭が該当する。

まずはジョッキークラブマイル(シャティン、GII、芝1600m)を優勝したビューティーオンリー(Beauty Only)だが、一言で言えば“詰めの甘い馬”。4歳時には香港ローカルGI戦のクラシックマイル(シャティン、芝1600m)を勝ったものの、その後はGI戦に6回出走するも4着、6着、8着、4着、3着、4着。特に昨年までは1800mの香港クラシックCで4着、2000mの香港ダービーで6着とそれなりの結果を残したこともあってか、陣営は適距離を見出すことができず、1400mから2000mと幅広い距離を使われていた。そのため、昨シーズンの前半はジョッキークラブC、香港Cといった2000m戦に出走して、3着、8着に敗れている。しかし、その昨年の香港Cを機にようやく陣営も2000mをあきらめ、マイル路線に切り替えることに。以降は、1400mと1600m戦にのみ出走して、前走のジョッキークラブマイルなどマイルのGII戦を2勝しているが、依然勝ち切れないレースも多い。GI戦となる今回も有力馬の1頭であることに違いはないが“絶対的存在”とは言えない。

次に、ジョッキークラブマイルで2着だったロマンチックタッチ(Romantic Touch)だが、ビューティーオンリーよりもさらに信頼が置けない。というのも、オーストラリア在籍時にはGI戦JJアトキンス(イーグルファーム、芝1600m)を勝っているものの、香港移籍後は29戦して勝ち星は条件戦の2勝のみで重賞は未勝利。前走では2着になったが、当時は最低人気での激走だっただけにフロックの感が強く、過信は禁物だろう。ちなみに香港でGI戦に出走するのは今回が初めとなる。

一方、ジョッキークラブマイルで3着だったサンジュエリー(Sun Jewellery)は優勝の可能性を十分に残す1頭。オーストラリアでデビューした同馬は、香港移籍後に当面の目標であった香港クラシックマイル(シャティン、芝1600m)、香港クラシックC(シャティン、芝1800m)という4歳限定の香港ローカルGI戦を勝利。距離が延びた香港ダービーこそ7着に敗れたが、1400から1600mの距離では4歳トップホースであることを証明している。今シーズンにおいては、休み明けの沙田トロフィーこそ6着だったが叩き2戦目のジョッキークラブマイルでは僅差の3着。叩き3戦目の今回は当然勝ち負けを期待してもいいだろう。1点気になることと言えば、香港クラシックマイル、香港クラシックCを勝った際に騎乗していたライアン・ムーア騎手が、日本のネオリアリズムに騎乗するためサンジュエリーに騎乗しない点だが、同馬にここ2戦騎乗しているシルヴェスタ・デソウサ騎手(今年英のリーディング2位)が引き続き手綱を取るのであれば大きなマイナスにはならないはずだ。

ジョッキークラブマイルで4着以下であった残る馬だが、どの馬も近走の走りからは強調材料に欠けるものの、実績からすると無視できないのがコンテントメント(Contentment)、ジャイアントトレジャー(Giant Treasure)、ビューティーフレーム(Beauty Flame)の3頭。

まずコンテントメントだが、今年の安田記念に出走して最下位に終わっていることから、それを覚えている日本のファンは軽視するかもしれないが、香港においてはマイルGI戦常連の1頭で、昨年の香港マイルで5着、今年1月のマイルGI戦スチュワーズCで3着、5月のチャンピオンズマイルでは2着に好走している。チャンピオンズマイルでは日本のモーリスに完敗の2着だが、香港馬で最先着しており、今回はそのモーリスが不在である以上、アッサリがあっても驚けない。ただ、その安田記念で日本に遠征した反動が長引いているのか、今シーズンは3戦して同馬らしい走りができていない。ようやく前走のジョッキークラブマイルで4着と復活の兆しを見せており、ここでさらに上昇なるかに注目。

そのコンテントメント以上にスランプに陥っている感があるのがジャイアントトレジャー。同馬は昨年の香港マイルでモーリスやエイブルフレンドといった日本、香港のマイル王2頭の間に割って入り2着した馬。それまでGI戦どころか重賞も勝っていなかっただけに、香港マイルの2着をフロック視する向きもあったが、年明けのスチュワーズC(シャティン、GI、芝1600m)では前出のコンテントメント、ビューティーオンリーらを下して初のGI勝利を挙げ、香港マイルの2着がフロックでなかったことを証明。この勝利により、本来であればコンテントメントとともに、マイル戦の主役となるべき存在となるはずであったが、次走に2000mの香港ゴールドCを使って9着に敗れると、その後も4戦していずれも見せ場なく敗れている。ただし前走に続き、香港マイル2着、スチュワーズCで優勝した際に騎乗していたC.スミヨン騎手が騎乗するのは心強いところで、反撃は警戒しておきたい。

