UMAJIN.net

スマートフォンアプリ

UMAJIN.netのスマートフォンアプリが登場!

バナーをクリックして、リンク先よりお持ちのスマートフォンにダウンロードしてください。
タブレット端末にも対応しております。

iOS端末の方はこちら

app store

Android端末の方はこちら

google play
馬市ドットコム
相川牧場採用情報

海外競馬

ピックアップレース情報提供 World RaceNews.com【WRN】

2016年12月11日(日)

香港ヴァーズ(GI)芝2400m

  • 【レース格】★★★
  • 【総賞金】1650万香港ドル
  • 【開催競馬場】シャティン
  • 【勝馬】サトノクラウン
  • 【騎手】J.モレイラ
  • 【トレーナー】堀宣行
見解

【結果詳報】
現地時間の11日に香港、沙田競馬場では香港国際競走が行われ、芝2400mのGI香港ヴァーズはJ.モレイラ騎手騎乗の4番人気サトノクラウンが優勝した。

14頭立てで行われた今年はスタートが切られると、1番人気に支持されたハイランドリール(Highland Reel)がハナに立ち、2馬身程離れてヘレンハッピースター(Helene Happy Star)とイースタンエクスプレス(Eastern Express)が2番手集団を形成。その後ろにアンティシペーション(Anticipation)、ビッグオレンジ(Big Orange)、シルバーウェーヴ(Silverwave)と続き、日本のスマートレイアーとサトノクラウンは中団、ヌーヴォレコルトは後方3番手につける。

向正面でビッグオレンジがハナを奪いに行くも、ハイランドリールは譲らず。後方にいたワンフットインヘヴン(One Foot In Heaven)やケシュア(Quechua)が徐々にポジションを上げて行き、ヌーヴォレコルトが最後方へ下がるなど動きがあったが、先頭から最後方まで12馬身程の隊列でレースは進んでいく。

残り900mに差し掛かったところで馬群が密集していき、直線へ。先頭を走るハイランドリールが2馬身、3馬身と後続を突き放していくと、後方4番手にいたサトノクラウンが馬群の間から2番手に上がっていく。ハイランドリールの脚色は衰えず、このまま逃げ切るかに思えたが、残り200mからサトノクラウンが一気に差を詰め、最後に差し切ってゴール。半馬身差の2着にハイランドリール、そこから6馬身3/4差と大きく開いた3着にはワンフットインヘヴンが入った。ヌーヴォレコルトは4着、スマートレイアーは5着に終わった。

勝ったサトノクラウンは美浦・堀宣行調教師が管理する4歳牡馬で通算成績は11戦5勝。今年初戦となった京都記念こそ快勝したが、香港のGI戦クイーンエリザベス2世Cで12着、宝塚記念で6着に敗れると、前走の天皇賞・秋では14着に惨敗していた。今回の香港ヴァーズが同馬にとって初のGIタイトルとなっており、また、日本調教馬として香港ヴァーズを勝利するのは2001年のステイゴールド以来となる快挙だ。

【展望】
現地時間の11日に香港、シャティン競馬場では芝2400mのGI香港ヴァーズが行われる。香港国際競走の一角を担うこのレースは、芝2400m戦としては香港でも最高峰のレースとして知られている。出走条件は3歳以上。

香港ヴァーズの創設は1994年と比較的新しく、当時は香港国際ヴァーズという名称で行われていた。香港ヴァーズへと改称されたのは国際GIへと格付けされる前年の1999年で、競馬場と距離に関しては、創設より一貫して現在と同じシャティン競馬場の芝2400mで行われており、変更は一度もない。創設した1994年にエイシンテネシー(4着)が日本調教馬として初の出走を果たし、これまで延べ15頭が香港ヴァーズへと挑んできた。2001年にステイゴールドが日本馬として初勝利を挙げたが、それを最後に日本馬は勝ち星から遠ざかっている。

歴代勝ち馬に目を向けたときに目立つのはやはり欧州馬の活躍だ。過去22年の歴史で欧州馬が19勝と圧倒的な成績を残している一方で、地元の香港勢はこの香港ヴァーズで苦戦を強いられている。香港ではクラシックディスタンスのレースが充実していないこともあり、香港調教馬で勝利したのは1998/1999シーズンに香港年度代表馬にも選出されたインディジェナスと、2013/2014シーズンのドミナント2頭のみ。香港ヴァーズが行われるシャティン競馬場の詳細については香港Cの展望に記載しているため、ここでは省略するが、香港ヴァーズのスタート地点は4コーナーに設けられており、スタートしてからしばらくはホームストレッチを走ることから枠順による有利不利はないと考えていいだろう。

さて、ここからは出走馬を紹介していくが、今年は14頭が出走を予定している。まずは前述の通り圧倒的な成績を残している欧州の馬たちだが、今年はアイルランドから1頭、イギリスから1頭、フランスから3頭が香港ヴァーズへと挑む。

アイルランドのハイランドリール(Highland Reel)は通算19戦7勝の4歳牡馬。昨年はアメリカのGI戦セクレタリアトS(アーリントンパーク、芝10F)と香港ヴァーズで2つのGIタイトルを獲得し、オブライエン厩舎の海外レース要員として活躍した同馬だが、欧州では結果を残すことができずにいた。そんな同馬にとって飛躍の年となったのがこの2016シーズン。初戦のGI戦ドバイシーマクラシック(4着)と2戦目のクイーンエリザベス2世C(8着)こそ敗れたものの、4戦目のGI戦キングジョージ6世&クイーンエリザベスSを勝利(アスコット、芝12F)し、欧州で自身初のGIタイトルを獲得する。その後もインターナショナルSや凱旋門賞といった欧州を代表するGI戦で2着と好走し、11月にアメリカで行われたブリーダーズCターフ(サンタアニタ、GI、芝12F)では積極的な競馬でGI戦4勝目を挙げた。欧州トップクラスの馬へと成長した同馬は、今回のメンバーの中でも頭一つ抜けた存在で、連覇に向けて大きな期待が懸かる。

イギリスのM.ベル調教師が送り込んできたのが、通算20戦7勝という成績の5歳セン馬ビッグオレンジ(Big Orange)。同馬はGII戦グッドウッドC(グッドウッド、芝3220m)で連覇を果たし、今年3月にはドバイのGII戦ドバイゴールドCで2着と好走していることから芝3200mがベストという声も多いが、芝2400mのGII戦プリンセスオブウェールズS(ニューマーケット)でも2015、2016年と連覇を果たしており、決して距離が短いわけではないだろう。オーストラリアで行われた前走のGI戦メルボルンCでは10着と惨敗した同馬だが、管理するベル師は今回のレースに向けて現地メディアに対し、「ビッグオレンジはメルボルンCの後もそのままオーストラリアに滞在していたから、私が彼を直接見るのはそれ以来になるけど、本当に良く見えるね」とコメント。さらに、「もしハイランドリールがベストな状態で走ったら倒すのは簡単ではないけど、隙さえあればビッグオレンジもチャンスがある候補のうちの一頭だよ」と語った。虎視眈々とチャンスをうかがう同馬を軽視するのは危険か。

フランスから出走を予定しているのはシルバーウェーヴ(Silverwave)、ワンフットインヘヴン(One Foot In Heaven)、ガルリンガリ(Garlingari)の3頭。

シルバーウェーヴは通算14戦6勝という成績の4歳牡馬で、今年7月のサンクルー大賞(サンクルー、芝2400m)でGI初勝利を挙げると、続くGII戦フォワ賞(シャンティイ、芝2400m)も勝利している。前走の凱旋門賞では13着と大敗した同馬だが、欧州最高峰のレースと比較すれば香港ヴァーズは相手のレベルも下がるため、ここでは実績上位と見ていいだろう。それよりも懸念すべきは同馬にとって今回が初の海外輸送となる点で、輸送と小回りのコースに対応できるかが鍵となりそうだ。

通算11戦6勝という成績の4歳牡馬ワンフットインヘヴンは今年のGII戦シャンティイ大賞(シャンティイ、芝2400m)とコンセイユドパリ賞(シャンティイ、GII、芝2400m)を制した馬。サンクルー大賞とフォワ賞ではシルバーウェーヴに敗れたものの、前走の凱旋門賞では欧州トップクラスの馬を相手に6着に入っている。この馬も上位への進出が期待されるが、香港ジョッキークラブの発表によると、事前の血液検査で問題が発覚したとのことで、香港到着後の精密検査の結果を受けて出走が決まったという経緯がある。同馬を管理するA.ドゥロワイエデュプレ師も「徐々に良くなっている」とコメントしているものの、万全な状態に仕上がっているかは微妙な状況で、過信は禁物か。

ガルリンガリは通算38戦6勝という成績の5歳セン馬。今年のGII戦アルクール賞(シャンティイ、芝2000m)やGIII戦エクスビュリ賞(サンクルー、芝2000m)を制しているが、その2レースはいずれも芝2000mのレースというのが気がかり。芝2400mでの勝利は昨年のリステッドレース(準重賞)のみで、シャンティイ大賞ではワンフットインヘヴンに、サンクルー大賞ではシルバーウェーヴに敗れていることを考えると、勝ち負けまでは厳しいか。

地元香港から出走するのはフレイムヒーロー(Flame Hero)、ヘレンハッピースター(Helene Happy Star)、イースタンエクスプレス(Eastern Express)、アンティシペーション(Anticipation)の4頭。

この4頭の中で重賞での実績があるのは2014/2015シーズンに香港国内GIIIクイーンマザーメモリアルC(シャティン、芝2400m)を制したヘレンハッピースターのみで、アンティシペーションが昨シーズンのクイーンマザーメモリアルCで2着に入るも、フレイムヒーローの芝2400mの成績は1戦0勝、イースタンエクスプレスはこの距離で走ったことはない。やはりハイランドリールをはじめとした欧州の馬を相手に苦戦が予想される。

今回のメンバーの中で唯一のシンガポール調教馬となるのが通算34戦10勝の6歳セン馬ケシュア(Quechua)だ。アルゼンチンでデビューを飾った同馬は、2013年にアルゼンチンでGII戦クラシコエンサージョ賞を勝利し、シンガポール移籍後もシンガポールゴールドC(クランジ、GI、芝2200m)、シンガポールダービー(クランジ、GI、芝2000m)とGI戦2勝を挙げた実力馬だ。シンガポール移籍後は芝2400mのレースを走っておらず未知な部分も多いが、3歳時にはアルゼンチンのGII戦クラシコデラプロヴィンチアデブエノスアイレス賞で2着に入っており、距離に関して不安はないと言えるだろう。好走を期待したい。

唯一のニュージーランド調教馬として出走する7歳セン馬のベンジニ(Benzini)はGI戦での実績こそないものの、GII戦ブリスベンC(イーグルファーム、芝2400m)を今年6月に制している。今シーズンは2040m、2000m、1600mのレースと3戦に出走して勝ち星はなく、芝2400mの重賞を勝利している同馬にとって今回の距離延長はプラスに思えるが、欧州の馬を相手に勝ち負けを期待するのは酷か。

昨年は香港ヴァーズへの出走は無かった日本馬だが、今年はサトノクラウンヌーヴォレコルトスマートレイアーの3頭が出走を予定している。やはり手強い相手となるのは欧州の馬たちで、中でもハイランドリールを相手にどこまでやれるかが鍵となるだろう。

※記載している出走予定馬については12月9日(午後6時)時点でのものであり、今後、出走取消等により出走しない場合もありますので予めご了承ください。

戻る

海外競馬TOP

PAGE TOP