ビューティーフレイムはコンテントメント、ジャイアントトレジャーのようにGI勝ちの実績こそないが、昨年1月のスチュワーズC、3月のクイーンズシルバージュビリーCといったGI戦に加え、4月のGII戦チェアマズトロフィーでもエイブルフレンドの2着となった馬。もともと詰めが甘い馬で、昨年11月のジョッキークラブマイルで勝利を挙げた後、この1年で勝ち星はないが無視はできない。

ここまで前走ジョッキークラブマイルを使った香港馬についてお伝えしてきたが、忘れてはならないのが、これまでに何度も馬名が出てきたエイブルフレンド(Able Friend)。一昨年の香港マイルの覇者で、その当時、香港では敵なしの活躍をみせ、2014/2015シーズンの年度代表馬に輝いた。ただ、長く続くと思われた同馬の天下は、海を越え挑戦した英のクイーンアンSを機に雲行きが怪しくなり、同レースで6着に敗れると、帰国初戦のジョッキークラブスプリント(シャティン、GI、芝1200m)こそ剛脚を見せて優勝するものの、その後、脚元が万全ではなく、連覇を狙った香港マイルでは日本のモーリスのみならず、前出のジャイアントトレジャーにも敗れて3着。挙句の果てには屈腱炎を発症して引退すら囁かれることになった。しかし、屈腱炎の治療において世界の最先端と言われ、またエイブルフレンドの故郷でもあるオーストラリアでの11カ月に渡る治療の末、先日のジョッキークラブスプリントで復帰。4着には敗れはしたが、これまでの経緯を踏まえれば上々の復帰戦であったと言えるだろう。そして、迎える今回の香港マイル。長期休養を余儀なくされただけに、まだ本調子とは言えない状況にあるかもしれないが、当然アッサリがあっても驚けないのは言うまでもない。

これら香港馬に対して、他国からの参戦は日本から挑むロゴタイプ、ネオリアリズム、サトノアラジンの3頭と、アイルランドのクーガーマウンテン。まずクーガーマウンテンだが、ここまでの通算成績は20戦3勝で、重賞戦はGII戦、GIII戦でそれぞれ1勝を挙げている。GI勝ちの実績がないことから、本来であれば軽視しても良さそうな馬ではあるが、同馬を管理するのは名伯楽エイダン・オブライエン調教師。海外競馬にそれほど詳しくない方であっても、先日の凱旋門賞にて1着から3着を管理馬で独占した調教師と言えばピンとくるはずだ。同師は今でこそ、その凱旋門賞で2着の他、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS、アメリカのBCターフを勝って超一流馬となったハイランドリールが欧州のGI戦でくすぶっているなか、アメリカ(セクレタリアトS)や香港(香港ヴァーズ)に遠征させてGIを勝たせた経験を持つ。そんなA.オブライエン師が数多く抱える管理馬のなかから、このクーガーマウンテンを選んで出走させるだけでもノーマークにはできない十分な理由となるはずだ。

日本馬3頭については改めてお伝えするまでもないが、今回のメンバーにおいて、エイブルフレンドが先ほどお伝えした状況にあるならば、チャンスはあると考えても良いだろう。サトノアラジンは昨年の香港Cで11着に大敗も、今回はマイル戦となるだけに見直せるはずであり、ネオリアリズムはモーリスを含めて何度も管理馬を香港に遠征させている堀厩舎の馬。脈がなければ遠征すらすることもないだろう。

またロゴタイプは春に安田記念(東京、GI、芝1600m)を勝ちながら、この秋は毎日王冠、天皇賞・秋を使い、その後マイルCSには目もくれず、この香港マイルに照準を合わせてきた。安田記念では香港でマイルGIを2勝したモーリスを下し、天皇賞・秋では返り討ちにあったものの、大きく離された訳でもなく、マイルとなる今回は勝ち負けになっても不思議でない。

※記載している出走予定馬については12月9日(午後6時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP